香嵐渓で紅葉狩り!渋滞や混雑を避けるには?

愛知県?いや日本でも有数の紅葉の名所といわれる
豊田市・香嵐渓の紅葉は、さすがに見事な美しさ。

スケールの大きな紅葉を今年も楽しみにしている人は多いはず。

ですが…
ヤッパリ気になるのは、人の多さですよね。

それだけ人気のスポットであるということの証明なのですが、
「いざ、紅葉狩りに!」となったとき、人の多さに気が引ける
なんてなっているのは、あなただけではありません。

今日は、「香嵐渓 紅葉狩りをすこしでもゆっくり楽しむため」に
渋滞や混雑を避ける方法をまとめてみました。

参考にしていただけると幸いです。


こんな感じですが、眺めは「素晴らしい!」ですよ。

香嵐渓 紅葉シーズンの渋滞や混雑を避けるには?

まず、香嵐渓 紅葉の見頃時期は、
例年11月中旬~12月上旬が目安となります。
(年によって見頃が前後する場合があります。)

香嵐渓の紅葉について、まとめてみました。
あわせてごらんください↓。
香嵐渓 紅葉の見頃や見所!2013年のライトアップ情報も…

それでは、本題に入りましょう!

少しでも渋滞を避けるには?

香嵐渓混雑

香嵐渓の紅葉時期といえば、「見事さ」と
同時に思い浮かべるのは、駐車場までの
大渋滞」という方も少なくはないでしょう。

ピーク時には、普通20~30分かかる距離が、
2時間、3時間かかることも珍しくありません。

「なぜ、渋滞が起こるのか?」

香嵐渓までの道は、山の中の一本道のため
回り道・迂回路がなく、渋滞になってしまえば
順番に進んでいくしかありません。

しかし、それだけではなく駐車場自体にも問題が…

紅葉シーズンには、いっきに大勢の人が集まるため、
近隣の駐車場のキャパでは追いつかなくなります。

一旦、駐車場が埋まってしまうと、出て行く車をまって
駐車場に入場するかたちになるので、なかなか前には
進みません

一本道の153号線にいる車はすべて
駐車場待ちの状態になってしまいます。

「渋滞を避けるには?」

渋滞を避けるには、駐車場がうまってしまう前に
到着する
しか方法はありません。

ピークとなる11月後半の連休はできるだけ朝早く、
遅くても7時には到着する
予定を組みたいところです。

深夜に到着して車内泊というのもアリですね。

「早朝までに着く」
それが唯一の方法
のようです。

その他平日でも、見頃時期となると屋台などが開店と
なる9時にはすでに、渋滞しているようです。

※その年の気候・その日の天候よってかわりますので、
例年の目安です。

ピーク時ライトアップ目当てで、午後出発される方は
以上の理由で、ライトアップ終了時間まで渋滞は
避けられない
ようです。

 

香嵐渓ライトアップ混雑

 

 

 

 

混雑必至!ゆっくり紅葉を楽しみたい…

例年の紅葉シーズンの香嵐渓の混雑は、
やっぱりさけられません

それでも、ゆっくり楽しみたいという方は、
ほんの少しだけ、時期をずらしてみて
いかがでしょうか?

地元の知人に聞いた所「12月初旬に
入れば、混雑も少なくなる
」ようです。

相当の人出で混雑する11月と比べ、人出の減った
『12月初旬』は総合的にみると「本当の見頃」と、
表現する人もいます。

ライトアップには、残念ながら間に合わないですが、
紅葉は残っている年が多いということです。

ライトアップが終わってしまうので、人出が減るんでしょうね。

以上、「香嵐渓の紅葉狩り!渋滞や混雑を避けるには?」
でした。

本日も最後までご覧頂きありがとうございます。

それでは。

この記事と関連する記事

コメントを残す

*