お中元の由来・時期・予算とは?

お中元の由来

そもそもお中元ってなんでしょうか。

まずはそこから知っていないと
何も始まらないですね。
ちょっと調べてみました。

お中元はもともと中国道教の行事である
三元に由来します。

三元は
上元(旧暦1月15日)
中元(旧暦7月15日)
下元(旧暦10月15日)
ですが

なかでも中元は
さまざまな罪を赦すこと」を願う日で
盂蘭盆会(うらぼんえ)と結びつき
祖先を供養する日になったようです。

※盂蘭盆会とは、簡単にいうとお盆のようなものです。

のちに盆供のお礼に、
親類などに贈り物をする習慣を
お中元と呼ぶようになりました。

お中元って何をしますか?

現在の日本でお中元は
離れて暮らしている両親や親戚
または、会社の上司や恩師の先生など
お世話になった人々に感謝の気持ちを込めて贈り物をする
という風習になっています。

「いかがお過ごしですか」の
季節の挨拶といってもよさそうです。

お中元の時期は?
西日本は旧暦の7月15日(月遅れの8月15日)まで
関東では新暦の7月15日までに行うなど
地域によってバラつきがありますが

最近では7月1日から15日までに
贈るのが一般的になっています。

ちなみにデパートのお中元商戦は
5月中旬からスタートし
6月に入ってから本格化します。
早めの準備もできますね。


昨年のお中元商戦の模様です。
ちょっと早いですが参考までに…

お中元の予算は?何を贈るか?
大体3000~5000円ぐらいの予算が目安です。
特別にお世話になった人などには~10000円くらいでも…

家族構成を考え、喜ばれるものをイメージして商品を選びましょう。

履物類は「踏みつける」の意からタブーです。
目上の人に時計や筆記用具を贈るのも
「勤勉奨励」の意から相応しくないとしてタブーになっています。

お中元が遅れてしまったら

忙しくて、気がついたらお中元を出すのを忘れていた…^^;
なんて時も慌てないでください。

7月15日以降に贈るならば「暑中お見舞い」
8月7日(立秋)以降に贈るならば「残暑お見舞い」
として贈ってください。

また、喪中でも行なってかまわないようですが、
不幸から間もない場合は、少し時期をずらして
残暑お見舞いとして贈るなど配慮しましょう。

ん~。なかなか奥が深い風習だったんですね。
今年は気をつけてみようとおもいます。

 

 

この記事と関連する記事

コメントを残す

*