男性の浴衣の着方!温泉・花火…かっこ良く着こなすコツとは?

浴衣を買ったけど、どうやって着つけるんだっけ?
温泉で浴衣を着るんだけど…合わせって右が上
それとも左?・・・-o-;

って困っていませんか?

たしかに、慣れていないとムズカシイですよね、
浴衣をきるのって…

でも大丈夫!正しい浴衣の着方を
マスターすれば誰でもカッコよく浴衣を
着つけることなんて簡単
です。

今回は、温泉でも花火大会でも…
浴衣をカッコよく着こなす着方をご紹介します。

これで、大好きな彼女から
一目おかれるかもしれませんよ!

 

男性の浴衣!カッコよく着こなすには?

 

まずはじめに結論から!



浴衣をかっこよく着こなすコツは「基本通り着ること」
それに尽きると言い切ります。

 

最近では極端に胸をはだけたり、いろいろな
アレンジをくわえてみたりと、きちんと着ている人
のほうが少ない
とおもいませんか?

「伝統的な着物を着る時は、教科書通り着つける」

きちんと着ている男性のほうが品があって素敵(´ε` )♡
って、きっと周りの女性も思っていることでしょう。

浴衣にぞっこん

その他大勢との違い
ハッキリとでるポイントですからね。

 

では、基本的な浴衣の着方を説明しますね。

 

まずは着付けから

手順1. まず、肌着をきます。

 

汗を書きやすいので極力着るようにしてください。

汗を吸収しやすい素材で、襟元から
はみ出ないUネックのもの
がいいとおもいます。

着物を着用するときの下着となる「肌襦袢」の
夏用の素材のもの
があれば、ベストですね。

 

手順2. つづいて、浴衣に袖を通します。

 

この時、背縫い(背中の中心線)部分が真ん中に
きているか、両袖を軽くひいて長さを確認してください。
(左右同じぐらいになるように…)

 

手順3. 右の襟元を内側に入れて、左が上になるように
して丁度良いところに合わせます。

 

自分から見て左が上ですよ!

相手からみて右が前、コレを「右前」と
いいます。


「右手が胸元に入るように合わせる」
と覚えるとわかりやすいとおもいます。

 

逆に、左前(自分から見て右が上)はどんな理由が
あっても
絶対にしては行けません。

「左前は死装束」となりますし、めっちゃかっこ悪いですからね。

 

手順4. 腰紐(男締め)で固定します。

 

腰紐をまくときは、腰から下がしっかり
体に添うよう
に整えてください。

まず、左手で左腰の下に向けシワを伸ばし
その後全体にシワを伸ばせば着付け完了です。

襟は首に添わせ、後ろにもシワが行かないように
しっかりと伸ばしてくださいね。

その分、胸元は少しゆったりめに合わせても大丈夫です。

 

 

温泉旅館などの場合は、腰紐ではなく
帯をそのまま巻きます。

2重にして腰に巻き、結ぶ前に帯の下を
両端とも一度くぐらせ帯を外れにくくしてから
蝶々結びでいいとおもいます。

 

 

それ以外(お祭や花火大会など)で浴衣
切る場合はコチラの記事を参考にされると
いいと思います。
>>大人のきもの指南<<

 

次に角帯をまく

 

腰紐の上に、男性用の帯「角帯」を巻いていきます。

結び方は何種類かありますが、ほどけにくい「貝の口」
という結び方をまずおぼえるといいと思います。

 

ちょっと説明しづらいのでここは動画でごらんください
m(__)m

↓めっちゃ解りやすい動画を見つけました。

 

はじめは、ちょっと理解しづらいかもしれないですが、
くり返し見れば自分で全然結べますね

 

ここまで、きちんと着こなせたら
彼女や周り方の、あなたを見る目が
変わる
のは間違いありません。

いいですか、ポイントは「基本に忠実に」ですよ( ´ ▽ ` )b

 

 

この記事と関連する記事