ハロウィンに見たい映画は?おすすめはこの作品…

015504
10月31日は、ハロウィンですね。

ハロウィンと言えば、かぼちゃの
「ジャック・オー・ランタン」や、
パーティーなどで盛り上がります。

ただ…そこまでやるのはちょっと…
とお考えのあなた。(私もその一人)

ゆっくり映画で、 ハロウィンの気分
を味わってみてはいかがですか?

そこで、ハロウィンにぴったりな映画といえば、
ティム・バートン監督の作品をぜひオススメしたい。

今回は「ティム・バートン作品」
のなかでも、特にハロウィンの夜にみたい映画
をまとめてみようとおもいます。

ハロウィンにみたい「ティム・バートン映画」

ティム・バートンといえば、ゴシック、ホラー、ファンタジー
を基調とした作風で、ハロウィンにピッタリ

有名どころでは【シザーハンズ】、【ナイトメア・ビフォア・
クリスマス
】、【チャーリーとチョコレート工場】など多数。

最近では【アリス・イン・ワンダーランド】、
フランケンウィニー】と…

いかがですが、どれもピッタリじゃありませんか?

個人的には、1989年からの【バットマン】シリーズなども
大好きですが…と、話がズレました。

それでは、そのなかでもハロウィンに見たい
ティム・バートン作品です。

スリーピー・ホロウ(1999年作品)


スリーピー・ホロウ スペシャル・コレクターズ・エディション [Blu-ray]

1799年、N.Y.郊外の村“スリーピー・ホロウ”で起こる連続殺人。それは“首なし騎士”が村人の首を斬るというものだった。市警のイカボッド・クレーンは捜査に乗り出すが…。

ティム・バートン×ジョニー・デップ」の最強コンビの傑作。

なぜ、ハロウィンにお薦めかというと、ティム・バートンの
持ち味であるゴシック的な雰囲気、映像美が素晴らしいと
いう点と、原作である 「首なし騎士」の話は、アメリカでは
とても有名なハロウィン向けのおとぎ話であるという点です。

ハロウィンのためのお話の実写化ですので、ピッタリですね。

ホラーが好きではなくても、映画としてよく出来ていますので、
ブラック・ファンタジーとして十分楽しめると思いますよ。

ティム・バートンのコープス・ブライド(2005年作品)


ティム・バートンのコープスブライド [Blu-ray]

19世紀ヨーロッパのとある村。結婚を控えた気弱な若者ビクターが、ふとしたことから死体の花嫁(コープスブライド)に結婚の誓いを立ててしまい、死者の世界へと連れ去られる――。

【ナイトメア・ビフォア・クリスマス】にも通じる
ストップモーション・アニメで制作されている作品です。

ストーリーが秀逸ですごく感動しました。

不気味なコープスブライド(死体の花嫁)エミリーが
これほど魅力的に見えるなんて…

なんだか優しい気持ちになれるパペットアニメの傑作

ちなみに声は、これまたジョニー・デップ
そして【スウィーニー・トッド】などでも活躍の
ティム・バートンの公私に渡るパートナー・
ヘレナ・ボナム・カーターがやっています。

ティム・バートンのコープスブライド(映画)のあらすじ・感想

ビートル・ジュース(1988年作品)


ビートルジュース 20周年記念版 [Blu-ray]

ニューイングランドの、とある古めかしい家。そこへニューヨークから、今風の家族が越してきた。困ったのが、主であるインテリ夫婦の地縛霊。そこで彼らは邪魔者を怖がらせようと、「バイオエクソシスト」なるものを呼び出したのだが・・・

一番初めに見たティム・バートン作品で、
すごく大好きな作品です。

ビデオにとって何度もみました。

最近、ティム・バートン作品だと知ったのですが、
よく考えて見ればティム・バートン以外何者でもない…

ハロウィンパーティーのウケ狙いにも使えそうですね。

もちろん、かなり昔の映画なのでクオリティは
さほど高くはないとおもいますが、「もう一度
見てみたい映画
」と思っていたら「Blu-ray」
で発売されました。

西川のりおさんの吹き替えも収録されています。
なつかし~。

以上、「ハロウィンにお薦めの映画」でした。

本日も最後までご覧頂きありがとうございます。
それでは。

この記事と関連する記事