節分の由来と意味とは!いわしと柊を飾るのはなぜ…?

2月3日は節分です。
あなたは豆まきをしたことがありますか?

最近「外に豆をまけない。大きな声を出せない」
など住宅環境の事情で、豆まきをしない家庭が
増えている
そうです。

しかし、手軽に実行できて楽しい行事ですので、
出来る範囲で子供たちにも経験させたいですよね。

CU165_L

今日は
節分の由来や意味、行事について
まとめてみました。

節分の由来・意味

節分の始まり

昔、都の貴族は立春の前の日に、
病気や災害といった【鬼(=悪いもの)】
をはらうために、「追儺(ついな)」という
行事を行っていました。

追儺とは、4つ目がある方相氏(ほうそうし)
という怖い顔のお麺をかぶって鬼を追いちらし、
さらに矢をうっておいはらうというものです。

この「鬼をはらう」という行事は、しだいに
町の人々にも伝わって、やがて「豆をまいて
鬼を追い出し、福を呼ぶ」
行事にかわって
いきました。

※方相氏のお麺が、鬼と間違われて
今のように、鬼のお麺をつける風習に
つながっていたと考えられています。

なぜ、大豆をまくのか?

大豆にはどんどん伸びて育っていく
強い力
があります。

そのため、魔物や毒に勝つ不思議な力、
「邪気をはらう霊力」がある植物であると
古くから信じられていたようです。

節分の意味

節分とは「季節が分かれるとき」という意味で、
本来は、春夏秋冬の分かれ目である立春、
立夏、立春、立冬の前日のこと
を指します。

現在では、旧暦で1年の始まりとなる立春の
前日を指す意味合い
が強くなっています。

それは、1年の始まりの日の前日、
いわゆる「おおみそか」的な特別な
意味合い
があり、

立春前日に、今までの厄を祓い、
これからの幸福を祈ったからでしょう。

節分には何をする?

焼嗅

豆まき

言わずと知れた、節分の代表行事ですね。

ご家庭でするには、一家の主人が「福は内、鬼は外」
と言いながら、煎った大豆をまき、最後に自分の歳の数
+1(自分の歳の数)の豆を食べる
とその1年病気に
ならないと言われています。

本格的な行事になると、年男(その年の干支の
生まれの男性)
が豆をまきます。

しかし、お麺をかぶった鬼(一家の主人?)
にむかって、子供たちが豆をまいているほうが
しっくりしますね

子供たちと一緒に楽しみましょう。

柊鰯(ひいらぎいわし)・やいかがし(焼い嗅がし)

僕が住んでいる地方では、あまり目にする
機会がなかったのですが、

柊の枝にいわしの頭を指したモノを、
節分の日に、家の入口に吊るして
おく
という風習です。

関東では柊鰯・関西ではやいかがしという
場合がおおいようです。

柊のするどいトゲを鬼が痛がり、いわしの臭い
匂いにビックリして鬼が逃げる
と考えられています。

恵方巻き

節分の日に、恵方(その年の干支に
もとづいて定められた方角)
むかって
願い事をしながら、無言で恵方巻きを
を食べると縁起が良い
とされています。

恵方巻きは七福神にちなんで、かんぴょう
やきゅうり、椎茸など、7種類の具材が入って
いる太巻き
です。

行事食についてはに地方によって
さまざまな違いがあるようですが、
代表的と思われるものをご紹介
しました。

他にも地方によって、けんちん汁(関東)
節分そば(年越しそばと同じ意味合い)
などが行事食とされています。

今年はぜひ豆まきを!

この記事と関連する記事

コメントを残す

*