アカデミー賞2015ノミネート・監督賞を予想!!

2015年のアカデミー・監督賞ノミネート候補、
とオスカー受賞を予想してみました!

アカデミーの監督賞といえば、
その年のハリウッドで1番認められた監督が手にする称号

作品賞や俳優賞にくらべて、チョット影が薄いかも。。。
なんて思っていませんか?

たまには世間で認められている監督の過去作でも見て、
新しい映画体験をしてみるのもいいかもしれませんよ~。

 

 

アカデミー賞2015 監督賞ノミネート候補は?

一般的に混同されやすい「作品賞」と「監督賞」

なにがちがうの?…というと、

「作品賞」は企画から、監督・脚本の選出、スタッフや
スポンサーなどをつかさどるプロデューサーに与えられる賞
「監督賞」は文字どおり撮影現場を仕切る監督個人に与えられる賞

といったらわかりやすいでしょうか。

「監督賞」その年1番良い仕事をしたと認められた
映画監督におくられる賞
ということですね。

では今年の監督賞ノミネート候補を見てみましょう!

————————————————————-
・リチャード・リンクレーター
『6才のボクが、大人になるまで。』
・アレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥ
『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ軌跡)』
・ベネット・ミラー
『フォックスキャッチャー』
・デヴィット・フィンチャー
『ゴーンガール』
・クリストファー・ノーラン
『インターステラー』
・ジェームズ・マーシュ
『博士と彼女のセオリー』
・モルテン・ティルドゥム
『イミテーションゲーム/エニグマと天才数学者の秘密』
・アヴァ・デュヴァーネー
『セルマ』
・アンジェリーナ・ジョリー
『アンブロークン』
————————————————————-

元オリンピック選手から第二次世界大戦で、
日本軍の捕虜になったルイス・ザンペリネの
生涯をえがいた『アンブロークン』

女優・アンジェリーナ・ジョリーの監督作として、
監督賞ノミネートに注目があつまりますが。

ゴールデングローブ賞での結果(ノミネート数0)
をみるかぎり、まだチョット早いという印象ですね。
今後に期待というところです。

作品をまだ観ていないのでなんともいえませんが・・・-o-;

 

 

個人的な監督賞のイチオシは、
『6才のボクが、大人になるまで。』
リチャード・リンクレーター監督です。

前作、1組のカップルの恋愛物語を、
9年後ごとに同一人物で撮影した

『ビフォア・サンライズ 恋人までの距離~』
『ビフォア・サンセット』
『ビフォア・ミッドナイト』

の恋愛映画の金字塔ともいわれる全3部作だけでも驚いたのに、

その裏では、12年間同じキャストで撮影し
それを1本の映画にするという離れ業
を隠していたとは。。。

他にこんな仕事ができる人なんて想像できませんよ。

『ビフォア』シリーズとまとめて、
監督賞をあげてください^^

 

と。。。いうことで監督賞予想は、
独断で『6才の~』リチャード・リンクレーター監督

 

以上!
『アカデミー賞2015ノミネート・監督賞を予想!!』
…でした。

 

 

この記事と関連する記事

コメントを残す

*