立秋とは 意味・やっておきたいことは?

立秋(りっしゅう)とは、二十四節気のひとつで
毎年8月7日ごろの日です。
(期間を指す場合は8月7日~23日ごろ
日付はその年によって若干異なります。

暦(こよみ)の上で、秋がはじまる日を意味しますが
二十四節気は中国の寒冷な地方をもとにしていますので
日本の季節や意味とは若干ズレが生じます。

二十四節気の詳細はコチラで…

2013年の立秋は8月7日です。
(期間を指す場合は8月7日~22日

それでは、立秋とはどんな季節なのでしょうか?
季節の行事などもあわせてご紹介します。

立秋とはこんな季節


暦の上では秋ですが、まだまだ厳しい暑さが続いている頃ですね。

しかし夏の風に交じって朝夕には少しばかり涼風が吹き始め
日を追うごとに秋の気配が感じられるようになります。

また、立秋以降の暑さを残暑と呼び
「暑中見舞い」から「残暑見舞い」にかわります。

立秋のあいだに行われる主な行事
8月9日は「長崎原爆の日
8月15日は「終戦記念日
他に京都・五山の送り火、仙台・七夕祭り、奈良・燈花会、徳島・阿波踊りなど

立秋にやっておきたいこんなこと

お盆
一斉にお盆休みの期間に入ります。
お墓参りなどお忘れなく。
盆踊りも催されるかも。

花火大会
花火大会の季節が続きます。
びわ湖大花火や諏訪湖祭湖上花火大会
熊野大花火大会など多数。

夕涼み
夜には少し涼しい風が入ってくるかもしれません。
夕涼みに線香花火も良いかもしれないですね。

立秋の七十二候は…

七十二候は日本の季節にあわせて修正されていますので
名称と実感がより一致するかもしれませんね。

初候-涼風至る(りょうふういたる)

涼しい風が初めて立つ頃です。
土用蜆(しじみ)が旬の季節です。
(8月7日~11日ごろ)

次候-寒蝉鳴く(ひぐらしなく)

カナカナ…..とひぐらしがなく頃です。
お盆の季節ですね。
(8月12日~16日ごろ)

末候-蒙霧升降す(のうむしょうこうす)

深い霧がたちこめる頃です。
そろそろ涼しさが実感できるようになるのでは…

夏の盛りのイメージですが、すでに暦の上では秋です。
お盆をすぎればすこし暑さが和らいでくる感がありますね。

本日も最後までご覧頂きありがとうございます。
それでは。

 

この記事と関連する記事

コメントを残す

*