春の簡単ガーデニング 性格別?種の選び方

暖かくなって、新しいことが始めたくなりませんか?

始めるといえば、今は
ガーデニングを始めるのに
最適な季節
といえますよ。

なぜなら、今からが夏から秋に咲く植物の、
種まきに最適な季節なんです。

先日、そんな季節にピッタリの植物をご紹介しました。
↓(春はこんな植物の種まきができます)
春の簡単ガーデニング おすすめ春まき植物の種

では、今日は
種のまき方を、詳しく見て行きましょう。

種の撒き方、性格別に分けてみました^^;

種まきは、3種類の方法を知っていればOK
今回は、あなたの性格別に選んでもらえるように
紹介していきます。

ご自分の性格や、園芸の経験を基準に、
今年まく植物を選んで見てはいかがでしょうか?

自分にあったタイプの種を選びましょう

花の種は一般的に、
種の大きさで種まきの方法が変わってきます。

めんどくさがり屋さんや、園芸初心者の方は…

大きめの種なら丈夫なので、庭に直接蒔いてもOKです。

アサガオ、キンレンカ、コスモス、ソバ、
ヒマワリ、ヨルガオ
などがこのタイプです。

大きな種は点まきという方法が適しています。

アサガオ

庭をたくさんのお花でいっぱいにしたい方は…

中粒の種から小粒の種を、
育苗箱にたくさん蒔いて苗をつくります。

この方法に適しているのが、
アゲラタム、アスター、サルビア、ジニア、
マリーゴールド
などです。

中粒の種はすじまきという方法が適しています。

マリーゴールド

手間をおしまない園芸上級者の方には…

小粒の種を選んで、大切育ててください。

インパチエンス、コリウス、ニチニチソウ、
イソトマ、トレニア、ペチュニア、ベゴニア

など、手間がかかりますが人気品種が並んでいます。

小粒の種はばらまきという方法が適しています。

インパチェンス

種まきの方法

では、具体的な種まきの手順を
見て行きましょう。

点まき

  1. 土を湿らせ、指でタネをまく穴をあける
  2. 1粒~2粒くらいのタネをいれる
  3. タネに土をかぶせ、
  4. ジョウロでシャワー状の水をたっぷりあたえる

 

すじまき

  1. 育苗箱にタネまき用土をいれ、湿らせる
  2. 固めの板などで、すじ状に溝をつくる
  3. 溝にタネを一粒ずつまく
  4. 溝の両脇の土を指で摘み寄せて溝を埋める
  5. ジョウロでシャワー状の水をたっぷりあたえる

 

ばらまき

  1. 平鉢にタネまき用土をいれ、平らにならす
  2. 二つ折りにした紙などにタネをのせ、中心からうずまき状に棒などで1粒ずつ落としていく
  3. ふるいを使いながら、均一につちを被せる
  4. 鉢皿に水をため、鉢底から吸水させる

 

ちょっとわかりにくいという場合は、
↓こちらのHPを参考にされてください。
http://www.fujimi-engei.co.jp/start/vol1.html

写真付きでわかり易く解説されています。

ご自分の環境にあわせて
チャレンジしてみてくださいね。

この記事と関連する記事

コメントを残す

*