北陸新幹線の料金に往復割引は?ネット予約でお値打ちに!

2015年3月14日より、長野~金沢間の運行が始まる
北陸新幹線に往復割引料金の設定はあるんでしょうか?

やっぱり気になりますね。

仕事や観光などで利用する場合、
帰りの手段を事前に確保しておくのは便利ですし
割引が適用されれば、懐にも優しくなりますしね。

ということで、
北陸新幹線の往復割引について調べてみました^^

 

※注意!
ちなみに、東京~金沢間を想定した記事になります。
関西や東海地方からの往復きっぷは取り上げていません。

 

 

 

北陸新幹線の料金に往復割引適用は?

結論から言いますと。。。

現在(2015年2月)のところ、
一般向けの往復割引についてはまだ発表されていません

既存の在来線との乗り換え、経由駅が変更になる都合上、
発売できないのが現状のようです。

おそらく将来的には売りだされることが予想されますが、
運行開始直後は相当の人気チケットとなりそうですので
まだまだ時間もかかりそうです。

 

北陸新幹線に料金割引で乗車するには?

では、ほかの割引はないのでしょうか?

現在、発売されている「北陸フリー乗車券」や
「回数券」なども廃止
されるようで、
なかなか強気な姿勢を見せているJRですが、

ネット申込みのJR西日本の「e5489ネット」
JR東日本の「えきねっと」を使えば割引料金が適用されます。

 

また、JR東日本の『大人の休日倶楽部』限定で、

北陸新幹線で往復できる「北陸フリー切符」なるものが存在し
利用期間は限定されますが4日間乗り降りが自由で、
東京圏から出発であれば22,000円と言うものもあります。

まあ、会員になる必要があるし、
年齢によるしばりもあるので万人受けではないですが、
該当する場合は有効な選択肢になりますね。

 

 

北陸新幹線はネット予約でお値打ちに!

北陸新幹線はネット予約割引で。。。
というのがやっぱり一般的になりそうですので
予約の方法について簡単に注意点を!

 

北陸新幹線の料金は東京~金沢間で指定席で14,120円

JR西日本『e5489ネット』の場合、インターネットで会員登録をし、
前日までに予約をすれば通常のクレジットカード会員であっても
Web早特1の割引きで指定席の価格が片道12,700円になります。

往復キップの予約も可能です。

J-WEST会員であれば、当日であっても乗車可能な『eキップ』、
e早得1でより柔軟に、より安くご利用できます。

登録は携帯電話やパソコンで手軽におこなう事が可能です。

ただし、一般のクレジットカードでの登録の場合手続きに
時間がかかる場合がある
ので注意が必要ですので注意してくださいね。

 

JR東日本『えきねっと』の場合は、
登録が簡単なJR東日本提携のViewカードで、
運賃が1割引きとなります。

 

双方とも指定席券売機で
予約した乗車券・特急券を受け取る形になります。

こうやってみると往復割引はまだ多くありませんが、
利用の仕方次第でお得に利用できると言えますね。

 

最後に...

距離に換算した場合、東京から金沢までは450,5Km

在来線の特急に乗り換えでは
4時間以上かかっていた距離が、2時間近くの時間が短縮になり、
北陸新幹線に乗れば、東京から金沢まで2時間28分です。

距離としては東京、大阪間の方が遠いのですが、
新幹線のぞみの指定席を取って大阪に直行した場合の
時間が2時間35分ですから、時間の感覚としてはかなり近い物があります。

より北陸地方が身近になると言うのは間違いありませんね。

 

個人的には、「雪の中を走る北陸新幹線に乗ってみたいな~。」
と今から妄想しています^^

 

▼関連記事はコチラ!▼
⇒北陸新幹線の料金 グランクラスってどんな感じ

⇒北陸新幹線 ルート地図と各駅の所要時間!

 

 

この記事と関連する記事

コメントを残す

*