青春18きっぷの買い方・使い方とは?2013年冬

もしあなたが電車でゆっくりした旅をお望みなら
青春18きっぷを使ってみてはいかがでしょうか?

使い方次第でかなりお得になる切符ですよ。

青春18きっぷ2013年冬は、今年も
12月1日から12月31日に発売が、
決まっています。

※(利用期間は12月10日から1月10日

今回は、青春18きっぷの使い方
を中心にご紹介したいとおもいます。


こんな簡単に買えちゃいます。ちょっと古い動画ですが…

青春18きっぷで旅に出よう!

まずは、青春18きっぷとは?ご説明したいとおもいます。

日本全国のJRの普通列車に、乗り放題の切符です。
一回分につき1日有効で乗り降り自由です。

春休み(春季用)・夏休み(夏季用)・冬休み(冬季用)
と学生の休みにあわせ年3回発売しています。

買い方・値段は?

青春18きっぷのを売っているのは
全国のみどりの窓口のある駅や旅行会社などです。

当日列車の中で買うことは出来ません
=あらかじめ用意しておきましょうね

値段は、1日有効×5回分で1万1500円です。
子供用はなく、大人と同じ料金になります。

現在は1枚の切符を5回使うスタイルですので
バラすことはできませんが、同じ切符で複数人
の使用もOKです。

次のシーズンまで持ち越すことはできず
一枚でも使ってしまうと払い戻しが出来
ないので使い方に注意してつかわないと
かえって高くつくことになります。

ただし、別の人でも使うことができるので
残り回数分を金券ショップなどで売っていたり
オークションで売ったりするケースも目にします。

青春18きっぷの使い方

使い方は当日、改札で日付を入れてもらって乗車。

午前0時から翌午前0時までが一回分の有効期間
ですので日付をまたぐ場合の利用は

日付が変わるまでの乗車時間が少ない時
日付が変わる駅までの切符を買ってのり
車内か下車する駅で日付を入れてもらいましょう。

終電などは午前0時を過ぎてしまう時
最初の駅までが有効区間ですので
その先は別の切符が必要を購入します。

自由に乗り降りできるのは以下の交通機関です。

  • JR全線の普通列車と快速列車の普通車自由席
  • JR東日本のバス高速輸送システム(BRT)
  • JR西日本宮島フェリー

また普通列車の普通指定席やグリーン車自由席
などは指定席券やグリーン券を購入すれば利用
できたりその他にも使用上のルールを知って工夫
すればいろいろな旅に対応してくれます。

 

まとめとして

単純計算で期間中、一回あたり2300円以上の区間を5回(5人分)乗るならお得と言えます。

しかも、途中下車もできるので自由な旅が計画できますね
(計画すらないとちょっと危険ですが…)

ちょっとした利用上のルールや
乗り換えなどに注意して使用できればかなり魅力的な切符だとおもいます。

 

本日も最後までご覧頂きありがとうございます。
それでは、また。

 

この記事と関連する記事