007カジノロワイヤル ネタバレ&あらすじと動画情報!

6代目ジェームス・ボンドのデビュー作
『007 カジノ・ロワイヤル』の簡単なあらすじを中心に
ネタバレ・感想・動画の情報などをご紹介します。

肉体派・ワイルドな「ダニエル・クレイグ」
演じるボンドが話題になりましたが…

正直、今では彼以外考えられない存在感です。。。

 
スポンサードリンク



 
 

 

ここからは、映画のストーリーや感想についてふれていきます。
未視聴の方にとってはネタバレになる場合があります。

実際の映画はあらすじだけでは伝わらない
感情面や迫力などが楽しめるものとなっているので、
内容を知っている方でも楽しめるとおもいますが、

完全に予備知識ゼロでの視聴をのぞむ方は注意が必要です。

 

 

 

起:007の初任務

チェコのプラハで、MI6を裏切った男を殺害し、晴れてイギリス秘密情報部員007となったジェームズ・ボンド。マダガスカルでの初の任務では、凄まじいチェイスで爆弾魔を追跡し射殺、その後大使館ごと爆破。

その男の携帯電話から「エリプシス」という情報を入手したボンドは、ロンドンにあるMのPCから情報を照会しバハマへと飛ぶ。そこで「エリプシス」というメッセージの送信者である武器商人と接触したボンドは、マイアミでの旅客機の爆破計画をしり、Mからこの計画にかかわっているル・シッフルという男の名前を得る。

マイアミ空港での激しい攻防のすえ超大型旅客機の爆破計画を瀬戸際で阻止するボンドでだった。

承:カジノ・ロワイヤルでの攻防

テロ組織の資金を運用する立場にあったシッフルは計画が阻止された事によって多大な損失をうけ、命をテロリストたちから狙われるようになった。彼に残されたのはカジノで損失を穴埋めするという限られた選択のみである。

モンテネグロの「カジノロ・ワイヤル」で開催されるポーカーゲームへ、財務省のヴェスパー・リンドとともに赴くボンド。シッフルとのゲームが始まります。

途中、テロリストに襲われながらもゲームをつづけるボンドとシッフル。資金回収をあせったシッフルはボンドに毒を盛り勝利しようとする。しかしヴェスパーの助けで九死に一生を得たボンド。すべての金額をかけた最後のゲームにボンドは勝利する。

転:ヴェスパーの裏切り

逮捕寸前、シッフルはヴェスパーを捕まえ逃亡。必死に追いすがるボンドも、シッフルの卑劣な策にはまり捕まってしまう

ゲームで勝利した資金の振込先を聞きだすため、ボンドを拷問するシッフル。しかし口を割らないボンドへの拷問の最中にシッフルのボスであるミスター・ホワイトが現れ、必死に弁明するシッフル射殺。

難を逃れたボンドは療養施設で、つかの間ヴェスパーと愛しあう。諜報部員をやめて彼女と暮らすことを決意する。しかし、彼女はお金とともにボンドの前から消えてしまった。

結:悲劇のすえ…新007の誕生

ヴェスパーを探し、ある建物に侵入するボンド。襲ってきた敵と戦うなか、建物はヴェスパーをエレベーターに閉じ込めたまま浸水しはじめる。ボンドは命からがら彼女を救い上げるが、時すでに遅し、彼女は死亡してしまっていた

Mから「ヴェスパーはお金のかわりに恋人の命を助けることをミスター・ホワイトに懇願し、ボンドに対しての罪の意識から、自ら命を捨てた」と伝え聞いたボンド。しかし、彼女はミスター・ホワイトの携帯番号を残していました。

ついにミスター・ホワイトを捕えるボンド。そして007として生きていくことを決意する。

[ad#co-1]

 

感想と動画情報!

物語の中心となるボンドの最愛の人・ヴェスパー
がなぜ命を落とさなければならないのか
一見しただけでは、
イマイチ納得できなかったのですが。。。

ネットの情報で「ヴェスパーも本当にボンドを
愛していて、結果として前の恋人の命を助けるために
ボンドを裏切ってしまった罪の呵責

というのがあってで、なんとなく腑に落ちました^^

 

ダニエル・クレイグ主演の007シリーズはコチラでみれます。
⇒ダニエルクレイグ007シリーズ 動画1本無料キャンペーン中!

 

以上
『007カジノロワイヤル ネタバレ&あらすじと動画情報!』
…でした。

 

 

スポンサードリンク

コメントを残す