ワイルドスピード 動画をフルで無料視聴!シリーズ完全制覇なるか?


出典:http://travis67.ti-da.net

 

大人気アクション映画シリーズ「ワイルドスピード」。

第8作目となる「ワイルド・スピード ICE BREAK(アイスブレイク)」も大ヒットしましたね。

 

さらに第9作目の製作も始まっているということで、まだまだワイスピは楽しませてくれそうです^^

このシリーズが大好きな当サイト管理人も最新作を待ちわびています

 

そんな最新作をまえに、前作までの「ワイルド・スピード」シリーズを動画で探している方も多いのではないでしょうか?

。。。できれば、ぜんぶ無料で・・・-O-;

 

そこで今回は、映画「ワイルド・スピード」シリーズ全部まとめて、動画で無料視聴する方法をご紹介します。

 

 

 

ちなみに「無料」。。。というと、画質が荒く、画像の比率がおかしかったり、いったい何語なのかわからない字幕がついていたりする違法な動画を連想しがちですが、

こちらでご紹介している方法は100%合法な方法です。

コンピューターウィルスなども心配ですので安全面からも、違法な動画などは利用しないようにしてくださいね

ドミニクからのお願いです。。。ウソです^^


 

 

 

ワイルドスピード・シリーズを無料でみることは可能か?

で、結論から言いますと、

「ワイルド・スピード」シリーズは、8作まとめてCD・DVDで有名なツタヤさんが運営する動画配信サービス【TSUTAYA TV】の無料お試しトライアルで無料視聴できます。

 

⇒【ツタヤ】30日間無料トライアルはこちらをクリック!

 

 

-【TSUTAYA TV】で配信している「ワイルド・スピード」シリーズ-

『ワイルド・スピード』(01)
『ワイルド・スピードX2』(03)
『ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT』(06)
『ワイルド・スピードMAX』(09)
『ワイルド・スピードMEGA MAX』(11)
『ワイルド・スピード EURO MISSION』(13)
(上記6作品は見放題)

『ワイルド・スピード SKY MISSON』(2015年)
『ワイルド・スピード ICE BREAK』(2017年)
(上記2作品は各324円~)

※日本語字幕・吹き替えともに配信中です。

 

 

 

そんな【TSUTAYA TV】では、只今無料お試しキャンペーン実施中!

いま【TSUTAYA TV】の無料お試しキャンペーンに登録すると、もれなく2つの特典がプレゼントされます。

 

その特典とは、

・30日間無料で動画が見放題!(新作などは対象外)
・新作・人気作が視聴可能な1,080円分の無料ポイント

。。。というもの。

 

【TSUTAYA TV】の「ワイルド・スピード」シリーズは8作すべて観ても648円

無料でもらえる1,080円分のポイントを利用することで、シリーズまとめて実質無料で視聴することができますね。

この機会に「ワイルド・スピード」シリーズをまとめて楽しんでみてはいかがですか?

 

 

以上、「ワイルドスピード 動画をフルで無料視聴!シリーズ完全制覇なるか? 」。。。でした。

 

⇒無料で「ワイルド・スピード」シリーズをみる

 

 

本ページの情報は2018年10月時点のものとなります。

 

最新の情報は【TSUTAYA TV】の公式サイトにてご確認下さい。

 

 

 

 

ワイルドスピードシリーズを簡単に紹介!

ここからは、簡単にワイルドスピードシリーズの見どころを、簡単にまとまてみました。

「あぁ、こんな感じだった」となんとなく思い出してもらえれば幸いです^^

 

ワイルドスピード(2001年)

この頃のポール・ウォーカーはやっぱりカッコよすぎですね。

調子に乗っていた管理人は、一時期髪型を真似していたことを思い出し、かなり赤面してしまいますが、今となってはいい思い出です。

旬なヴィン・ディーゼルとポール・ウォーカーをみるだけでも価値がある作品だとおもいます。

ストリートレース(レースウォー)の凄腕ドライバー・ドミニク(ヴィン・ディーゼル)と、潜入捜査官ブライアン(ポール・ウォーカー)との出会い。シリーズの始まりとなります。

改造日本車がLAの街を走り回るという、斬新さにとてもおどろきましたが、青春モノの映画としても良く出来ているとおもいます。

個人的には、ブライアンとミア(ジョーダナ・ブリュースター)のツナサンドシーンと、ホームパーティーのシーンがとても印象に残っています

 

ワイルドスピードX2 (2003年)

ヴィン・ディーゼルが欠場とあって、シリーズの中ではかなり扱いが地味ですが、いまもシリーズにかかせないタイリース(ローマン・ピアース)とテズ(リュダクリス)といったファミリーの初登場。

ファンなら絶対にみておきたい作品ですね。

ストーリー的にも、車をつかった強奪ミッションモノの要素が強くなっていますので、ワイスピらしいといえばワイスピらしいですよね。

馴染みのある日本車が大活躍するし、なにより舞台がマイアミとあって、なんだか明るく勢いで盛り上がっていけますよ^^

 

ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT(2006年)

前作までとは打って変わって日本が舞台。主人公も「東京に転校してきたアメリカ人高校生」に。。。

ちょっと前までは、トンデモ映画扱いでちょっと物笑いのネタとも思われていたような作品ですが、

第6作「ユーロミッション」からの大胆な飛躍と、謎の登場人物だったハン(サン・カン)というキャラクターの人気で、このシリーズの伝説といってもいいかもしれなくなってしまいました

東京を舞台にしたレースシーンは一見の価値アリです。

いまも大活躍している妻夫木聡さんや北川景子さん、真木よう子さんといった日本人俳優の方たちの初々しい姿もみられます。

 

ワイルド・スピード MAX(2009)

ヴィン・ディーゼル、ポール・ウォーカーほかファミリーの復活となり、今シリーズの人気を決定づけるきっかけとなった第4作目

ついに本気になったのか、この作品からアクションのレベルが一気に上がったような気がします

 

また、ドミニカ共和国からはじまり、ロサンゼルス、メキシコとワールドワイドな展開が始まるのもこの作品からとなります。

冒頭のトレーラー強奪をかわきりに、純粋なカーアクションという面では、シリーズでもトップクラスだとおもいます。

シリーズ仕切り直しとして、めいいっぱい力が入っている渾身の作品です。

▼この曲も印象的です。。。

ジゼル(ガル・ガドット)は今作品で初登場。今作では完全にセクシー担当といいてもいいかも。。。衣装に注目です^^;

そしてラストシーンは、5作目「MEGA MAX」へつながります。

 

 

ワイルド・スピード MEGA MAX(2011)

4作目「MAX」のラストシーンからつながるあるアクションで、晴れて(?)おたずね者となったブライアンとミア。そしてもともとおたずね者のドミニク。

今度は舞台をブラジルに移します。

そして3人を追ってきた最強の捜査官ホブス(ドウェイン・ジョンソン)の登場。

そんな中リオデジャネイロの悪徳実業家の闇金を強奪するために、これまでシリーズに登場した凄腕の仲間たちを招集

序盤の「列車+高級車+荒野」というなんとも興奮するアクションシーンから、シリーズオールスターの集結と、「MEGA MAX」のなに恥じない豪華な作品は、やっぱり最高に楽しいシリーズです。

 

ワイルド・スピード EURO MISSION(2013年)

6作目は大西洋を飛び越え、舞台はヨーロッパに

敵も元エリート軍人と、なかなかの苦戦をしいれるファミリーたち。

アクションもどんどんエスカレートしていきますが、見どころはやはりクライマックスの滑走路アクション。

そしてストーリー終盤でのどんでん返しと。。。今作もサービス精神いっぱいのエンターテイメント大作に仕上がっています。


個人的にツボだったこの車の活躍にも期待してくださいね。(何ていう名前の車なんだろう?)

 

ワイルド・スピード SKY MISSION(2015年)

そしてブライアン役のポール・ウォーカーの死去によって思わぬ展開をみせた「スカイミッション」。

世界中のあらゆる情報にアクセスできる監視システムを奪還するため、こんどは空から難攻不落の中東アゼルバイジャン山中に奇襲をかけることになるファミリー一行。

もうアクションについてはもうキレッキレで、何の文句もなく楽しめますが、この作品の最大の魅力はほかにあります

コレ以上はネタバレになりそうですので、ぜひご自分の目で確かめてみてくださいね^^

特にシリーズ通して見た後だと、最高に楽しめるエンディングだととおもいます。

 

⇒「ワイルド・スピード」シリーズを無料でみる

 

 

最新作『ワイルド・スピード ICE BREAK』はどうなる?

シリーズ第8作目『ICE BREAK』

ICE BREAK(アイス ブレイク)というだけあって、今回の1番の見せ場は凍てつく氷の大地アイスランド

ほかにもニューヨークやキューバなども渡り歩くようです。

前作『SKY MISSON』でも「ここまでやるか」というほどのバカバカしい(いい意味で)【空とクルマ】をつかったアクションを見せてくれただけに今回もやっぱり期待しますね。

というか、「↑予告であそこまで見せて大丈夫なんでしょうか」っと勝手に心配すらしてしまいますが。。。

 

 

前作で無類の強さを見せたデッカード・ショウ(ジェイソン・ステイサム)のほか、新たな敵役として「マッドマックス 怒りのデスロード」での名演も記憶に新しいシャーリーズ・セロンが参戦。

監督も新たに「ストレイト・アウタ・コンプトン」のF・ゲイリー・グレイにチェンジしています。

「マッドマックス 怒りのデスロード」も「ストレイト・アウタ・コンプトン」も大好きな作品なのでまたまた期待がふくらみます。

 

また主人公ドミニクの脇を固めるおなじみのメンバーやホブスも健在

前作でブライアンが引退してしまったあと、物語的にどんな風に展開していくのか心配していましたが、なんとドムが裏切り。。。?

 

妻子のしあわせのために、ブライアンがファミリーたちと別々の道を歩むことになった前作「スカイミッション」での感動のフィナーレ

さらにその後を描くまさにシリーズの仕切り直し、再出発にあたる「アイスブレイク」

 

予告を見る限りですが、シャーリーズ・セロン演じる女性テロリスト・サイファーに魅せられたドミニクは彼女とチームを組みまさかの悪役に?

なぜドムは、ファミリーを裏切ってしまったんですかね?

新作も注目です。

 

 

 

 

⇒無料で「ワイルド・スピード」シリーズをみる