七草粥の意味・由来とは?簡単な作り方レシピも…

せり・なずな、
ごぎょう・はこべら・ほとけのざ、
すずな・すずしろ、

これぞ、ななくさ

春の七草の超王道の覚え方ですが、
私もこの方法で覚えました。

短歌の語呂にのよさで暗記するという方法です。

しかし、意外にも結構覚えにくいという方も
なかにはいるようで、その場合は声にだして
何度も繰り返しいってみましょう

最初は手間取るのかもしれませんが、
一度覚えてしまえばわすれません

リスも春の七草が大好きみたいですね。

と…いきなり余談の連続から入ってしまいました。
あらためまして。

七草粥(ななくさがゆ)とは毎年1月7日
に春の七草の入ったお粥を食べ、 その年の
無病息災を願うという風習
ですが、(※本来は
1月7日の朝に食べるとよいとされています)

あなたはなぜ、七草を食べるのかご存知ですか?

今日は、七草がゆの意味・由来や作り方、
七草の効用などをご紹介します。

それでは、早速いってみましょう。

1月7日になぜ七草粥を食べるのか?

七草粥の由来は…
平安時代に、雪の下で芽吹く若菜の生命力を
取り入れる
ために、1月7日の朝に無病息災を
願って若菜を摘んで食べる風習がありました。

やがて、疫病の予防と邪気払いのおまじない
として普及しはじめ、現在の七草粥という行事
になったと言われています。

なぜ、1月7日なのか?
中国から伝わった五節句のひとつ、
『人日の節句』と関係していて、

中国には正月元旦から、1日毎にその日に
定められた 動物を殺さず、大切にするという
習慣があり、7日目の1月7日は「人の日」と
して、 人間を大切にする日
とされています。

七草粥を食べる意味とは?
その『人日の節句』の日に七草がゆを口に
すると「災いをさけ、長寿や富を得られる」

いう言われるようになりました。

また、七草粥には冬場に不足しがちの
ビタミンを補い、お正月などの食べ過ぎ、
飲み過ぎでつかれた胃を休すめる
という
実用的な意味合いもあります。

贅沢な食事にもそろそろ飽きる頃ですしね。
七草がゆ

七草の効用・薬効

続いては、七草それぞれにもつ
効能をご紹介します。

せり
鉄分や食物繊維が豊富で、貧血や便秘の
解消に効果がある。ビタミンも豊富ですよ。
なずな
止血効果や解熱効果があり、血圧を
下げる効果もある。また、目の充血を
軽減するともいわれています。
ごぎょう 
風邪の予防。(せきやのどの炎症に効果あり)
利尿作用があります。
はこべら 
栄養が豊富で、タンパク質やミネラルを含んでいる。
じつは、歯槽膿漏の予防になるそうです。
ほとけのざ 
食物繊維が豊富。食欲の増進や、
胃を丈夫にする効果がある。鎮痛
作用もあるようです。
すずな 
消化を促進させ、解熱効果がある。
ビタミンが豊富で肌に良いと言われ
ています。
すずしろ 
せき・たんを抑え、喉の痛みを軽減。
消化を助けたり、便秘の解消など
にも効果がある。

とにかく、身体に良いことは
間違いないでしょう。

七草粥の簡単な作り方

それでは、最後に七草粥の
カンタンなレシピを。

材料(2人分)
ご飯・・・1杯分
水・・・ご飯の3倍の量
塩・・・小さじ1杯
七草・・・適宜(青菜・大根・かぶ・
小松菜・水菜などを代用可)

 

  1. 鍋にご飯と水、塩を入れて火にかける。
  2. 煮だったら弱火にして10分ほど煮る。
  3. 細かく刻んだ七草を加える。
  4. ひと煮立ちさせてできあがり。

ね、簡単にできたでしょ。以上、
「七草粥の由来・意味とは?」でした。

最後までご覧いただきありがとうございます。
それでは。

この記事と関連する記事