ひな祭りの由来・意味を簡単に!なぜ桃の節句というのか?

3月3日は、桃の節句・ひな祭りですね。

ひな祭りといえば、ふたり並んだおひな様に、
ピンクがかわいい桃の花、彩りどりのひなあられ

でも、なぜひな人形を飾るんでしょうか?
なぜ女の子のお祭りになったのでしょう?
それと、なぜ桃の節句というのでしょう??

あわせ貝と立ち雛

今日は、ひな祭りの由来ついてまとめてみました。

ひな祭りの由来や意味


雨水(うすい)=空から降るものが
雪から雨に変わり、雪が溶け始める頃
です。
新暦二月十九日~三月四日(頃)

ひな祭りの始まりは…

昔の貴族たちは、木や紙でつくった簡単な
人形
に、身代わりとして病気や災いを持って
行ってくれるように
と願いをこめて、海や川に
流すという風習がありました。

いまでも【流しびな】という風習
続いているところがありますね。

その後、都の貴族の子供たちの間で、
人形で遊ぶことが流行り始めます。

これが【ひなあそび】とよばれるようになります。

人形もしだいに立派なものになっていき、
『上巳の節句』という中国の風習と結び
つき男女一対の人形が誕生して、部屋
に飾られる
ようなっていきました。

【ひな人形】の原型です。

やがて武士や町人の間にも人形を飾ることが
広まり、人形は女性の災いの身代わりになる
大事なもの
と考えられるようになりました。

そして、人形を飾って女の子の幸せを
願う【ひな祭り】
という行事になりました。

これが、ひな祭りの始まりです。

流し雛

なぜ桃の節句というのか?

ひな祭りは、『桃の節句』とも呼ばれます。

でも、桃の季節にはちょっと早い気がしませんか?

※ひな飾り用に売られている桃の花は、
だいたい温室などで育てられたもの。

桃の開花時期は、例年3月下旬から
4月上旬あたり
が目安とされていますが
じつは、旧暦でいうと3月3日あたり
なるんです。

新暦にかわっても、旧暦の日付のまま節句の日を
決めてしまった
ということらしいです。

桃の季節の節句だから、『桃の節句』ですね。

しかしもう一つ、大きな理由が…

それは、五節句のひとつ
『上巳の節句』に由来します。

『上巳の節句』とは、もともと中国の
習慣で、この日は、川で身を清め、
不浄をはらう日
とされていました。

桃にも昔から、「邪気をはらう力」があるとされて
いて、さまざまな神事などにつかわれていたので、
そのふたつが結びつき、

『上巳の節句』=『桃の節句』となったようです。

桃の花

う~ん、できるだけ簡単に書こうとしたのですが…
いかがだったでしょうか?

もうちょっとわかりやくす書きたかったな~。

この記事と関連する記事