godzillaゴジラ 2014のあらすじ!(ネタバレ注意)

ハリウッド2014年版のゴジラ(godzilla)って面白いの?
怪獣映画ってけっこう微妙じゃない。。。

ってすごく気になりますよね。

じつは僕もゴジラ映画初心者なので、気になっていたんですが、
今回あらすじを読んでみて結構楽しみになってきました。
今日は2014年度版「godzilla」のあらすじをご紹介します。

 

・注意!
できるだけネタバレしないようにしていますが、
ストーリーを追っていきますので、ネタバレに
なると感じる方もいます^^;

心配な方は、このページを読む前に原作や
映画をお楽しみいただくことを強くお勧めします。

 

godzilla(ゴジラ)のあらすじ

 

映画 ゴジラ Godzilla 2014 ポスター 約90x60cm アーロン テイラー ジョンソン 渡辺謙  【並行輸入品】

 

1999年、フィリピンで放射能濃度が急激に上昇し
大規模な陥没がおきるという事件が起こる。

現地に調査にむかった研究機関モナークの芹沢博士
助手のグレアム博士は、地中に埋まっていたとみられる
化石化した巨大な骨と胞子のようなものをみつける。

そこから何かが蘇り、海中に逃げだしたかのような痕跡がある。

 

また、日本の原発がある街・ジャンジーラでは、
正体不明の周波数が地中にあらわれ、大きな揺れが街をおそう。

緊急避難のサイレンが響くなか、
発電所に勤務していた科学者ジョーとサンドラの夫妻は
避難しようとするが、サンドラは放射能拡散防止のため犠牲になり、
ジョーは妻が命を落とすのを目の当たりにする。

そしてその後、街は退避勧告がしかれる地区となった

 

渡辺謙さん演じる「芹沢猪四郎」博士の名前は、
オリジナル版(1954)「ゴジラ」に登場した科学者「芹沢大輔」と、
監督であった本多猪四郎を組み合わせたオマージュになっています。

 

2014年、ジョーの息子フォードは米軍の爆発物処理班に入り、
幸せな家庭を築いていたが、突然日本領事館からの連絡が入り
父親を迎えに行くため日本に向かう

ジョーは、15年前の惨劇は地震が原因ではなく、
異常な振動の発生によるものだと考え、証拠をつかもうと
出入り禁止地区へ侵入しようとして捕まったのだ。

父にあったフォードは、その熱意に負け2人で
かつて実家があった場所にデータを回収にむかうが、
パトロール隊につかまってしまう。

しかし、
2人はこの地域の大気が汚染されていないことに気づく。


そういえば…予告編ご覧になりましたか?

映像がすごいっす。

いっきににわかゴジラファンになってしまいましたよ~^^

 

 

 

連行されるなか2人は、
原発跡にたてられたモナークの研究機関を目にする。

その中には巨大なサナギのような生命体が放射能を
取り込み成長している姿が隠されていた。

そして、現場でそれを監視していたのが芹沢博士だった。

 

芹沢博士は、
ジョーのもっていた異常な周波数のデータをみて驚いた。

なぜなら、今まさにそれと同じ周波数が記録されているからだ。

そしてその時、
昆虫型巨大生物・ムートーがサナギから出現する。

 

絶望的な状況のなか、芹沢博士は巨大生物”ゴジラ”
の復活
を信じ続けます。

ゴジラとは…

地球が現在の放射能でおおわれていた
古代に生息していた巨大生物

核実験が相ついで行われていた1950年代に、
深海からよみがえり、軍の攻撃により行方不明
なっている伝説の巨大生物。

らしいです…ということは、
「恐竜のような存在?」っとゴジラビギナーの管理人は
おもってしまったのですが、恐竜にしてはゴツすぎませんか?

まっいいや、先を続けます^^

 

 

羽をもったムートーは沖に向かって飛び立ち東にむかう。

フォードは空母サトラガに乗船し、
米軍と合流した芹沢博士に協力することになる。

 

原発を襲ったムートーはホノルルに上陸する。

その時ワイキキに大きな波が押し寄せ、
よみがえったゴジラが姿をあらわす

世界の命運をはらんだ巨大生物達の戦いの行方は、
アメリカ・サンフランシスコへ…

7月25日(金)全国公開楽しみデス。

この記事と関連する記事