諏訪湖祭湖上花火大会 2013年の日程・見所・チケット情報

今年も諏訪湖の花火大会が開催決定しました。

諏訪湖の花火といえば、腹の底まで響く爆音と
大人気のプログラムが目白押しの関東屈指の花火大会。

第65回諏訪湖祭湖上花火大会の日程と見所をご紹介します。

シンフォレストDVD 花火サラウンド 映像遺産・ジャパントリビュート

2013年諏訪湖祭湖上花火大会のご案内

第65回諏訪湖祭湖上花火大会は、
2013年8月15日(木)に開催されます。

時間は午後7:00~(雨天決行)
打ち上げ場所は、諏訪市湖畔前諏訪湖上
開催会場の開門は午後2:00予定です。

会場まで電車では、JR上諏訪駅より徒歩8分
車では、中央道諏訪ICより15分

チケットは大きく分けて4種類あります。
マス席
1マス(20人)100,000円~
往復はがきによる抽選(5月7~31日応募受付)

ブロック指定席
1枚(3才以上)4,000円
往復はがきによる抽選(5月7~31日応募受付)
(往復はがき1枚につき10枚まで申込可能)

前売有料自由席
諏訪文化センター
大人2,500円、小人1,000円
ローソンチケット委託販売
大人3,000円、小人1,500円
ともに7月31日から販売開始

会場は、石彫公園・湖畔公園

当日有料自由席
1人(3才以上)1,000円
旧東バル跡地会場のみ
当日現地でお買い求めください

諏訪湖祭湖上花火大会の見所

今年も昨年同様4万発余りの打ち上げが予定されています。

盆地にある諏訪湖の花火は
炸裂音が山々に反響し、大迫力のサウンド。
体の芯まで震えます。

そして大会最大の見どころはなんといっても
水上スターマイン+全長2㎞の大ナイヤガラ花火
例年ラストのフィナーレに組み込まれますので
最後まで見逃せません。

諏訪湖の水上スターマイン(動画1:40~)は
kiss of fire”と名づけられていて
孔雀(火の鳥)に見立てられた花火が
両サイドから徐々に近づき
最後には中央で重なりキスするというプログラムです。
諏訪湖の花火に行ったら必見ですよ。

諏訪湖祭湖上花火大会を楽しむために…

遠方から諏訪湖祭に参加される皆さんへ。

当日は相当の混雑が予想されます。
その数、諏訪市の人口の10倍にもあたるとか…
車で市内に入ると身動きがとれない可能性が高いです。

JR中央線では、臨時列車が多く増発されますので
電車のご利用をおすすめします
電車も混み合いますが、比較的利用しやすいとおもいます。

また、お泊りの方は
JR中央線沿線の茅野や、富士見、松本などの宿なら
まだ間に合うかもしれません。
(市内の宿泊は予約困難な状態です)

または、バスツアーなどを利用するのもおすすめ。
観覧席から見るチャンスですよ。

この記事と関連する記事

コメントは受け付けていません。