お彼岸の意味・由来とは?今年の春のお彼岸・秋のお彼岸はいつ?

お彼岸って何をする日なのでしょう?
只々、昔の風習だと決めつけていませんか!

お彼岸ってお墓参りをする日だよね!

そう、でもなぜお彼岸にお墓参りをするんでしょう?
どうして、春と秋にお彼岸はやってくるんでしょう?
ヤッパリ、お彼岸にはお団子だよね??

朝日

そんな、
お彼岸にたいするちょっと気になること、
意味や由来、2014年のお彼岸の日取り
をまとめてみました。

お彼岸の意味・由来とは?

2014年のお彼岸はいつ?

お彼岸は年に2回、3月と9月にやってきます。

お彼岸の期間は、【春分の日】と【秋分の日】
を中心とした前後3日間の計7日間を指します。

お彼岸の始まりの日を「彼岸の入り」
終わりの日を「彼岸の明け」

さらにその中心である春分の日と秋分の日を
「中日(ちゅうにち)」とよびます。

具体的に説明すると…

2014年の春のお彼岸

2014年の「春分の日は3月21日」

3月18日(火)【彼岸の入り】
3月19日(水)
3月20日(木)
3月21日(金)【中日】
3月22日(土)
3月23日(日)
3月24日(月)【彼岸の明け】

2014年の秋のお彼岸

2014年の「秋分の日は9月23日」

9月20日(土)【彼岸の入り】
9月21日(日)
9月22日(月)
9月23日(火)【中日】
9月24日(水)
9月25日(木)
9月26日(金)【彼岸の明け】

お彼岸の日付に迷った時は、「春分の日」と
「秋分の日」で探してみてくださいね。

お彼岸とはどんな意味?

さてでは、お彼岸の言葉の意味ですが、

【彼岸】とは、サンスクリット語の
「paramita/パーラミター(波羅蜜多)」の漢訳、
「到彼岸」の略語といわれています。

【到彼岸】とは、文字通り「彼岸(煩悩を脱した
悟りの境地)」に「到る(至った)」と解釈され、

欲や煩悩にまみれた迷いの世界である
現実の世「此岸(しがん)」から脱却
して、悟りの世界「彼岸」に到達する事
そのために行う修行を指しています。

本来、ご先祖様に感謝ささげる中日以外の
日に、悟りの境地に達するのに必要な6つの徳・
「六波羅蜜」を1日に1つずつ修得する期間
彼岸であったようです。

お彼岸

お彼岸は何をするの?

お彼岸には、仏壇にその時期に咲いている
花にちなんで、ぼたもち(春・牡丹)
おはぎ(秋・萩)、団子などのお供え物をしたり、

先祖の供養をするためのお墓参り
するのが一般的な風習ですね。

ちなみに【ぼたもち】と【おはぎ】の違いは、
こしあん(ぼたもち)とつぶあん(おはぎ)
の違いだけのようです。

ちょっと、ビックリしましたが…

ただコレは、昔の小豆の保存上の理由によって、
春には固くなってしまった皮を取り除いたこしあん
を使わざるをえなかったことに由来しているようで、

保存技術が発達した現代ではあまり区別が
なく
なってしまいましたね。

牡丹の花 牡丹の花 萩の花萩の花

しかし、歴史上の違いを理解して、春にはこしあんの
ぼた餅
を、秋にはつぶあんのおはぎを意識してみる
のもいいかもしれません。

花の形もなんだか、お餅のイメージにあってませんか?

お彼岸の由来とは?

では、なぜ「春分の日」と「秋分の日が」
【お彼岸】になるのでしょうか?

春分と秋分は、ちょうど太陽が
真東から昇り、真西に沈む時期

仏教では西方に極楽浄土がある
考えられ、太陽が真西に沈むこれら
の時期が【此岸と彼岸が最も近づく
時期
】だといわれています。

真西に沈む太陽をみて、極楽に旅立った
故人のことをおもい、仏壇やお墓に手を
あわせていたのでしょう。

そこから、【お彼岸】の風習が生まれた
と考えられます。

彼岸は、日本独特の風習で、先祖供養
と仏教が結びついた行事です。

ご先祖様に手を合わせ、今行きている
自分自身とご先祖様のつながりを感じて
みる。

気持ちを切りかえ、明日への活力を
やしなう。そんないい機会ですね。

この記事と関連する記事

コメントを残す

*