2013年 十三夜はいつ?意味・風習とは?

2013年の十三夜は、10月17日です。

今年の中秋の名月(十五夜)はいかがでしたか?

管理人・弥太郎はすごくきれいな満月
目にすることができ感激でした。

が、「十五夜を楽しんだら、十三夜(じゅうさんや)
の月もかならずみるべき
」と最近になって知りました…

あなたは、十三夜がどんな風習かご存知ですか?

今日は、十三夜とは?意味や風習
についてお伝えします。


昨年の「十三夜」の月の映像です。

こんなきれいな月が見られたら最高ですね。

十三夜とは?

十三夜とは、旧暦9月13日の夜を指します。

古くから十三夜は、十五夜(旧暦8月15日)
についで「月が美しい日」
とされ、お月見などが
催される夜となっていました。

十三夜の月は、満月ではなく左側がすこし欠けていて
そこに趣があるといわれているようです。

※旧暦9月13日は、新暦10月~11月の間にあたります。

昔は、旧暦では満月の日を15日としていた
ため毎月15日を「十五夜」と、毎月13日を
「十三夜」とよんでいました。

毎月、「十五夜」「十三夜」があったことになります。

現在では、月のきれいな秋の夜
旧暦8月15日を「十五夜」として、
旧暦9月13日を「十三夜」として、
限定して使われています。

「芋名月」ともよばれる十五夜にたいして、こちらは
この季節に収穫を迎える栗や枝豆をお供えをするの
で、十三夜は「栗名月」や「豆名月」とよばれます

十三夜の風習とは?

十五夜の風習は中国に由来しますが、十三夜の
月を「後の月(のちのつき)」と呼んで観賞する
風習はは日本独特のものになります。

十五夜と十三夜は対と考えられていて
十五夜を眺めて、十三夜を見ない
のは「片月見(かたつきみ)」として、
忌みきらわれたようです。
うさぎのお月見

十三夜のお供え物は?

月見団子
十三夜にちなんで、13個。

秋の農作物や果物
この時期に収穫を迎える栗や豆類などを
お供えします。

ススキや秋の七草
本数に決まりはなく、すべてを揃える必要はない
ようですが、ちょっとだけでもお供え物のちかく
に飾ってみましょう。

まとめとして

縁起がどうのというのは、個人的に感心しませんが
月が見える確率も高く、十五夜と並び称されるだけ
の美しさ
はぜひ、見ておきたいですね。

ボーーとゆっくり、月を眺めて1杯なんて
日本人としての幸せを感じてしまいます。

以上、「十三夜とは?」でした。

本日も最後までご覧頂きありがとうございます。
それでは、また。

↓十五夜についてはこちら!
2013年 中秋の名月はいつ?由来と行事とは?

この記事と関連する記事

コメントを残す

*