ワールドウォーZ の感想(ネタバレ注意)

ブラッド・ピット主演映画「ワールド・ウォーZ」の感想や雑記です。

注意!
ネタバレの内容が含まれていますので、ご注意願います。


ゾンビシーンのメイキング映像です。

「ゾンビの塔」のCGよく出来てました。
ぜひ、スクリーンでみて欲しい映像です。

ワールド・ウォーZの感想


普段ゾンビものの映画を見たことがない
管理人・弥太郎ですが、そんな私でも
十分楽しめ満足のできる映画でした。

ホラーではなく、完全にパニック・ムービーですね。

昨年大ヒットした「アルゴ」のようなハラハラ・
ドキドキするのが好きな方にはお薦めです。

個人的には「アルゴ」より面白いとおもいました。

難点はストーリーが進んでいくテンポも早いし
冒頭から最後まで緊張しっぱなしのため
見終わったあと結構疲れるという点ですかね。

体調がいい時に見たほうがいいとおもいます、
あと、めっちゃスリルありますからね~。

ブラッド・ピットは「自分の子供たちのために
この映画をつくった。」といっていましたが
果たしてこれを見て子供が喜ぶのだろうか?
ちょっと不安になりました。

海外の子供にはゾンビが人気なんですかね。^^;

ゾンビの動きがスゴイ

上の動画でネタバレしていますが見ている時は
「こんなのどうやって撮るんだ?」と思ってしまった
ゾンビ達の動きと圧倒的な

しかも、「早くて・強くて・死なない。」

もう一巻の終わりですね
リアルで出会ったら。^^

この作品の売りである「ゾンビの塔」や「ゾンビの滝
のできはかなり秀逸だとおもいます。

それを見るためだけでも損のない作品だとおもいますよ。

 

ブラピの家族愛がスゴイ

ブラット・ピットが演じる元国連調査員ジェリー・レイン。

家族のために今回の危険な仕事を受け入れるという
設定ですが、終始家族を守るために戦います

男の私が見ていても惚れ惚れするカッコイイ主人公でした。

久しぶりにこんな2枚目路線の
ブラット・ピットを見た気がします。

無精ひげで、ロン毛だけどかなり絵になってました。
これが普段のブラット・ピットって感じだと思うのですが
まだまだこういう役いけるし、もっと見せて欲しいです。

世界各地を転々と…

「ワールド・ウォー」というだけあって世界各地
が謎の感染病”Z”に侵されています。

物語の舞台は、アメリカから韓国、イスラエル、英国
カナダと進んでいきますがやっぱり見どころとなるのは
「イスラエルのエルサレム」と「英国のウェールズ」です。

迫力のある映像に圧倒されるエルサレムと
緻密に計算されたスリルでハラハラするウェールズ
両方面白かったです。

以上、「ワールド・ウォーZ」の感想でした。

本日も最後までご覧頂きありがとうございます。
それでは、また。

 

 

この記事と関連する記事

コメントを残す

*