007スペクター 映画の感想 ネタバレ注意!!

いやいや、今回もド派手でした!
スタイリッシュでした^^

先日公開になった「007 スペクター」観てきました

ここでは感想などを書いていきたいとおもいます。

多少ネタバレになる箇所もあるとおもいますが、
実際に映画を観る場合とブログ記事では、
全く別ものと考えますのでご容赦を。。。

全く白紙の状態で鑑賞したいという場合は、
この先には進まないことをおすすめします

 

 

【007 スペクター】の感想

poster2

出典:http://eiga.com/

まず、今回は年末の忙しさもあり、
気がついたら始まっていたタイミングも
ありましたので、ほぼ前情報ナシという状態
鑑賞しました。

ただ、ダニエル・クレイグ主演の007シリーズ
すべて観ています。

で。。。感想は、

 

やっと腑に落ちた^^

冒頭のメキシコでのアクションからいきなり心をグッと捕まれ

あれよあれよとストーリーが進んでいって
あっという間の2時間30分

正統派レア・セドゥと、
変化球・モニカ・ベルッチというボンド・ガールも
かなりいい感じにマッチしていましたし。

もちろん、ダニエル・ボンドらしい
スタイリッシュさとワイルドさを併せ持つ
主人公の魅力も◎

全く文句なく、楽しめました。

 

ストーリー的にも。。。

2006年公開の「カジノロワイヤル」に始まり、
2008年の「慰めの報酬」2012年の「スカイフォール」という

ダニエル・クレイグがジェームズ・ボンド役になって
からの007シリーズのモヤモヤしていた部分(笑
今回の「スペクター」で明かされます。

「カジノロワイヤル」のボンドの最愛の人問題や、
「スカイフォール」で伏せられていた出生の秘密などの
伏線がやっと回収されて、

このシリーズを観てきて、やっと腑に落ちた
というのが感想です。

 

逆に、シリーズを観ていないと
『なんのこっちゃか』となってしまう危険性は
かなり高い
のではないかとおもいます。

Mr.ホワイトという「カジノロワイヤル」、
「慰めの報酬」で登場した人物
が重要な役割を
担っていたりしますし。。。

できれば、ある程度前作までの流れを把握しての
鑑賞をおすすめします。

 

どうなる?ダニエル・クレイグの続投は。。。

観劇を終えてまず思ったのは、
「え、まさかダニエル・クレイグの007って
今回で終わりなの?」
という感じ。

しかも、かなりストレートに
その感じを打ち出してきてます。

 

前作「スカイフォール」の終わり方とは
うってかわって今回はスカッとする終わり方

しかも。。。

内容は伏せますが、
ボンド・ガールが1人も死なない+ハッピーエンド

 

ネット上を見てみると今回の終わり方に
ダニエル・クレイグのジェームズ・ボンドは
「今回で終わりなのではないか」との意見がおおいです。

ただ、このシリーズはこういった流れを
簡単に覆していくのであまり信用出来ないですよね

この辺はストーリー上の演出だったりしますし、
契約上はもう1作残っているようですしね。

ということで、今作の終盤の流れをぶった切って
続編が制作されることに期待しましょう!

 

以上、
『007スペクター 映画の感想 ネタバレ注意!!』
。。。でした。

 

 

 

この記事と関連する記事

コメントを残す

*