竹取物語(かぐや姫の物語)のあらすじ

映画「風立ちぬ」の上映を映画館で待っている時でした。

私の目に飛び込んできたのは何かというと。

この秋公開予定の高畑勲監督作品
「かぐや姫の物語」の予告編

その映像は、おとぎ話として知っている
かぐや姫のお話」と少しイメージが違い
なんだかもの悲しい映像でした。

「かぐや姫ってこんな話だった?」
というか「どんな話だったけ?

そう、物語のかなりの部分を忘れてしまっていたのです。

あなたはおぼえていますか?「かぐや姫
(竹取物語)」がどんな話だったのか。

ということで…今日は竹取物語(かぐや姫の物語)のあらすじ
をご紹介したいとおもいます。

竹取物語は、「日本で最初に作られた物語」といわれています。

古くから日本中で語り継がれ「竹取翁の物語」とも
かぐや姫の物語」とも呼ばれ愛され続けている
物語のひとつです。

竹取物語


竹取物語(全) (角川ソフィア文庫)

昔、野山で竹を取って暮らす竹取の翁(たけとりのおきな)
という老人がいました。

ある日偶然、根本が金色に輝く竹の中に座っている
10センチ程の女の子を見つけた老人は
家に連れて帰って夫婦で育てることにしました。

彼女は大切に育てられ、わずか3ヶ月ほどで輝くような美しい娘
に成長し、「なよ竹のかぐや姫」と名づけられました。

 

絶世の美女・かぐや姫の噂は世間に広まり
求婚者がひっきりなしにやってきました。

しかし、その熱狂が男たちにもたらしたのは
様々な形の不幸だけでした。

数おおくの求婚者の中でも特に熱心だったのは「石作の皇子
(いしづくりのみこ)」、「庫持の皇子(くらもちのみこ)」
「右大臣・阿部御主人(あべのみうし)」、「大納言・大伴御行
「中納言・石上麻呂足(いしがみのまろたり)」の5人。

この5人の貴公子に対し、姫は「本気かどうか
確かめなければ結婚出来ません」とそれぞれ
に異なる珍宝を入手することを要求
します。

しかし、誰も姫の要求に応えることはできません。

ある者は面目を失い、ある者は
身体を損ない、ある者は命を失う

5人は全員、求婚を断念することになるのでした。

それまで男たちの失敗を喜んでいたかぐや姫も
さすがに命を落とした麻呂足のことは、さすがに
少し可哀想に思うのでしたが…

 

やがてかぐや姫のうわさは帝の耳にも届き5人の貴公子
と入れ代わるように、姫に求婚をはじめました。

帝は養父の協力をとりつけ、不意をついて姫と対面し
宮中へ連れ帰ろうとするのですが、姫は姿を消して
光の塊になってしまいます。

帝は姫がこの世のものではないことを悟ります
その美しさが忘れられず、文を送り続けます。

帝の熱心な求婚にふれるうちにかぐや姫も帝に
好意を抱き惹かれ合います
が、彼女はまもなく
天上界へ帰らねばならないと帝に告げます。

天上界に帰ることは、姫にとっても辛いことでした。

いつの間にか養父母に親しみ
帝に好意を抱いていたからです。

3年後、天上から迎えがやってきて、かぐや姫が
月の都で罪を犯し、その罰として地上に落とされ
ていた
ことが判明します。

帝は軍隊を率いて月からの使者を迎え撃とうとしますが
雲に乗った天人たちが降りてきて周囲がまばゆい光に
包まれると彼らは戦意を失ってしまいます。

姫は帝に手紙と不老長寿の薬を残し
天の羽衣をまとって月へと帰っていきます。

その羽衣をまとった途端、姫は人間界
の思い出をなくしてしまいます

そして姫が去ったその後、帝は置き土産の
不老長寿の薬を燃やしてしまいます。

もやは姫に会うことが出来ないならば
長く生きても仕方がない
」と考えたからです。

養父母にとっても、姫が去ってしまったことの悲しみは大きく
二人は病の床についてしまうのでした。

まとめとして

ホントに辛い、さんざんな結末ですね

ただ、物語としてはファンタジー小説として
十分楽しむことができるとおもいます。

幼い頃、おとぎ話として読み聞きした
かぐや姫で印象に残っていたのが
5人の男が必至で求愛する場面です。

その頃は、男たちを滑稽に思っていたのですが
今読み返してみると「コワイ話だな~」と
感じてしまいます。

かぐや姫はまさに、妖女なんですね。
ちょっとショックです。

ただ「悪い女に引っかかるな!
というのだけが教訓ではなさそうですが…

あなたの感想はいかがですか?

以上、竹取物語のあらすじでした。

本日も最後までご覧頂きありがとうございます。
それでは、また。

 

この記事と関連する記事

コメントを残す

*