ガーディアンズオブギャラクシー動画をフルで無料視聴 字幕吹き替え

マーベル映画最新作「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」が、4月27日から日本でも公開となりますね。

そんな「インフィニティ・ウォー」、アベンジャーズついに合流となる「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」の面々も注目されていますね。

予告でも最後の最後に奴らが登場します。

ここにきて「ドクター・ストレンジ」に「ブラックパンサー」、「GotG」の初合流。

しかも「キャプテン・アメリカ/シビル・ウォー」の最後で離脱した彼も帰ってきそうです。

「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」も楽しみですね。

 

そんな「アベンジャーズ」をはじめ、いまだ勢いがおとろえないMCUシリーズ。

しかし、これだけ作品数が多くなってくると、「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」を見逃していたとか、新作を前にもう一度作品をチェックしておきたい。。。という方も多いのではないでしょうか?

。。。できれば無料で・・・-O-;

 

ということで今回は、マーベル映画「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」の動画をフルで無料視聴する方法をご紹介します。

その他マーベル作品も多数配信中、日本語字幕・吹き替えともにそろっていますよ^^!

 


 

 

※2018/04/21追記

「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」公開にあわせて、【Hulu】でMCUの見放題配信が始まりました。

作品限定・期間限定での配信になりますが、MCUをまとめて視聴するチャンスです。

-5月20日(日)までの配信-
・「アイアンマン2」(2010)
・「マイティ・ソー」(2011)
・「キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー」(2011)
・「アイアンマン3」(2013)
・「アントマン」(2015)

-6月3日(日)までの配信-
・「アベンジャーズ」(2012)
・「アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン」(2015)
・「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」(2014)
・「キャプテン・アメリカ/シビルウォー」(2016)

-配信終了日未定-
・「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス」(2016)
・「ドクター・ストレンジ」(2016)

配信終了日も迫っていますので、お早めに。

 

⇒【Hulu】2週間無料トライアルはこちらをクリック!!

 

 

 

映画「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」を無料でみるなら・・・

レンタルCD・DVDで有名なツタヤさんが運営する動画配信サービス【TSUTAYA TV】の無料おためしキャンペーンがおすすめです!

 

⇒【ツタヤ】30日間無料トライアルはこちらをクリック!

 

そんな【TSUTAYA TV】では、只今無料お試しキャンペーン実施中!

いま【TSUTAYA DISCAS/TSUTAYA TV】の無料お試しキャンペーンに登録すると、もれなく3つの特典がプレゼントされます。

その特典とは、

・30日間無料で動画が見放題!(新作などは対象外)
・新作・人気作が視聴可能な1,080円分の無料ポイント
・CD/DVDレンタルも無料!(最新作は対象外・8枚/月)

。。。というもの。

 

映画「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」は人気作品ですので、視聴するには432~(税込み)のレンタル料金が必要です。

しかし、特典でもらえる1,080円分の無料ポイントを利用することで、「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」も実質無料で視聴できます。

 

さらに【TSUTAYA TV】では。。。

・「アイアンマン」(2008)
・「インクレディブル・ハルク」(2008)
・「アイアンマン2」(2010)
・「マイティ・ソー」(2011)
・「キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー」(2011)
・「アベンジャーズ」(2012)
・「アイアンマン3」(2013)
・「マイティ・ソー/ダーク・ワールド」(2013)
・「キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー」(2014)
・「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」(2014)
・「アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン」(2015)
・「アントマン」(2015)
・「キャプテン・アメリカ/シビルウォー」(2016)
・「ドクター・ストレンジ」(2016)
・「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス」(2016)
・「スパイダーマン/ホームカミング」(2017)
・「マイティ・ソー/バトルロイヤル」(2017)
といったMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の作品も一挙ラインナップ。

残ったポイントや、無料で利用できるDVD宅配レンタル(8枚まで)を利用して、MCU作品をイッキ見することも可能ですね^^

 

ちなみにキャンペーン後の【TSUTAYA DISCAS/TSUTAYA TV】の月額料金ですが。。。

 

【TSUTAYA DISCAS/TSUTAYA TV】は他の動画配信サービスと比べて 月額2,417円(税抜)とちょっと高め。

ただし、これは「動画見放題 & 定額レンタル8」コースの値段です。

 

月額DVDレンタルを使わなければ、動画配信サービスのみに切り替えることで月額933円(税抜)にすることができます。

 

新作や人気作品は月額とは別に追加料金がかかりますが、実質レンタルビデオとの価格差はほとんどなく、最新作をすぐに見たい時にいつでもすぐ見れますので、 レンタルショップに行って借りるより早くて便利

 

また、月毎に最新作にも使える1,080円分の無料ポイントが付与されます。

たくさん動画を見る方なら、サービス利用料はタダとも考えられますね。

 

もちろん必要ないと思えば解約も全然OK。簡単に解約できます。そのためのお試しキャンペーンですので、遠慮はいりません。

 

「ツタヤにあるほぼ全作品」といわれる豊富なラインナップをご自宅でオンラインサービス。まだの方はこの機会にお試ししてみてはいかがですか?

 

U-NEXTでも配信中!

大手動画配信サービス【U-NEXT】でも、MCU作品を一挙配信中です。

 

⇒【U-NEXT】31日間無料トライアルはこちらをクリック!!

 

そんな【U-NEXT】では、只今無料お試しキャンペーン実施中!

いま【U-NEXT】の無料お試しキャンペーンに登録すると、もれなく2つの特典がプレゼントされます。

 

その特典とは、

特典1:31日間無料で見放題!(新作などは対象外)
特典2:新作などが視聴可能な600円分の無料ポイント

。。。というもの。

 

映画「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」は378円(税込み)で視聴できます^^

 

 

以上、『ガーディアンズオブギャラクシー動画をフルで無料視聴 字幕吹き替え』。。。でした。

 

 

 

⇒「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」を無料でみる

 

 

本ページの情報は2018年5月時点のものとなります。

最新の情報は【TSUTAYA DISCAS/TSUTAYA TV】【U-NEXT】 のサイトにてご確認下さい。

 

 

 

映画「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」の感想(ネタバレ注意)


みずから「スターロード」と名乗り、かなりいい加減な性格のトレジャーハンターのピーター・クイル。

あるとき、モラグという惑星の廃墟でなぞの球体を見つけ盗み出します。

しかしその「オーブ」と呼ばれる球体は、銀河系すら滅亡させるだけのほどの力を宿すパーワーストーンで、宇宙で暗躍する「闇の存在」たちが探し求めているものでした。

オーブをねらう者たちからおわれ逃げるピーターは、ついに銀河中の凶悪犯が投獄されるといわれるキルン刑務所に入れられてしまいます。

しかし、そこで知り合ったガモーラ、ドラックス、ロケット、グルートと協力して脱獄。

そして、「オーブ」が恐ろしい力をもつインフィニティ・ストーンだということを知ります。

アメコミが原作、しかもアライグマのキャラクターであるロケットがCMや予告などに登場していて、イメージとしては稚拙な作品なんじゃないかと敬遠していました。
しかし、まわりであまりにも話題になっていたので、レンタルしてみましたが、なかなか面白かったです。

ならず者たちが、ひょんなことから銀河を救うというベタな展開を、ユーモアとこれでもかと流れる音楽で一気に持っていくあたり感心しました。

母親が作ってくれたカセットテープを旧式のウォークマンで再生するというなんとも涙ぐましい主人公がなかなかのツボ。

ランナウェイズやジャクソン5など、70年代ヒット作を中心としたノスタルジックな音楽が良かったので、音楽好きの方へはとくにおすすめできる作品だと思います。
ノスタルジックな雰囲気も新鮮でした。


キャラクターがまったくカッコよくないし、ただようB級映画感、くわえてあまりマーベル映画つながりもない。。。

「最後までこんな感じ?」と思いダルくなっていたら、終盤にかけてどんどん激熱な展開に^^

なぜかあれほどカッコわるいキャラクターが、みんなカッコよく見えてきました。ロケットや、グルートですら。

原作自体はマーベルコミックのなかでもどマイナーであるにもかかわらず、MUC(マーベル・シネマティック・ユニバース)作品のなかでは群を抜いた人気だという理由もわかりました。

ただ、好き嫌い分かれそうな作品ですね。

会話シーンは、やたらと一言ジョークを連発するのでそのあたりに乗れるかどうか。

キャラの造形やCMの作りなどから単なるイロモノだと敬遠している人もまわりに沢山存在します。

紅一点のゾーイ・サルダナはアバターでは青色でしたが、今回は緑に。

でも姿勢がいいので、ゾーイ・サルダナだとしっかり分かるというのは流石です。

今作で一番好きな素敵で好きだったグルートの声はヴィン・ディーゼルがやっていたらしいです。

グルートがガンガン、ガンガンと敵を串刺しにしていくシーンでは爆笑しました。

あとグルート、ロケット、ドラックスのキャラ同士の関係性がいいですね。

しぜんと感情移入していって、最後のシーンではじ~んとなってました。

個人的に、一番好きなキャラクターはヨンドゥ(矢をピュンピュン飛ばす人)なのですが、続編ではもっと活躍してます。

総じてなにも考えず、肩の力をぬいて楽しむのにちょうどいい作品だと思います。


最近まとめてマーベル作品をイッキ見しているのですが、今回は地球とはまったく関係のない銀河系のヒーロー。

とにかく映像が派手…というか宇宙空間などの表現がサイケで綺麗でした。

程よくマッチした昔の音楽などとも相まって、トーンが他のマーベル映画とは異なっています。

話の流れ的には、それほどスケールが大きく感じないのですが、脚本もアクションも、それからCG映像も音楽も、すべてがセンスよくてとんでもなくカッコいい作品に仕上がっていると思いました。

映画館で観なかったことが悔やまれます。

しかし、いくら待っても愛しのブラッドリー・クーパー様がでてきません。

ついにマーベル出演と楽しみにしていたのに…

え、わたしの勘違い?とエンドロールをみていたら何とアライグマの声を担当していたとは…^^;

無駄遣いにもほどがある。

ワイルド・スピードの主役ヴィン・ディーゼルも、グルートの声担当ということもエンドロールで気づきました。

ただガモーラ役のゾーイ・サルダナみたいなあつかいされるとちょっとどうかとも思います。

メインキャラでは、ピーター役のクリス・プラットだけがまともな扱いということ。。。

それはさておき、SFものは今まであまり観なかったのですが、意外に人物設定がしっかりしていて面白かったです。

アベンジャーズにも、これからつながっていくというウワサなので、他の作品もみて早く追いつきたいです。

また「スターロード」「ガモーラ」「ドラックス」「グルート」「ロケット」の5人の活躍が見れるとおもうとテンションがあがりますね。

ただ主役をブラッドリー様にかえて欲しい^^


笑えた、そして泣けましたw

宣伝をみていて、もっとくだらないギャグ映画(それも嫌いじゃない)なのかと高をくくっていましたが、実際は意外とマジメに作ってあって、ストーリーも映像もきちんとしていて、普通に娯楽大作だった。

もっと香港映画のようなゴチャゴチャした雰囲気とマイナー感を期待していたりしたけれど。

イケメンのクリス・プラットを中心に、サブキャラも個性豊かな仲間たちのキャラ設定もよくて、一気に好きになってしまった。

けっして皆いいやつではないけれど、なんだかんだ正義感があってアウトロー好きにはたまりません。

音楽のセンスもよくって、スターロードが大切にしている最強のMIXテープのCDも思わず買ってしまいました。

「カム・アンド・ゲット・ユア・ラヴ(Come and Get Your Love)」からはじまり、「ウガ・チャカ(Hooked on a Feeling)」、「エイント・ノー・マウンテン・ハイ・イナフ(Ain’t No Mountain High Enough)」でのエンディングまで、ノリノリの音楽にノリノリで観れます。

映画館で観たので、最高でした。

最新の技術を導入した大作のSF映画なのに、70年代の音楽やドラマネタなどがミックスされ、懐かしさすら感じさせる演出も素晴らしい。

しかしブラッドリー・クーパー、デル・トロ、などのオープニングクレジットをみてそんな豪華な映画なのかとワクワクしたけれど期待はずれだったことは認めます^^

インフィニティストーンの破壊力が強烈過ぎて、のちのちのアベンジャーズがちょっと心配になりました。

「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」の続編がありということなので、楽しみ。

何でもありなので、それだけにまだまだ弾け飛んでほしいです。

バカバカしくて面白かった。


「絶対に趣味じゃない」と思いつつも、「インフィニティ・ウォー」でついに絡んでくるようなので観てみました。

結論から言うと、メチャクチャ面白かった^^

なんで今まで観ていなかったのか自分で自分を疑いました。

予想通りほかのマーベルヒーローものとは一線を画すコメディ要素も満載な作風と言えるのですが、スケールも大きく、SF映画としてもしっかししています。

そのSFに70~80年代のダンスミュージックがミックスされ、そのバランスが秀逸。

「デヴィッド・ボウイ」「ジャクソン5」「ランナウェイズ」「マーヴィン・ゲイ」などなど最高の顔ぶれの懐かしい音楽が、超大作映画と一緒に見れるという豪華ぶり。

クリス・プラットがレッドボーンの「カム・アンド・ゲット・ユア・ラヴ」を歌いながらダンスをして登場するという冒頭から「あ、この作品すき」と確信。

それとチビグルートちゃんがジャクソン5の「I Want You Back」にあわせて踊っている決め顔がたまりませんでした。

音楽家としても活躍しているジェームズ・ガン監督のセンスが光っているとおもいます。

またクリス・プラットや元WWEのチャンピオンのデイヴ・バウティスタなど目新しいアクターなども起用されていて新しい時代の台頭も感じさせられます。

あとベニチオ・デルトロもコレクターという役でちょっとだけ出演。

「スターウォーズ 最後のジェダイ」にもちょっと出ていたけど、なんかかぶるチョイ役っぷり。

こういう役がすきなんでしょうかね^^

 

 

⇒「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」を無料でみる