マン・オブ・スティールの感想(ネタバレ注意)

スーパーマンの再構築
映画「マン・オブ・スティール」感想や雑記です。

注意!
内容にネタバレが含まれていますので、ご注意願います。

ココでも「バットマン」が登場、「マン・オブ・スティール」
の続編では、「バットマン=ダークナイト」との共演
なることが、発表されましたね。楽しみデス。

DCコミックのヒーロー総出演の
「ジャスティス・リーグ」までいくのでしょうかね?

マン・オブ・スティールの感想


「マン・オブ・スティール」思っていた以上に、シリアスな映画でした。

製作・原案が、「ダークナイト」シリーズのクリストファー
・ノーランで、今作は「スーパーマンの誕生」の話である
というだけで、やっぱりどうしても「バットマン・ビギンズ
(ダークナイト・シリーズ1作目)」とカブっていました。

見終わった印象もまさにその通り。

スーパーマンがどんな理由でスーパーマンになったのか?
スーパーマン誕生の「説明」みたいな感じでした。

今回、適役もスーパーマンと同じ種族で、能力も
だいたい同じなので、「ダークナイト」シリーズのように
敵キャラの魅力で成り立つという感じもないので
後半「ちょっと単調かな~」っておもってしまいました。

アクションは、超高速・大スケールで、十分見応えがある
のですが、ずーとそれが続いてしまって次第に慣れてくる
と言う感じです。

まぁ、「ダークナイト」も2作目のジョーカーの登場から
盛り上がってきたという印象なので続編に期待します。

しかし、故郷の「クリプトン星の崩壊」から始まって、地球で
「自分探しの旅」、「育ての父との思い出」、「実父の記憶
との遭遇」、「ヒロインとの出会い」、「敵の襲来」と続く
前半はスゴく面白かったです。

 

あと、誰もが知っているであろう、「新聞記者のクラーク
・ケント」という設定に落ち着いて終わるエンディングに
ちょっと、ホッとして納得出来ました。よかった。

惜しいのは、やっぱり戦闘シーンが長すぎることだけですね。

噂に聞いたスーパーマン最強説は本当だった

以前、どこかでアメコミヒーローのなかでも
1番強いのはスーパーマンといっていた
のを聞いたことがありました。

その時は、今ほどヒーロー映画を見ていたわけでは
なかったので、理由が理解出来なかったのですが
今回の作品をみて納得。

やっぱり「スーパーマン格がちがう、というか【神】

スピード・パワー・目からでるレーザービーム(これだけ
で 宇宙船崩壊)と、今まで数々映画化されてきた他の
アメコミヒーローとは、次元の違う強さになっています。

と言うか、どんなに戦っても「傷ひとつできていない」
「痛みすら感じていない」時点で、スーパーマンは
負けようがないのではないでしょうか?

まぁ、もともとの設定が宇宙人ということですから仕方が
ないんですが、続編のバットマンとの共演でそのあたりが
どう表現されるのか心配というか、楽しみになります。^^;

以上、「マン・オブ・スティールの感想」でした。

本日も最後までご覧頂きありがとうございます。
それでは、また。

 

 

この記事と関連する記事