口唇ヘルペスは市販薬で治る?感染の原因とは…

口唇ヘルペス…

放っておけば、大体の場合治るけど、その間がすごく気なりますよね。

口唇ヘルペスの絵

出典:大正製薬 http://www.taisho.co.jp/herpecia/

やってはいけない」と解っていても、ついつい気になってなめたり、カサブタを剥がしてしまったり…

…というか、ものを食べるとパックリ傷口が開いてしまって「痛いんですけど。。。」

 

この記事を読んでくれているあなたならわかるとおもいますが…

「すごくうっとうしい。」

しかし、最近になって口唇ヘルペスの市販薬 があることを知り、試しに使ってみたの ですが、なかなか効果があると思いましたのでご紹介します。

 

ヤッパリはやく治したいですからね。

 

 

 

口唇ヘルペスの症状をはやく治すには…

実は、最近までヘルペスの原因って、冬の空気の乾燥が原因で、クチビルの荒れが頂点に達したためにできるなんて大きな勘違いをしていました。

 

よって、治療といってもひたすら、リップクリームを塗る。当然、そんなのぜんぜん良くならないです。

子供の頃からできていた記憶があるので、かれこれ何十年。本当に、「物事の原因を知ることは大切だな」と軽いショックを味わいました^^;

 

実は、口唇ヘルペスも立派な病気。

病気である以上、病院でも見てもらえるようなのです。(当たり前か!)

ということは、薬もある。

 

。。。ですがまずは、口唇ヘルペスとはどのような病気なのかもっとキチンと知ることが必要。

そう思いましたので、そのあたりをまとめてみました。

 

口唇ヘルペスとは?(症状・原因・治療法)

口唇ヘルペスの症状

口唇ヘルペスの進行状況

出典:池田医院 http://www.ikeda-jibika.com/index.html

 

  1. 最初は口の周りに、ムズムズするような違和感・かゆみを感じます。
  2. その後、赤みのあるはれ(発赤)がみられ、
  3. 3日以内に5ミリ以下の水ぶくれが口の周りにでき、
  4. 水ぶくれが数日のうちに破れ、その後カサブタになります。

 

子供より、大人の方が重傷になりやすく、一度感染し発症すると、1年に1・2回程度の再発が起こりやすく、繰り返します。

 

口唇ヘルペスの原因

原因は、単純ヘルペスウィルスというウィルスによって感染します。

感染していても発病しないことも多いですが、かぜや発熱・ストレスや疲れなどが原因で免疫力が低下した際に多くの場合発症します。

普段は、体内に潜伏していて、危険を感じたら別の健康な身体に感染するために唇に顔をだす

エイリアンかっ!」っていいたくなりますが、よく出来ていますね、逆に感心してしまいました。

 

また、感染の原因・感染経路ですが、人との接触によって感染するようです。

キスなど、直接的な接触はもちろんですが、タオルや食器などを介しての感染もしますので、注意が必要。

といっても、感染しても何年も症状が出ないことがあるということなどもあって、予防がしにくいのが現状なのですが…

 

ヘルペスの治療

現代の医学では、潜伏しているヘルペスを治療することはできません

「完全に、ヘルペスを退治することができる薬を開発できたらノーベル賞。」と、僕にヘルペス菌の存在を教えてくれた友人は言っていました。

よって、治療は発症しているウィルスの増殖を抑えたり、症状を抑えることが目的になります。

それには「抗ヘルペスウィルス薬」という薬を、内服または塗布するのが有効です。

単純ヘルペスウィルスは感染力が強いので早めの治療が大切です。

 

口唇ヘルペスに効く市販薬

早めに治療することが最も効果的となると、何度も再発を繰り返す人は、薬を用意しておきたい。

ということで、市販薬も売っています。

以下は、近くのドラックストアに置いてあった市販薬です。

 

アラセナS(佐藤製薬)

アラセナS

出典:ケンコーコム http://www.rakuten.ne.jp/gold/kenkocom/index.html

 

 ヘルペシア(大正製薬)

ヘルペシアクリーム

出典:ケンコーコム http://www.rakuten.ne.jp/gold/kenkocom/index.html

 

 アクチビア(グラクソ・スミスクライン株式会社)

アクチビア軟膏

出典:ケンコーコム http://www.rakuten.ne.jp/gold/kenkocom/index.html

 

ただ、市販薬を買う際の注意点として、「医師の診断を受けたことのある人にしか販売できない」ようです。

理由は、「自分でヘルペスと判断することはムズカシイ」のと「初めての発症の場合は、薬の使用で症状が悪化することがある」ため。

受診は、歯科口腔外科/耳鼻咽喉科/皮膚科になります。

 

すぐに病院に行くのがちょっとめんどうだったので、私は抗炎症薬入だという【メンソレータム・メディカルリップ】で、少しの間ごまかすという奥の手も試してみましたが…まぁ、ただの気休め程度でした…^^;

 

で、市販薬の話に戻ります…私の場合はドラックストアの薬剤師さんに相談し、症状を見てもらって買いました。(毎年、発症するとつたえました。自己責任の領域になるそうですが…

あと、ヘルペシア(大正製薬)のHPに、セルフチェックシートというのがあるのので一度やってみるといいかも。

ちなみに、私は「アラセナS」という市販薬を勧められるままに購入し、しばらくつかってみたら結構はやく症状を抑えることができました。(もちろん、個人差あるとおもいます)

おかげで、今シーズンはなんとかなりそうですよ。

 

↓このような健康サプリも人気です。

⇒詳細はコチラから

 

以上、『口唇ヘルペスは市販薬で治る?感染の原因とは…』。。。でした。

 

 

 

この記事と関連する記事

コメントを残す

*