ネクタイの結び方 動画で簡単に説明します!

ネクタイの結び方
久しぶりのスーツだから、忘れちゃった!」
はじめてのネクタイだから結び方がわからないよ!」

よくわかります、
僕もはじめてネクタイをした時は、同じでした。^^;

ネクタイの結び目

今日は、そんなお困りのあなたへ、
代表的なネクタイの結び方を動画を使って
まとめてみました。

コレでしっかりネクタイを結べますね。

代表的なネクタイの結び方・コツや特徴!

ネクタイ

結び方を選ぶ方法

これから現在代表的と言われている
ネクタイの結び方
をご紹介しますが、

まず、「どんな時にどんな結び方をすればいいのか?」

気になりますよね。

人によって好みはあるとおもいますが、
個人的な感覚からいえば、

ネクタイのデザイン・素材にあわせて
ノット(結び目)を変える

というのが一般的な考え方だとおもいます。

シチュエーションや好みで、ネクタイを選ぶ

ネクタイによって結び方を選ぶ

という流れがいいんじゃないでしょうか?

「どんなネクタイに、どの結び方があうのか?」
は、結び方と一緒にご紹介します。

代表的な結び方

プレーンノット

シングルノットの結び方出典:Hills Mens Club http://www.hills-club.com/

  1. 小剣の右から、大剣をまわし左手側にもってくる
  2. 大剣が小剣を一周させるように、右手側にまわす
  3. 首の周りにできた輪に大剣を通して、アゴのあたりまでもってくる
  4. そのまま、出来た輪に大剣を通しながら下へとおろす
  5. 形を整えて完成

基本中の基本の結び方です。

高校生や、新成人・新入社員の方は、
まずはココからおぼえるのが無難で
はないかとおもいます。

小さな結び目が特徴で、最近の流行である
細めのタイ(ナロータイ)に適しています。

もっともシンプルで簡単な結び方といわれていて、
オールマイティーな結び方なので、比較的どんな
ネクタイにもマッチします
が、

太めのタイや、高品質のシルクタイの場合は、
バランスがくずれるので、もっとボリュームのある
ノットのほうがいいとおもいます。

ダブルノット・トリプルノット

ダブルノットの結び方出典:Hills Mens Club http://www.hills-club.com/

  1. 小剣の右から、大剣をまわし左手側にもってくる
  2. もう一周(トリプルノットの場合は二周)、小剣に大剣をまく
  3. 首の周りにできた輪に大剣を通して、アゴのあたりまでもってくる
  4. そのまま、出来た輪に大剣を通しながら下へとおろす
  5. 形を整えて完成

プレーンノットよりも、ネクタイを回す回数が
1回多いのが、ダブルノット
です。

さらに、もう1回増やすとトリプルノットになります。

当然、
プレーンノットよりも少し結び目にボリューム感が出ます。

縦に長い結び目が特徴で、長さのあるネクタイや
生地が薄くて細めのネクタイ
に適しています。

太めのタイや、普通の長さのタイをダブルノットにすると、
結び目が大きくなりすぎるので気をつけましょう。

ウィンザーノット

ウインザーノットの結び方出典:Hills Mens Club http://www.hills-club.com/

  1. ネクタイを交差させ、大剣を右手側の下から首の周りをくぐらせそのまま左手側にもってくる
  2. 大剣を、首の周りにある輪を通して右手側へ移動させる
  3. 大剣を、首の左側の下から輪を通し、アゴのあたりまでもってくる
  4. そのまま、出来た輪に大剣を通しながら下へとおろす
  5. 形を整えて完成

ちょっと複雑ですので、練習が必要だとおもいますが
この結び方ができれば、どんなあらたまったシチュエーション
でも怖くないですね
。^^

フォーマルな場面によくあいます。

ボリューム感のある
幅広三角形の大きめの結び目が特徴です。

英国人の名前が付いているだけあり、
英国風の着こなしには必須。

高級なシルクタイや、ワイドな襟のシャツにあう
結び方で、結び目が左右対象になるように結ぶ
のがコツ
になります。

素材の薄い・長めの目のネクタイ
やってみてくださいね。

セミウィンザーノット

動画がちょっと早いですが、ウィンザーノットの動画も
参考にしてみてくださいね。

ハーフウィンザーノットの結び方出典:Hills Mens Club http://www.hills-club.com/

  1. ネクタイを交差させたあと、大剣を小剣の下を通して左手側にもってくる
  2. 大剣を、首の周りにある輪に、上から通す
  3. 大剣を右手側にもってきて、首の周りにある輪の下を通し、アゴのあたりまでもってくる
  4. そのまま、出来た輪に大剣を通しながら下へとおろす
  5. 形を整えて完成

ウィンザーノットを簡略化したような結び方で、
きれいな正三角形の結び目が特徴

ウィンザーノットより小さめで、プレーンノット
より大きめ
なので、衿型やノットの大きさ・形
など、バランスをみて取り入れるとカッコよく
決まり ます。

生地が薄く、細めのタイが適しています。

きれいなディンブルの作り方

ディンブルとは、結び目の下にできる
窪み(エクボ)のこと
です。

↓キレイにディンブルを作る方法はコチラ

キレイにディンブルができると、ネクタイに
立体感
ができて、よりいっそう着こなしが
カッコよくみえるのですが、

素材によって、ディンブルの出来やすさは
違ってきます。(上質なシルクはできやすい)

できにくい素材に無理やりディンブルをつくるより、
最初はあまり気にしないで、自然にできる窪み
に任せてみる
のがいいとおもいます。

それよりかっこ良くネクタイを着こなすのに
重要なのは、シャツのサイズの選び方

首周りのサイズや、肩幅のサイズがあっている
シャツを選ぶことにより、余計なシワなどができ
なくなりますので気をつけてみてくださいね。

この記事と関連する記事