桜梅桃李の開花時期!春に旬の花木の見分け方わかりますか?

春になるといっせいに花を咲かせる花木たち。

最近、この手の話をしていると、
思い出すのは、ジブリ映画「かぐや姫の物語」

「鳥、虫、けもの、草木花~♪」

いやー、生きている実感を感じますね
春になると…

桜と富士

で、前から気になっていたのが、
春を代表する花木、桜・梅・桃・李(すもも)

 

なんだか見た目、似ていますよね?

すべて「バラ科サクラ属」の植物なので
似ているのも当然なのですが…..。

 

日本には桜梅桃李(おうばいとうり)
という言葉があります。

この言葉の意味は、イメージと逆で
4種類全てまとめてということではなく、

「それぞれの花にはその花、独自の味わいがある」
ということの例えといわれています…

そう、似てはいるけどそれぞれに味わいがあるんです。

 

そこで今日は…
桜梅桃李ぐらいは見分けることができるようになりたい!
日本人だもの!^^

というあなたに、
桜梅桃李の開花時期と見分け方をご紹介していきます。

春の花木、桜梅桃李の開花時期と見分け方

春の花木は、他にもたくさんありますよ~。

桜梅桃李、咲く順番は?

地方によって気象条件の違いや、品種の違い
よって、差はありますが、

一般的に、梅が一番早く咲き始め、
桃、李(すもも)がつづき、その後桜
という順番になります。

 

具体的には、

  • 梅 1月~4月頃
  • 桃 3月下旬~4月上旬頃
  • 李 3月下旬~4月上旬頃
  • 桜 3月中旬~5月中旬頃

開花の目安になります。

 

すももは白い花なので、まだわかりますが、
ほかの3種類はぜんぶピンクのカワイらしい
小さな花
が特徴です。

結構ゴッチャになる人が多いと思いますので、
続けてごらんください。

桜梅桃李、どうやって見分ける?

花のつき方と花びらの形の特徴を知ると
簡単に見分けることができると思います。

こちらも一般的な(品種によっては違いがあります
という条件付きですが特徴をまとめました。

 

では、違いを見て行きましょうか。

sakura

まず春を代表すると行っても過言ではない花、
桜からです。

上の写真のように花芽が房状についていて、
花数もおおくまとまって咲きます。

花柄(花を支える茎)が長いので
枝からこぼれるように咲くという表現が
ピッタリの花のつき方です。

逆に花が枝にくっついて咲いているものは、
「梅」「桃」と見分けることが出来ますね。

まずは、「桜」か「それ以外」に分ける
簡単に見分けることができるようになると
思います。
さくら

花びらは先端が割れているので、
桜だと解りやすいと思います。

ume

梅の花は、花柄がなく枝にくっつくように咲きます。

花芽は1節につき1つづつなので、他の花に比べ
ちょっと寂しい感じがしますが、枝に沿って並んで
咲いている姿は、また独特の風情ですね。

うめ

花びらは先端が丸いという特徴があります。

momo

桃の花は、花柄が短いというのが特徴です。

1節の真ん中に葉芽があり、その両側に2つの花
花芽をつけます。

1節の2つの花をつけるのと、葉っぱがあれば桃
覚えておけば、梅との違いは
わかりますね。

もも

花びらの先端が尖っているのが桃の花です。

李(すもも)

sumomo

すももは、他の花に比べ解りやすいですよね、
花びらが白いです。

ちなみに「すももも桃も桃の内」
という早口言葉がありますが、桃とは
ちがうサクラ属の種類です。

属の下である亜属レベルの違いで、
すももは梅と同じ亜属にふくまれるそうです。

桃に比べ酸味の強い実をつけるので、
「すもも」と呼ばれているみたいですよ。

スモモ

いっけん花の姿は桃に似ていますが、
花柄につく花は3個~5個ぐらいであったり
新芽の葉芽の折りたたまれかたが違っていたり
と微妙な違いがあります。

いかがでしょうか?
ここまでわかれば、今年の春が楽しみですね。

この記事と関連する記事