ラブ・アクチュアリー(映画)の感想・レビュー

クリスマスが近づくと見たくなる映画
人それぞれあると思います。

クリスマスを舞台にした映画は、
クリスマス気分を盛り上げてくれ
ますしね。

特に、恋人と見たい映画というと、
『ラブ・アクチュアリー』が管理人の
お勧めです。

19人の男女が織りなす恋愛模様を描いた
会話劇中心のストーリーですが、初めて見た
時は、その口説き文句のオンパレードに絶句
したほど…

私は、この映画を【最強のリア充映画】と
呼んでいます。^^

ラブ・アクチュアリー(love actualiy)

予告編はコチラ>>

監督
=リチャード・カーティス

出演
=アラン・リックマン、ビル・ナイ、コリン・ファース、
エマ・トンプソン、ヒュー・グラント、ローラ・リニー、
リーアム・ニーソン、キーラ・ナイトレイ他

2003年製作

気になる口コミレビュー・コメント!

  • 見終わると心があたたかくなって、幸せな気分に…誰かに愛を表現したくなるそんな映画。
  • 見る前は「ちょっと人数多すぎない?」とおもったが、いざ始まると年齢や人種、仕事や性別が多種多様なので「ワケがわからなくなってしまう」ようなこともなく、テンポよくエピソードがつながっていくのでその続きに興味が湧きます。
  • ところどころにイギリスっぽい洒落たジョークがちりばめられていて素敵でした。好きな人とみるのも、好きな人に贈るのにも絶対オススメ!

もっと詳しく見るならコチラ>>

「ラブ・アクチュアリー」の意味とは?

「ラブ・アクチュアリー」とは、
「実は愛は…」という意味。

「love actually is all around」
(実は愛はいたるところにある・・)
というナレーションで物語は幕を開けます。

心温まるエピソードから、サラッとしたエピソード、
ちょっとホロ苦いエピソードまで薄すぎず、それで
いて重すぎない、すごくバランスよくまとまっていて
その積み重ねからなのか、最後はグッときました

気がつくと登場人物の誰かと、自分を重ねて
しまっている
のではないか…とおもいます。

クリスマスの5週間前から始まるストーリー

クリスマスにカップルでみるにはピッタリなお話
ですが、内容は直接クリスマスとは関係が
あるわけではないのでいつみても大丈夫です。

あと、一人でみてプロポーズの会話を
練習
するのにもお勧めだとおもいます。

リア充の人も、非リア充の人もこの映画を
みれば、きっと心が温まるとおもいますよ。

 

 

この記事と関連する記事