映画リンカーン(ネタバレ注意)あらすじ・感想

映画「リンカーン」見てきました。

久しぶりにスピルバーグの映画をみたのですが
スピルバーグらしからぬ?かなり抑えた
悪く言うと地味な作品でしたが。

落ち着いたこんな映画もたまにはいいな
そんな映画です。

感想は、後半で…

 

映画「リンカーン」あらすじ

1865年1月、奴隷解放運動の賛否を巡って起こった
南北戦争が4年目に入り
アメリカでは多くの若者の命が奪われていた。

そんな中、大統領に再選されたエブラハム・リンカーン
自らの夢である奴隷解放を実現するためには
憲法の改正が必要であると考え
合衆国憲法修正第十三条」を議会で可決することを目指す。

しかし、戦争による疲弊によって
仲間内である共和党の議員のなかでも
南軍と和平し戦争を終結すべきだという声が強くなっていた。

南軍との和平は奴隷解放を諦めるに等しく
リンカーンは思い悩むが
全ての人間は自由であるべき
と信じ奴隷解放の意志を貫く。

党が割れて改正法案の可決が困難な状態の中
国務長官ウィリアム・スワードを介し議会工作を進め
敵対する民主党議員の切り崩しにかかる。

また家庭でも、リンカーンは問題を抱えていた。
長男のロバートが正義感から
母親であるメアリー・トッドの反対を押し切り
北軍に入隊してしまう。

すでに二人の息子を失っていた
メアリー・トッドは息子を戦場に送ることに反対し
立場上戦争を推し進める夫・リンカーンを責める。

リンカーンも息子には学生として
安全な人生を歩んでほしいと願っていたが
ただ見守るしかなかった。

そして1月25日、ついに下院議会に第十三条改正案を提出する

自分の理想のために失われていく命の尊さ
人間の尊厳と戦争終結の狭間で
人類の歴史を変える決断がくだされる。

映画「リンカーン」の感想=こんな風に年をとりたい

リンカーンという人について、今まではそれほど知らなかったし
(演説上手でユーモアがある…というくらいです^^;)
その時代については、どんなだったかほとんど知りませんでした。

だからなのか、議会の票を奪い合う
駆け引きの部分を描いた部分はちょっと難しく感じました。
リンカーンが奴隷を解放したという史実ぐらいは知っていたし…

ですので、映画を見終わって印象に残ったのは
リンカーンの存在感だけです。

全体的に静かで、かなり抑えた演技ですが、
ダニエル・デイ=ルイスのリンカーンは
かなり魅力的な人物でした。

それだけを見に映画館まで行くのもアリだとおもいました。
面白いとか、面白く無いとかではなく
この映画で描くリンカーンの人物像や生き方を
参考にして年を重ねて行きたい。
そんな映画でした。

あと、若い兵士たちが
リンカーンの演説を暗唱するところよかったです。
リンカーンといえば演説ですが
あの有名な演説も効果的に使われていました。

 

 

この記事と関連する記事