マレフィセントのあらすじ!(ネタバレ注意)

悪役目線で描かれるディズニーの名作「眠れる森の美女」、
映画「マレフィセント」のあらすじをいち早くキャッチ!

なんだか気の抜ける主演アンジェリーナ・ジョリーの
特殊メイク(というか髪型)もなんのその、かなり深い内容のストーリー
仕上がっているようですよ。

大ヒット「アナ雪」にも通ずる…新しいディズニー、要チェックですね。

 

 

 

・注意!
ネタバレの内容を含んでいます。

心配な方は、このページを読む前に原作や
映画をお楽しみいただくことを強くお勧めします。

 

映画「マレフィセント」のあらすじ

 

ポスター アクリルフォトスタンド入り A4 パターンC マレフィセント 光沢プリント

 

背中に大きな翼をもつ、
木の妖精マレフィセントは無邪気で明るい女の子。

ある日マレフィセントは、妖精の世界に入り込んでしまった
人間の少年ステファンと出会う

孤独な境遇であったふたりは、やがて恋に落ちる

 

原作にはない冒頭のパートですが…
このパートがこの映画を通しての最大のポイントになります。

無邪気で明るいマレフィセントがなぜ…
悪役になってしまったのか、涙無くしては見られません

 

 

その後、時はながれ…人間の王国
一国の王様になったステファンは娘を授かる

そのロイヤルベビーはオーロラ姫と名付けられた

誕生祭には、多くの招待客がまねかれ、
3人の妖精たちがオーロラ姫に祝福の魔法をかけていく。

 

ひとり目の妖精は美しさを、ふたり目の妖精は
「悲しみのない人生」をオーロラ姫にあたえるが…

そのとき、招かれざる客が訪れる。

それは、”邪悪な妖精”に変わってしまった
マレフィセント
であった。

 

マレフィセントは、オーロラ姫に
「16歳の誕生日の日没までに、永遠の眠りにつく」
という恐ろしい呪いをかける。

呪いを避けるためにオーロラ姫は素性をかくし、
3人の妖精に森で育てられることになる。

 

この辺りは、原作「眠れる森の美女」のストーリー
どうりという感じですね。

ディズニーファンでなくても、
多くの人が知っているであろう超メジャーな物語ですよね。

 

実写とアニメの比較動画をみると、
映像もなかなかこっているのがわかります。

 

森の小屋で、3人の妖精たちに育てられたオーロラ姫は、
自然を愛し、やさしい心をもつ、とても美しい娘に成長する。

その様子を影から見守るのは、あのマレフィセントであった。

マレフィセントのまなざしにはなぜか、憎しみだけでなく
温かい感情すら宿っているように感じられる…

しかし、それでも彼女がオーロラ姫にかけた呪い
解かれたわけではなかった。

 

たびたび、オーロラ姫のまえに姿をあらわすマレフィセント。
そのウラにはどんな感情を抱えているのでしょうか?

 

で…ここでネタバレをひとつ…
なぜマレフィセントは”邪悪な妖精”になってしまったのか?

もう、うすうす感づいていらっしゃるかたもいるでしょうが…
元恋人ステファン王の裏切りによってです。

ステファンは王位を手にするために、
マレフィセントの翼をもぎとり、堕天使にかえてしまったのでした。

ということで、本作品はオーロラ姫の父親、
ステファン王が作品を通しての悪役として描かれています。

 

呪いを解く方法はただひとつ…「真実の愛のキスを受けること」

16歳の誕生日が近づくなか、
オーロラ姫は隣国の王子あるフィリップと出会い
淡い恋心をおぼえる。

しかし、呪いが成就する瞬間がやってくる

 

オーロラの運命は?
そして、マレフィセントの隠された思いとは…?

 

原作と「大きくかけ離れた物語」となっている本作ですが…
結末もなかなか考えられた終り方です。

ディズニーの前作「アナと雪の女王」に通ずるエンディングですので、
アナ雪ファンにもぜひ見ていただいきたいです。

今までの固定観念をくつがえす…
と言わざるをえない裏切りっぷりでした。

結末のあらすじに関する記事はぜひブログをご覧ください。
↓ガッツリ、ネタバレになってしまいますのでさらに注意が必要です
マレフィセントのネタバレ!映画の結末は…?

 

この映画…「真実の愛」というのがポイントになりそうです。

 

公開は7月5日(土)
ぜひ劇場で…^^

 

予習するなら、ディズニーアニメ版「眠れる森の美女」がオススメです。

この記事と関連する記事