マラヴィータ(映画)あらすじと感想-ネタバレ注意!

映画『マラヴィータ』の感想と雑記です。

スコセッシ×デニーロ×リュック・ベッソン
の夢のようなコラボ。

意外と話題になっていないのかな?
と思いつつも鑑賞してきました。

マフィア映画に、家族愛、笑い
上手くミックスされた良作だとおもいます。

注意

内容にネタバレが含まれますので、記事を読む前に
原作や映画をお楽しみいただくことをお勧めします。


映画「マラヴィータ」のあらすじと感想

フランスのノルマンディー地方の田舎町に引っ越してきたアメリカ人のブレイク一家。主人のフレッド・ブレイク(ロバート・デ・ニーロ)は元マフィアで、FBIの証人保護プログラムを適用されているため、一家は世界中を転々としながら暮らしている。そんなある日、フレッドに恨みを持つマフィアのドンが彼らの居場所を特定し、殺し屋軍団を送り込むが……。
-「シネマトゥデイ」-

監督・製作・脚本
=リュック・ベッソン

製作総指揮
=マーティン・スコセッシ

出演
=ロバート・デ・ニーロ
=ミシェル・ファイファー
=トミー・リー・ジョーンズ
=ディアナ・アグロン
=ジョン・ディレオ
=ジミー・パルンボ
=ドメニク・ランバルドッツィ

「悪の法則」に、負けていない

前述のビックネーム3人にくわえ、ミシェル・
ファイファー
トミー・リー・ジョーンズと豪華な
顔ぶれですが、同日公開の『悪の法則』に
おされ気味で、ちょっと不安でした。

が結果、メチャクチャ大好きな作品でした。

今作は、「マフィア組織を裏切った元マフィアの男
とその家族が、組織の追手を逃れるためフランスに
移り住み、各地で問題をおこしてノルマンディーの
片田舎に流れ着く…
」というお話です。

もうこの家族がスゴイんです。

父親のフレッドは、茶目っ気たっぷりに暴行を
繰りかえすし、母親・マギーは気に入らない
近所の商店を顔色も変えずに爆破。

娘のベルは、腕っ節が強く勝ち気(しかも純情)
息子のウォレンは、いっけん幼いかとおもわせて、
なかなかタチの悪い不良。

と、愛犬のマラヴィータ(こちらも凶暴)、
完全に似たもの家族ですね。

そして、どうしようもないか?といえば全然
違って、すごく魅力的です、全員イケてます

しかも、結束力が半端なく、それがクライマックスへ
つながって行くのですが、それは後ほど。。。

ディアナ・アグロンに目が…

世代的にデニーロのかっこ良さが分からなかった
管理人ですが、この映画のデニーロは、大人の
魅力全開ですごく好きになってしまいました。

今作品中にもでてきた『グッドフェローズ』のクール
なマフィア役と、『世界にひとつのプレイブック』
見せた熱いオヤジキャラのちょうど中間といった感じ
でしょうか。

とくに、NY時代のフレッド(デニーロ)は
、かなりのイケメン
です。

あと、
ミッシェルもよかったし、ジョン・ディレオもよかった
けれど、やっぱり男ですからディアナ・アグロンに目が
釘付け…^^;

今作で初めて知った女優さんですが、華奢なタイプ
ではなく、しかも清楚でセクシー

彼女以外にこの役は考えられない、
大胆なラブシーンも品があってよかった

リュック・ベッソンの面目躍如

「ある些細な事がキッカケで、組織の
殺し屋達が、一挙に主人公家族が住む
ノルマンディーに押し寄せる。」

が、鉄の結束力で殺し屋達を家族全員で
「ぶっ潰す」
というか、「皆殺しに」

そして、また別の土地に去っていく…

クライマックスの派手なアクションシーンは、
リュック・ベッソンの得意技ですが、スムーズ
でテンポがよく
まとまっています。

全体を通しても、テンポがよくストーリーが進んで
いき、じつに時間が短く感じられました

ストーリーもシンプルでわかりやすいし、
映像もなんかオシャレ

適度な笑い+なかなか振りきったキャラ

実にバランスの良い
「もうホントに、見てよかった。」
そんな作品でした。

個人的に、こうゆうの好きなんでしょうね。
以上、「マラヴィータの感想」でした。

本日も最後までご覧頂きありがとうございます。

それではまた。

 

この記事と関連する記事