箱根駅伝 2014の予想と展望!今年の優勝候補は?

2014年の幕開けはヤッパリ箱根駅伝でしょ!

マラソンともひと味違う、駅伝独特の
興奮と感動
って一体なんなんでしょうね。

どうしても見ずにはいられないです。

ちなみ、第90年記念大会を祝い
こんなモニュメントも出来たようです。

大手町 箱根駅伝モニュメント
大手町のゴールにあるようですが、
グ○コのあのマークにしか見えないような…
(あっ!ポーズがちょっと違うのか。)

2014年の日程は、
往路-1月2日 AM8:00~スタート
復路-1月3日 AM8:00~スタート

となっています。

お見逃しないように!

まあ、ずっと見続けることは不可能ですが…
今年も熱いデットヒートを期待したいですね。

で、2014年箱根駅伝を応援するうえで、
頭に入れておきたいのが今年の有力校
はないでしょうか?

とりあえず、今年の中心となるチームを
知っておけば、レースを把握しやすい
ので、オススメです。

今回は、2014年の箱根駅伝の優勝候補校と、
レースの展望予想をご紹介します。

さて、今年はどこが強いんでしょうかね?

第90回箱根駅伝の予想と展望


1年の始まりはヤッパリこの曲!
身が引きしまります。

では、展望から

今年の箱根駅伝は、現在三大駅伝大会の
うち出雲・全日本を制し、三冠を狙っている
駒澤大に、東洋大・日体大が3強と見られて
います。

その3強につづく第2グループとしては、
スピードのある明治大、エース・大迫が
注目をあつめる早稲田大、選手層
の厚い青学大あたりでしょう。

このあたりが中心のレースになるのは、
間違いないですね。

優勝候補はココだ!

駒澤大学

今シーズン、
15年ぶりに出雲駅伝を制し、
全日本大学駅伝を3連覇。

箱根駅伝に勝てば、
史上4校目にとなる三冠達成

実は、事前の予想では評判は、
あまり高くはなかった駒大。

しかし、フタを開けてみれば、主力の成長と
新戦力の1年生が活躍しここまで圧倒的な強さ
を見せています。

箱根制覇の課題は、前2大会よりも
長い距離にどう対応してくるかどうかでしょう。

東洋大学

昨年2位の東洋大。

設楽啓太、悠太(4年生)の兄弟
ランナーを筆頭に、選手層は他のチーム
よりも頭ひとつ飛び出ている
という印象。

2011年度(2012)の箱根優勝後、
三大駅伝を5大会連続2位という雪辱
をどうしても晴らしたい。

山登り区間の5区への対応がカギ。

日本体育大学

前回大会で30年ぶりの優勝を
飾った日本体育大学。

優勝メンバー7人が残るチームも、
今シーズンは、主力である4年生
故障や不調がでて苦戦を強い
られてる様子

しかし、箱根前になって復調きざしをみせて
いるので期待できるんじゃないでしょうか。

前2チーム以上に山登り区間への
対応力が高い
と見られるので、箱根
との相性も良さそうです。

昨年の走りは見事でしたからね。

箱根駅伝

まとめ

さて、快進撃をつづける駒大の勢い
をとめることができる大学があらわれる
のでしょうか

個人的には、日体大に期待したい。

「今回もダークホースとして
優勝をかっさらうのでは?」

な~んて、予想の楽しみも尽きないですね。

この記事と関連する記事