レ・ミゼラブルのあらすじ(読書ネタバレ)

レ・ミゼラブルは、ヴィクトル・ユーゴーの代表作。

ミュージカル舞台の原作で、世界中の人たちに
愛され続けている名作です。

原作はより人間味にあふれた素晴らしい作品です。
今日は、レ・ミゼラブルのあらすじをご紹介します。

レ・ミゼラブル


姉と七人の幼子を養うために、ひときれのパン
を盗んだことがきっかけで、19年ものあいだ
投獄されていたジャン・バルジャン

ジャンは刑期を終え出所する。

だが、たどり着いた町で、犯罪者だった
ことがばれ宿も食事にもありつけない。

そんななか、慈悲深いリミエル司教
の施しをうけ、温かい食事とベットを
与えられる。

しかしジャンはその夜、司教のもとから
銀の食器を盗み出してします。

翌日捉えられたジャンに司教は、「銀の食器は
友人である彼に与えたもの銀の燭台もあげたのに
なぜもっていかなかったのか。」とかばう。

そして「銀の器は正直な人間になるために使いなさい。」
と耳打ちする。

彼は19年ぶりに良心を取り戻し
マドレーヌと名前を変え事業を興し成功する。

だが、ある老人を助けたことで副看守の
ジャベールにジャンであることを確信され
銀の食器を盗んだ罪などで告発されてしまう。

しかし、ジャンは一刻を争って救うべき人たちがいた。
従業員のファンチーヌとその娘コゼットである。

ファンチーヌは救うことはできずに
亡くなってしまうが、悲惨な境遇の
コゼットを救い出すためジャンは脱獄する。

ジャンはコゼットを救い出し、ともに暮らし始める。

ジャンはコゼットを実の娘の
ように愛し、コゼットもジャンを父として
心から愛すようになっていた。

パリの町で生活を始めたジャンは、身元を隠しながらも
慈善家として貧しい人たちを援助していた。

その頃パリには革命を夢見る大勢の学生がいた。
そのひとり、弁護士志望のマリユスはパリの公園で
コゼットに出会い、二人はたちまち恋に落ちる。

マリユスはやっとの思いでコゼットの家をさがしあてるが
ジャンはひっそりと家を引き払ってしまう。

マリユスは、ふたたび革命運動に身を投じる。

しかし、市民の援護を受けることが
できない学生たちは窮地に陥る。

手紙によってマリユスとコゼットの愛を
知ったジャンは、マリユスのために
学生たちと戦うことを決意する。

一方ジャベールは政府のスパイとして
学生たちの動きをさぐっていた。

しかし学生たちに身分が露見し処刑されることになる。
しかし、その処刑役をかって出たジャンは仇敵である
ジャベールを逃してやるのだった。

切迫した状況の中、マリウスは重傷を負う。

ジャンはマリウスを背負いパリの下水道に逃げ込み
助かるが、ジャンの前にはジャベールが立ちはだかる。

捕らえられることを覚悟するジャンで
あったがジャベールは彼を見逃した。

悪党は死ぬまで悪党と信じていた
ジャベールにとって、自分を救った
ジャンの行動は理解を超えるものであった。

この一件で、職務に忠実に暮らしてきたジャベールは混乱し
自分に対する信頼感を失い、川に身を投げてしまう。

マリユスの傷が癒えたあと、彼とコゼットは結婚した。

ジャンはマリユスに自分の身の上をすべて話し
多額の持参金をコゼットに与え、彼女の生涯の
幸せをマリユスに託し身を引く。

しかし、コゼットがいなくなった寂しさから
ジャンの身体は急激に衰えていく。

マリユスはジャンの身の上に不安をおぼえ
彼をを遠ざけていたが、自分の命を救った
のは、ジャンだとわかり謝罪しようとする。

しかし、すでにジャンは死の淵にいた。

かけつけたマリユスとコゼット、そして
あの銀の燭台の光に見守られ
ジャンは静かに息を引き取った…

まとめ

レ・ミゼラブルは、無知や貧困ゆえに
運命を決定されてしまう虐げられた
人々を、「愛」の力で救おうとする物語

興味があればぜひ一度「レ・ミゼラブル」に
触れていただくことをお勧めします。

↓まずは、コチラがお薦め

この記事と関連する記事

コメントは受け付けていません。