京都 東福寺の紅葉情報!混雑必至でもできるだけ避けるには…

東福寺といえば、紅葉の京都を代表するお寺のひとつ。

境内のなかにある渓谷のモミジやカエデ
辺り一面を真っ赤に染めるスケールの
大きな紅葉スポットで大人気です。

紅葉に浮かぶように渡る木造橋「通天橋」
「臥雲橋」から眺めれば、ひき込まれるのような美しさ
見下ろす「臥雲橋」

しかし、その圧倒的な美しさが災いしてか?

紅葉の時期には人が集中して、京都のなかでも
大変混雑するスポットとしても有名です。

まぁ、それだけの魅力があるということだとおもいますが…

今日は、京都 東福寺の紅葉の見頃時期や見どころと共に
少しでも混雑をさけて、紅葉を観賞するしたい」私が…
その方法を調べてみました。

まずは、混雑ぐあいを見てみましょう。

これでは、ゆっくりとは見れませんね~。
紅葉はやっぱりキレイなんですけど。

東福寺 紅葉の見頃・見所+α

東福寺の紅葉
東福寺の紅葉は、例年11月中旬~12月初旬ごろ
が見頃の目安になります。(その年の気候状況など
により、若干ずれが生じます)

鎌倉時代から続く、歴史あるお寺の境内には
約2、000本ものカエデが植えられていて
京都のなかでも紅葉の名所中の名所です。

「通天橋」から見下ろす眺めは「朱色の海」と表現され
その紅葉越しにならんで架かる「臥雲橋」を望む姿は
まさに絶景といわれています。

今年はワタシも、ぜひ行ってみたいとおもっています。

 

↓他にもある東福寺の見どころはコチラ!
>>東福寺の紅葉!2014の見頃ともみじ以外の見どころ!!

紅葉シーズンは混雑必至!
でも少しでもゆっくり見たい

ですので、混雑するという評判を聞き、上のような
動画をみたらヤッパリちょっと不安になりますよね。

ということで、今回すこし調べてみました。

実際行ったわけではないので、不明確な点はおおいですが
2点ほどご紹介します。

ピーク時でも、平日の朝は意外と…
異常な人出となる土日に比べれば
やっぱり平日は落ち着いているようです。

ただ団体客の増える日中になると混雑するようですので
開場となる8時30分より前には到着していたいですね。

土日(ピーク時)ならば開門1時間まえ
からならんでおいたほうが良いみたいですよ。

混みあうのは「通天橋」、お薦めは「臥雲橋」からの眺め
「通天橋」のチケット売り場には、長蛇の列ができるようですが
それ以外なら意外と空いていて、「通天橋」を外せばおおむね
1時間ぐらい?の時間でまわれるようです。

たしかに、上の動画は「通天橋」でしたね。

「通天橋」と「臥雲橋」は、並んで渓谷「洗玉澗」
に並んで架かっていますが、高低差があります。

「通天橋」から見下ろすのに対して「臥雲橋」から
見上げる「通天橋」も絶景ポイントとして有名で
しかも「臥雲橋」は無料ときています。

「通天橋」を外しても、絶景はおがめるということですね。
どうしてもお急ぎで、時間がないというときのために…
見上げる「通天橋」

塔頭 天得院のライトアップも人気

東福寺の一角、塔頭寺院である天得院では
ライトアップも行われます。

年に2回だけの特別拝観ですので
ぜひ、見てみたいですね。

2014年度の日程です。

期間
11月14日(土)~12月7日(日)
時間
10:00~20:00(受付)日没後ライトアップ実施
料金
大人/¥500 中高生/¥300

杉苔とカエデのライトアップで、神秘的な雰囲気が
ただようみたいですよ。

参道にも明かりが灯されるようなので
そちらも期待できそうですね。

お昼には精進料理も楽しめます。(要予約 ¥4,000)
天得院ライトアップ

基本情報・アクセスなど

それでは、東福寺の詳細です。

住所
京都市東山区本町15-778
拝観時間
《秋》8:30~16:30-11月~12月初旬まで
《通常》9:00~16:00
料金
《通天橋・開山堂》大人/¥400 小中学生/¥300
《方丈八相庭園》大人/¥400 小中学生/¥300
アクセス
《JR・京阪》東福寺駅から徒歩10分
詳しくはこちらへ⇒東福寺 交通のご案内

以上、「京都 東福寺の紅葉情報!」でした。

本日も最後までご覧頂きありがとうございます。
それでは、また。

↓コチラもあわせてご覧いただければ参考になるかも…
京都 紅葉観光のコツ!宿泊の予約やピークの時期は?
京都 紅葉の名所情報!3大人気エリアの特徴・見頃は?

この記事と関連する記事

コメントを残す

*