映画「ポンペイ」のあらすじ!(ネタバレ注意)

今年の6月は、歴史物の映画がヤバイです!

6月7日から公開される映画「ポンペイ」
悲劇の街が舞台の映画らしいけど…
どんな映画なのでしょうね(*´∀`*)

一足先に簡単なあらすじをご紹介します。

 

 

・注意!
できるだけネタバレしないようにしていますが、
ストーリーを追っていきますので、ネタバレに
なると感じる方もいます^^;

心配な方は、このページを読む前に原作や
映画をお楽しみいただくことを強くお勧めします。

 

「ポンペイ」のあらすじ

 

 

 

古代ローマ時代、ローマ兵がケルト騎馬民族の村を襲い、
少年・マイロただ1人をのこし一族は皆殺しにされる。

マイロは奇跡的に救われるが、奴隷商人につかまってしまう

それから17年ののち、有能な剣闘士となっていたマイロは、
その腕をかわれ、ベスビオ山麓の大都市ポンペイのコロシアム
向かうことに…

その途中、高貴な家の令嬢カッシアと出会い、
お互いに通じ合うものを感じる

 

主人公・マイロを演じるのは英国演劇界期待の
若手俳優キット・ハリントン

ヒロイン・カッシアにはオーストラリア出身の
エミリー・ブラウニング

正直、この2人の出演作はみたことがないですが、
古代ローマ系の衣装がすごく似あっていて、
この先人気がでてきそうです、注目ですよ!

 

theater-105573_640

留学先のローマからポンペイに帰ってきたカッシアは、
元老院議員・コルヴスがポンペイに視察にきている
事を知ってガク然とする。

コルヴスは、カッシアを追いかけてきたことをさとったのだ。

 

その時…大きな地震が起こり、カッシアの愛馬が暴れる。

その馬を抑えたのは、
奴隷としてその場にいあわせたマイロであった。

彼はカッシアを馬にのせたまま外に飛び出し、
満天の星空の下2人は恋に落ちる

 

敵役のコルヴスには、みんな大好き
キーファー・サザーランド

24 -TWENTY FOUR-シリーズのジャック・バウアー
もいいけど…個人的にキーファーといえば「ヤングガン」
シリーズのドク・スカーロック。

西部劇の超名作で、VHS時代に何回もみたんですが
DVDなかなかレンタルしてないです…って、古い話っすね^^;

 

やがて捕まってしまったマイロはムチ打ちの刑になるが、
それを命じるコルヴスをみて、彼こそ一族を皆殺しにした
張本人だと気がつく

翌日の、コロシアムで闘技はいつもとは違っていた。

まるでそれは闘技という名の公開処刑のようだった。

コルヴスの命により、数十人のローマ兵が
数人の剣闘士にいっせいに襲いかかったのだ。

さらにコルヴスはカッシアを館に幽閉してしまう…

 

今回の映画の見どころは、火山の噴火や古代ローマ
のセット、アクション
なんかだとおもいますが、

個人的には、恋愛ロマンスの部分でも
グッと来るものを期待したいところ

あらすじを見てみると、
その辺はけっこう期待できそうな内容です

 

万事休すかと思ったその時、ベスビオ火山の大噴火が始まり
大地震とともに灼熱の火砕流がポンペイの街を飲み込んでいく。

天高く噴き上がる黒煙のなか
幽閉されているカッシアを助けるに向かうマイロ

それを阻止するコルヴス

果たして、マイロとカッシアの愛の結末は?
マイロはコルヴスの因縁の結果は?

 

ということで、映画「ポンペイ」は
2014年6月7日(土)全国公開です。

この記事と関連する記事