クリスマスの意味って何?イエスキリストの誕生物語とは…

あなたはクリスマスの本当の意味を覚えていますか?

きっと子供の頃、幼稚園などでクリスマスの物語
を聞かせてもらっていたのでしょうが…

正直パーティーやプレゼントの事が頭いっぱい
その辺りのことはウヤムヤになってしまいました。

そのあと、キリスト教と関係の浅い生活を送って
いた管理人にとっては、「イエス・キリストの誕生日
なんだ~」 と漠然とおもったきりで、雰囲気だけを
味わって終わっていました。

しかし、それではちょっと情けない

ということで、今回はクリスマスの由来や意味
についてまとめてみました。

ちなみに、詳しい宗教的な解釈については
書いていない (わからないので書けない)
のでご容赦ください。

クリスマスとは?

「Christmas」の語源は、【Cristes masse】で
あるといわれます。

「cristes(クリーステス)」=キリスト
「masse(マッセ)」=ミサ(集会)
【救世主の集会】と言う意味ですね。

厳密にいうと12月25日が「イエス・キリストの誕生日」
というわけではなく、というか実際にはキリストの若い頃
の歴史などはよくわかっていない
ので、「後世の人たちが
便宜上12月25日を誕生日に決めた
」ということです。

なぜ12月25日になったのかは、いろいろな説が
あるようですが、キリスト教を普及していく過程で
他の宗教のお祭りを取り入れていったと言う説が
有力なようです。

一般的にキリストの誕生物語というと
馬小屋のお話が言い伝えられています。

超カンタンにですが、ご紹介します。

イエスの誕生物語

昔、ベツレヘムというところに住んでいる羊飼いたち
の前に天使が現れて言いました。

「たった今、
みんなを救ってくれる神様の子供がうまれました。」

羊飼いたちが、空の星にみちびかれ歩いて行くと、
小さな馬小屋のうえで星が止まりました。

なかをのぞくとヨセフとマリアに見守られ、
飼い葉桶のなかで、一人の赤ん坊が
スヤスヤと眠っています。

それが神の子、イエスだったのです。

星にみちびかれ、遠い国から高貴な人たちも
捧げ物をもってやってきます。

その後、多くの人たちが、毎年イエスの誕生を
お祝いするようになりました

クリスマスの街

キリスト教にとって大切な日

救世主イエス・キリスト誕生の日

クリスマス・クリスマスイブはキリスト教徒に
とってとても大切な日なんですね。

よく考えると「キリストの誕生日」がメイン
サンタクロースや、プレゼントなんかは
あと付け的な要素なんだと気付かされます。

ノリだけで浮かれている場合ではない
っと反省する管理人でした。

本来の意味を知って、
今年も楽しいクリスマスが迎えられますように…

以上、「クリスマスの意味とは?」でした。

今日も最後までご覧いただきありがとうございます。
それでは、また。

 

この記事と関連する記事

コメントを残す

*