熱中症になったら?予防・応急処置のポイント

暑い夏、特に気をつけたいのが熱中症。

ついつい元気だからといって無理をしていませんか?

実は熱中症、かなり危険な病気なんです。
積極的に予防・対策をしていかないと
命にまで関わることもありますので、充分注意してください。

今日は、熱中症の予防と対策。
また、もし熱中症になってしまった時の対処法
をご紹介したいとおもいます。

熱中症のファーストエイド

熱中症とは(症状と原因、応急処置)

熱中症とは、高温下でおこる病態の総称で、症状によって3つに分類されます。
(重症度1→3の順に重くなります)

症状別に原因、応急処置のポイントをまとめてみました。

共通して注意していただきたいこと

水分摂取の方法について

ただ水分を大量に摂取すればよいという考え方は危険です。
体内のナトリウム濃度が薄まって逆効果になることも考えられます。

ナトリウム濃度のバランスを整えるために
塩分や糖分が適度に含まれている
スポーツドリンクなどの活用をお勧めです。

※スポーツドリンクをすこし薄めたくらいが丁度良いとおもいます。

症状の早期発見・早期対応

熱中症にかかっているかどうか
自分ではわかりづらいことも多いのではないでしょうか?
すこしでも違和感を覚えたら、熱中症を疑って早めの手当を心がけましょう。

回復したと思っても必ず受診を

熱中症では、長い時間をかけて病状が進行するケースもありますので
意識があり、手当により回復しても必ず病院で受診してください。

 

重症度1:熱痙攣(ねつけいれん)

おもに、ふくらはぎ、太ももなど
骨格筋につよい痛みのケイレンが起こります。
筋肉がつった状態が周期的におこることになります。

また、汗が止まらないほどでることがありますが
汗が出ていたほうが症状は良くなります。

汗とともにでた塩分(ナトリウム)などが不足し
体内の電解質のバランスが崩れていることが原因です。

 

応急処置

日陰の涼しい場所に移して安静にさせる

額や首筋を氷やぬれタオル、水などで冷やす
水風呂など急激に体温をさげると、かえって症状が悪化します。

食塩水やスポーツドリンクなどの冷たい飲み物を飲ませる
水分と塩分の補給を行います。
発汗によって体内の熱を逃すのを促すため積極的に水分補給してください。

 

重症度2:熱疲労(ねつひろう)

めまい・失神、疲労感、吐き気や嘔吐、頭痛など
がおもな症状で体温が高くなります。

心拍数や呼吸数が多くなり、逆に血圧が低下します。

大量の汗で、からだの水分と塩分が減少した状態が長く続き
血液の水分量がへり、さまざまな症状となってあらわれます。

原因は、熱痙攣と同じですが、より重度な症状といえます。

 

応急処置

日陰の涼しい場所に移して安静にさせる
氷や水などで体温をさげるのも有効ですが
水風呂など急激に体温をさげると、かえって症状が悪化します。

食塩水やスポーツドリンクなどの冷たい飲み物を飲ませる
水分と塩分の補給を行います。

足を高くして休ませ、自分で水分・塩分の補給ができない場合は病院へ
熱射病へ進行することもあるので、十分注意してください。
脳の血液循環を保つために、足を高くして安静にさせます。

 

重症度3:熱射病(ねっしゃびょう)

異常な高温下の活動により
体温の調節ができなくなり、体温が40度以上に上昇します。

この高熱が引き金となり
急に脱力やケイレンが起こったり、昏睡状態に陥ったりします。

処置が遅れたり、重度の場合は、死に至る可能性もあり危険です。

また、熱疲労などの症状から数時間かけて徐々に進行するケースもあります。

 

応急処置

日陰に移して体温を下げ、意識があれば水分と塩分の補給をする

氷や水などで、首・脇の下・脚の付け根などを冷やす

反応がない場合は、119番通報をしてただちに救急車をよぶ
最悪、死に至る危険性があるので特に注意が必要です。

 

予防と対策

新型エアコン
夏場、高温・多湿の環境下で作業や運動をする際に
水分補給をしないでいることが主な原因ですが
意外にかんたんに予防することができます。

水分と塩分の補給
積極的に水分・塩分を摂取しましょう。

予防のためには、こまめな補給が大切です。

体調を整える
睡眠を充分にとり、疲れたら適度に休憩を取りましょう。

暑さを避ける工夫をする
通気性がよく汗がよく乾く衣服を選んだり
水や氷などで体の冷却を意識しましょう。

また、外出時の日傘や帽子の着用や
こまめな日陰での休憩をこころがけてください。

熱中症になりにくい環境を整える
無理にエアコンや扇風機の使用を我慢して
体調を崩すことがないようにしましょう。

節電よりも体調管理を優先してください。
無理は禁物ですよ。

 

以上、本日も最後までご覧頂きありがとうございます。
それでは、また。

 

この記事と関連する記事

コメントを残す

*