除夜の鐘の意味・煩悩とは?108回なのはなぜ?

大晦日の夜、11時を過ぎると慌ただしかった年の瀬
もなんとなく落ち着き、静かな気配が訪れます。

「ゴーン」という除夜の鐘の響きが聞こえてくると、
今年1年無事に暮らせたことへの感謝と、新しい年
にむけての期待もいっそう強くなりますね。

除夜の鐘の由来は、「人間が持っている108の煩悩
を取り払うためにつく」という説が有名ですが。

あなたはご存知ですか?

除夜の鐘をつく意味?
108の煩悩とはいったい何なのか?

煩悩とは=
人間のもつ汚れた心や、悩み・苦しみなどのこと

今日は、除夜の鐘の意味や108の煩悩について
ご紹介します。


雪の札幌の「除夜の鐘」は、キャンドルに灯されて
綺麗ですね。

大晦日を彩る「除夜の鐘」とは?

大晦日の夜を「除夜(じょや)」といい、除夜の
12時をはさんで、お寺の鐘を108回つきます

それが、「除夜の鐘」です。

「除」とは=
「除」には古いものを捨て、新しいものに移るという
意味があります。

108回のうちの107回を旧年につき、最後の1回
を新年につく
のが一般的なようです。

除夜の鐘108回に関する諸説

除夜の鐘を108回とする説には諸説あります

煩悩の数という説

煩悩の数の数え方というのも諸説あるようですが、
ここでは一例をご紹介します。

仏教では、煩悩の根本には「六煩悩」があり、それが
六識」という基本的な感覚のそれぞれにあると
いわれ「36」になり、

またそれが、過去・現在・未来におよび「108」に
なるといわれます。

6(六煩悩)×6(六識)×3(前世・現世・来世)
=108

「六煩悩」
貪(むさぼり)・瞋(いかり)・痴(おろかさ)・
慢(あなどり)・疑(うたがい)・見(悪い考え)

「六識」
眼(見る)・耳(聞く)・鼻(嗅ぐ)・
舌(味わう)・身(感じる)・意(思う)

善光寺 除夜の鐘

1年をあらわす数という説

旧暦に関する数(十二ヶ月、二十四節気、七十二候)
をたして108つになるという説です。

12(月)+24(節気)+72(候)=108

ダジャレ説

四苦八苦(4×9+8×9=108)をかけたという
にわかに信じられない説ですが、粋な昔の人達で
あれば、あり得るのかも…

【煩悩の数の説】が1番おごそかで大晦日に
ふさわしい気がやっぱりしますね。

何故、除夜の鐘をつくのか?

一般的に除夜の鐘は、「108つの煩悩を
ひとつひとつ鐘を鳴らして消していき、浄化
して祓い新年を迎えるため
」につきます。

【ダジャレ説】でもおなじ理由でしょう。

【1年の数説】では、「除夜にその数の鐘を
つくことにより、1年の無事や豊作を願う

と言う意味がこめられるようです。

以上、「除夜の鐘の意味とは?」でした。

本日も最後までご覧頂きありがとうございます。
それでは、また。

この記事と関連する記事

コメントを残す

*