2013年 中秋の名月はいつ?由来と行事とは?

2013年の中秋の名月(十五夜)は、9月19日です。

中秋の名月には、どんな由来があるがご存知ですか?

今日は、中秋の名月(十五夜)の
由来と行事
についてご紹介します。


見事にワードで絵が書けるんですね。
こういうの出来る人、すごく尊敬します。
ちょっと脱線しちゃいましたが…^^;

中秋の名月(十五夜)とは?

中秋の名月とは旧暦8月15日の満月を意味します

それはなぜかというと、旧暦で秋は7月~9月
となっており、その真中の日が旧暦の8月15日
になるため「中秋」と呼ばれます。

※旧暦8月15日は秋分の日付けによって前後します。
新暦9月7日~10月8日頃にあたります。

旧暦では、月の満ち欠けにより日付を決めていました。

旧暦で15日は満月を意味します。よって
旧暦8月15日はほぼ満月になります。

中秋の名月」は、「十五夜(満月の意味)」とも呼ばれますし
ちょうど芋の季節なので、その収穫を感謝しお供えすることから
芋名月」とも呼ばれます。

お月見には何をするの?

中秋の名月の行事といえば「お月見」ですが
これは古来より「十五夜(満月)に月を鑑賞
する習慣」
「秋の収穫を感謝する祭事」
があわさってできた行事のようです。

秋は空気が澄み、気温もまだそれほど冷たくはないので
お月見には最適なのも名月と呼ばれる原因でしょう。

秋の澄んだ空気の中で見る月は格別に美しく感じられます。
お供え物をし、月を眺めましょう。

月見が終わったら、お供え物を美味しくいただいてくださいね。

十五夜ウサギ

お供え物

一般的には、その年の収穫を祝い
翌年の豊作を願ってお供え物をします。

月見団子
数は十五夜にちなんで15個といわれています。

また、その年の月の数にあわせると言う説もあります。
(平年は12個、閏年は13個)

サトイモ
芋の収穫に感謝してお供えされます。

その時期にとれた野菜や果物をお供えすることもあります。

ススキと萩
ススキは秋の稲穂にみたてて飾られます。
収穫を祝う意味とカミソリのような鋭い葉が
魔を切るとの意味で使用されます。

萩は神様がお供え物をいただくための
「箸」の意味とされています。

共に、邪気を祓う力があるとされ
その他にも「秋の七草」が飾られることもあります。

まとめとして

中秋の名月(十五夜)にお供え物をしてゆっくり月を眺める

最近ではなかなか見ない風習になってしまいましたね。

忙しない世の中で
季節感を感じられなくなってしまったのが原因かもしれません。

年に一度くらいは、満月をゆっくり楽しむのもいいですね。
今年は、必ず空を見上げようとおもいます。

天気がいいといいですね。

本日も最後までご覧頂きありがとうございます。
それでは、また。

↓十五夜のつぎは、「十三夜」ですよ。
2013年 十三夜はいつ?意味・風習とは?

この記事と関連する記事