花火大会に持って行くと役に立つアイテムとは?

花火大会がたくさん開催される季節まで、
あと少しですね。

僕もすでに、今年は何処の花火を見に行こうか検討中です。

で、今日は花火大会に持って行って
役にたったアイテム
をご紹介したいとおもいます。

 

今回は、事前に場所取りをして
できるだけ快適に見るという環境を想定してみました。

花火大会を楽しく鑑賞するために持って行きたい必携アイテム

 

場所取り編鑑賞編あると便利編
3つに分けてみました。

ご自分の鑑賞スタイルにあわせて持っていくものをチョイスしてくださいね。

 

場所取り編

レジャーシート
鑑賞編でも必須ですが、場所取りにはなくてはならないですね。
多少余っても多めに持って行きたいです。

折りたたみの小さな椅子
メンバーに浴衣の方がいる場合は着くずれ防止に必須です。

ガムテープ
風が強い時、シートを固定するのに便利。他にもいろいろ役に立ちます。

クーラーボックス+保冷材(または氷)
もちろん中にはお好みの飲み物などを入れておきます。
アルコールばかりでなく、水分補給できるものを多めにしましょう。

日やけ止め、帽子、日よけ、タオル
日やけ対策は入念に。

ゴミ袋
ゴミは絶対に持ち帰りましょうね。

暇つぶし用具
待ち時間に遊ぶモノを持っていきます。

 

 

観賞編(必須の7つ道具)

レジャーシート
場所を確保するのには、必須のアイテムです。
安いもののほうが便利かも。(百均がお勧めです)
さらに、座布団などあると座っているのが楽になりますね。

虫よけ(+かゆみ止め薬
花火大会の会場は、水辺が多いので蚊が多いですよ。
刺されたあとのかゆみ止めの薬も携帯しておいたほうがいいです。

うちわ
暑さ対策にぜひ欲しいアイテムです。
人混みでは風が通らない時がおおいのであると役にたちます。

ウエットティッシュ
消毒できるものがいいですね。

タオル
使い道は汗拭きだけではありません。
不意の雨や、座っているところが汚れている場合など、使い道はさまざまです。
数枚用意していってもよいとおもいます。

ペットボトル飲料
鑑賞時にはペットボトルサイズが手頃かと。水分補給に気をつけましょう。

合羽(傘でない雨具)
小雨でも花火大会は開催されることがおおいです。
傘だと人混みで邪魔になるし、動きにくいので合羽がお勧め、
防寒にもイザというとき役立ちます。夜の川辺は意外と冷えることがあります。


こんな感じので十分です。

更にあると便利編

ミニライト
LED懐中電灯が小さくて明るいのでお勧めです。
暗い所での捜し物など以外に役に立ちます。

携帯ラジオ
暇つぶしにも使えるし、大会によってはアナウンスをラジオで流している場合があります。

トイレットペーパー
汚れた時だけでなく、花火大会のトイレは予測不能なことが起きます。^^
万が一に備え大量に持って行ってください。

 

以上、花火大会に持って行くと役立つアイテムリストでした。

今日も最後までご覧頂きありがとうございます。
それでは。

この記事と関連する記事

コメントを残す

*