アイアンマン123動画 フルで映画を無料視聴 字幕吹き替えあり!

大人気「マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)」成功の立役者にして、今でも一番人気のマーベルヒーローといえば、アイアンマンことトニー・スタークじゃないでしょうか。

「アイアンマン」のタイトルでの単体作品は、2013年までの3部作で終了しているようですが、

それ以後も「アベンジャーズ」シリーズや2017年公開の「スパイダーマン:ホームカミング」などマーベル関連作品でも登場していますので、まだまだ存在感がありますよね

 

 

 

いまだ勢いがおとろえないMCUシリーズ。

しかし少し前のシリーズになりますので、映画「アイアンマン」シリーズを見逃していたという方や、マーベル新作前にもう一度チェックしておきたい。。。という方も多いのではないでしょうか?

できればシリーズ3作まとめて無料で・・・-O-;

 

ということで今回は、マーベル映画「アイアンマン」シリーズ123の動画をフルで無料視聴できるサービスをご紹介します。

その他マーベル作品も多数配信中です^^!

 

 

「アイアンマン」シリーズを無料でみるなら。。。

レンタルCD・DVDで有名なツタヤさんが運営する動画配信サービス【TSUTAYA TV】の無料おためしキャンペーンがおすすめです!

 

⇒【ツタヤ】30日間無料トライアルはこちらをクリック!

 

そんな【TSUTAYA TV】では、只今無料お試しキャンペーン実施中!

いま【TSUTAYA DISCAS/TSUTAYA TV】の無料お試しキャンペーンに登録すると、もれなく3つの特典がプレゼントされます。

 

その特典とは、

・30日間無料で動画が見放題!(新作などは対象外)
・新作・人気作が視聴可能な1,080円分の無料ポイント
・CD/DVDレンタルも無料!(最新作は対象外・8枚/月)

。。。というもの。

 

 

「アイアンマン」シリーズは人気作品ですので、「アイアンマン」は見放題(日本語字幕のみ)、「アイアンマン2」「アイアンマン3」はそれぞれ324円(税込み)~という価格設定となっていますが、新作や人気作品に使える1080円分の無料ポイントをつかえば、シリーズ通して実質無料で視聴できます。

 

 

さらに【TSUTAYA TV】では。。。

・「アイアンマン」(2008)
・「インクレディブル・ハルク」(2008)
・「アイアンマン2」(2010)
・「マイティ・ソー」(2011)
・「キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー」(2011)
・「アベンジャーズ」(2012)
・「アイアンマン3」(2013)
・「マイティ・ソー/ダーク・ワールド」(2013)
・「キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー」(2014)
・「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」(2014)
・「アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン」(2015)
・「アントマン」(2015)
・「キャプテン・アメリカ/シビルウォー」(2016)
・「ドクター・ストレンジ」(2016)
・「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス」(2016)
・「スパイダーマン/ホームカミング」(2017)
・「マイティ・ソー/バトルロイヤル」(2017)

といったMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の作品も一挙ラインナップ。

残ったポイントや、無料で利用できるDVD宅配レンタル(8枚まで)を利用して、MCU作品をイッキ見することも可能ですね^^

 

※注意

上記にあげた【TSUTAYA TV】でのMCU作品のなかで、配信形態が変更になった作品があります。

以前は日本語字幕・吹き替えともに配信されていたのですが、現在はどちらかのみの配信になっています^^;

・「アイアンマン」(2008)
・「インクレディブル・ハルク」(2008)
(上記2作品は日本語字幕版のみの配信)

・「マイティ・ソー」(2011)
・「キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー」(2011)
(上記2作品は日本語吹き替え版のみの配信)

上記にお好みの配信形態がない場合は、こちらのサービスがおすすめですので検討してみてください。

 

 

ちなみにキャンペーン後の【TSUTAYA DISCAS/TSUTAYA TV】の月額料金ですが。。。

 

【TSUTAYA DISCAS/TSUTAYA TV】は他の動画配信サービスと比べて 月額2,417円(税抜)とちょっと高め。

ただし、これは「動画見放題 & 定額レンタル8」コースの値段です。

 

月額DVDレンタルを使わなければ、動画配信サービスのみに切り替えることで月額933円(税抜)にすることができます。

 

新作や人気作品は月額とは別に追加料金がかかりますが、実質レンタルビデオとの価格差はほとんどなく、最新作をすぐに見たい時にいつでもすぐ見れますので、 レンタルショップに行って借りるより早くて便利

 

また、月毎に最新作にも使える1,080円分の無料ポイントが付与されます。

たくさん動画を見る方なら、サービス利用料はタダとも考えられますね。

 

もちろん必要ないと思えば解約も全然OK。簡単に解約できます。そのためのお試しキャンペーンですので、遠慮はいりません。

 

「ツタヤにあるほぼ全作品」といわれる豊富なラインナップをご自宅で視聴することができるオンラインサービス。

まだの方はこの機会にお試ししてみてはいかがですか?

 

 

U-NEXTなら字幕・吹き替えともに配信中!

大手動画配信サービス【U-NEXT】でも、映画「アイアンマン」シリーズを好評配信中です。

【U-NEXT】のMCU作品は「インクレディブル・ハルク(字幕のみ)」以外、日本語字幕・吹き替えともに切り替え可能。

 

⇒【U-NEXT】31日間無料トライアルはこちらをクリック!!

 

そんな【U-NEXT】でも、只今無料お試しキャンペーン実施中!

いま【U-NEXT】の無料お試しキャンペーンに登録すると、もれなく2つの特典がプレゼントされます。

その特典とは、

特典1:31日間無料で見放題!(新作などは対象外)
特典2:新作などが視聴可能な600円分の無料ポイント

。。。というもの。

 

「アイアンマン」は見放題、「アイアンマン2」「アイアンマン3」は各324円(税込み)で視聴できますよ^^

 

⇒映画「アイアンマン」シリーズを無料でみる!

 

 

以上、「アイアンマン123動画 フルで映画を無料視聴 字幕吹き替えあり!」。。。でした。

 

 

本ページの情報は2018年8月時点の確認情報となります。

最新の情報は【TSUTAYA DISCAS/TSUTAYA TV】【U-NEXT】 の公式サイトにてご確認下さい。

 

 

 

「アイアンマン」の感想(ネタバレ注意)


アメコミ・ヒーローの映画ということで、子ども向けかなと思っていたのですが、「なぜアイアンマンになることになったのか?」

このあたりの事情をとても納得できる描写でえがいていて、どんどん引き込まれていきました。

なんといっても、頭脳明晰、ジョーク好きでプレーボーイのトニー・スタークというキャラがとても魅力的です。

「ハンコック」「インクレディブル・ハルク」といったヒーローものの集大成ともいえるくらい完成度が高い作品だと思いました。

ロバート・ダウニージュニアという役者さんをはじめて知ったけれど、個性的でかっこいいし、ユーモアも光りますね。

兵器会社のCEOが自らパワードスーツを開発し、空を飛び悪を挫くというスカッとするストーリーも人気の理由だと思います。

続きを視聴したあとでの感想としては、この頃はアーク・リアクターって何?とか、この鎧みたいなヒーローで大丈夫?などと思っていた浅はかな自分が懐かしい^^

この作品で、マーベルは日本人の心もがっちりキャッチしましたね。


他のアメコミキャラとは違いとてもわかりやすく、苦悩や葛藤といった心の闇とかダークな面が少ないので、明るい気持ちでみれます。

その意味でもロバートダウニーJrを主役に選んだのが大正解。

脇を固めたグィネス・パルトロー、テレンス・ハワードなどのチョイスも渋いと感じました。

ストーリー的には、アイアンマンが誕生する経緯と、成金で軽薄だったトニー・スタークが愛国心に目覚める過程をただただ描くといったシンプルなものですが、これが面白くてビックリしました^^

アメコミヒーローでこんなに人間臭いヒーローはなかなかいないし、ヒーローものには珍しく主人公がおっさん。

はじめて観た時は、本当に新鮮でした。

また身の回りの限られたものの中から、手作りでアイアンマンスーツを創り出すという、DIY精神あふれる物語は男子心がくすぐられて興奮します。

トニー・スターク&アイアンマンのかっこよさに酔いしれてしまってください。

これだけ魅力的なキャラクターを作り上げたジョン・ファブロー監督や製作陣にも拍手!


軍事企業の社長である主人公トニー・スタークのパワードスーツ作りに熱中するオタクぶりもさることながら、その作業場のかっこよさに心うばわれました。

顔もかっこいいし、乗っている車もかっこいい。整いすぎたヒゲもカッコいいのに、ヒロインのペッパー(グィネス・パルトロー)にはちょっと奥手というトニーが可愛かった。

「アイアンマン」というちょっとダサめのネーミングと、超合金チックなルックスに敬遠しているのはもったいないですよ。

アフガニスタンや、武器商人といった設定としては重めの社会問題が背景に描かれていますが、ロバートダウニーJrが演じるトニー・スタークの根底にある明るさというか、おとぼけぶりが楽しくて、最初から最後まで笑わせてもらいました。

あわせて手に汗握るアクションやストーリーも、シンプルですがハラハラ出来て見ごたえがありました。

なんといっても、アイアンマンスーツのディティールというか手作り感あふれる細部の描写などがツボです。

「アイアンマン2」の感想(ネタバレ注意)


「1」をみて面白かったので、続けてみましたがやっぱり面白かった。

前作を見ていないと、人間関係とかがちょっとわかりづらいかもしれません。

脳天気な企業社長がイザとなるとアイアンマンに変身してピンチを救うというギャップが魅力的な主人公。

でも今作品では、主人公トニーが悩んだり、自暴自棄になったりする描写が上手く表現されていて、シリーズに深みをあたえているとおもいます。

スーツがポータブルになっていたり、種類がふえたりして進化していてガジェット好きの心もくすぐられますね。

今回のメインの敵となるイワン(ミッキー・ローク)は、意外とあっさりしていたけれど、ロシア人の設定なのに風貌はどちらかというとインディアン。武器もムチってwww

ブラックウィドー(スカーレット・ヨハンソン)の出て来る部分が余分かなと思ったけれど、これがこれから続くマーベル映画シリーズの呼び水。

「アベンジャーズ」に続いていくのですが、単体で見ている分にはとても解りにくいですね。


なんだかんだ言っても、ロバート・ダウニーJrが演じるトニー・スタークというキャラが最高です。

スタークエキスポだとか、アベンジャーズだとかいろいろ盛り込まれていて最後まで面白かった。

ミッキー・ロークの演じるイワンという敵キャラも、なんだか悲哀を感じて嫌いになれないし、スカーレット・ヨハンソンのブラック・ウィドウというミステリアスな美女もくわわって、見どころ満載でした。

突然トニー・スタークの友人で軍人のローディーがドン・チードルに変更になっていたのにはちょっと違和感があって残念。

シリーズものの途中交代は、ちょっと困ります。

テレンス・ハワードのほうが、ロバートダウニーJrの友人としては似合っていたと思います。

唐突にストーリーに絡んできたブラック・ウィドウ。

スカーレット・ヨハンソンはアクションもしっかりしていて、アンジョリーナ・ジョリー以来の女性アクション・スター到来かと思いましたが、そのほとんどがCGらしいです。

本来は演技派なんですね^^


少々シリアスムードだった1作目のストーリーはシンプルですが、よく出来ていました。

それに比べ「アイアンマン2」は、ストーリーはちょっと雑のような気がしますが、それを補ってあまりある派手さがツボでした。

ポータブルなアイアンマンスーツやライバル会社の新型ロボット「ドローン」などあらたなガジェットも満載です。

見ているだけでただただ楽しい。

ヒールのウィップラッシュ(ミッキー・ローク)とジャスティン・ハマー(サム・ロックウェル)もそれぞれ特徴があって良くなったと思います。

派手で見た目が派手だけど意外と弱いウィップラッシュと、もともと弱そうだけど本当にイライラさせるハマー。

キャスティングにも凝っていてはまっています。

そしてやっぱりアイアンマン・トニー・スタークがそろってカッコいい。

ペッパー役のグゥイネス・パルトロウは、この手の作品には不似合いかと思っていたら、出番は少ないのわりに以外に存在感がありますね。

恋人を社長にするとか、どうかと思うけど。。。

「アイアンマン3」の感想(ネタバレ注意)


人気アクションヒーローの第3作目。

アメコミ・ヒーローものがもともと得意じゃなかったですが、これは面白かったです。

マーベル作品として直接関係がある「アベンジャーズ」での戦いで深く傷ついたトニーが、悪夢を拭い去るかのようにアイアンマンスーツづくりに没頭。

異常なまでのアイアンマンスーツへの執着も、トニーの人間味がでていて共感出来ました。

あと単純にいろんなアイアンマンがみれてよかった。

クライマックスはわちゃわちゃしていますが、シリーズの中でも一番見ごたえがありました。

その要因は、やはり敵のパワーアップでしょう。

過去2作とは違いダーク要素が強い展開になったのも良かったと思います。

またアイアンマンスーツも42型となり、敵との戦いの最中に時々スーツを脱ぐだとか、新鮮でした。

その分戦闘は複雑になりすぎてよくわからなかったですが^^;

グゥイネス・パルトロウがPTSDっぽくなってしまっているスタークを支えていたのも良かった。


今回は政府などの関係ではなく、自分を乗りこえ単純に愛する人を守るために戦うヒーローという展開がよかったです。

適度に笑えるし、アクションのテンポも良かった。

ロバートダウニーJrのアップも多めで、女性ファンにも喜ばれる作品になっていると思います。

ただ、最後の闘いはいろんなものが入り乱れていて、頭が混乱しました。

ストーリーはけっこう単純なんですけどね。

「1」「2」で監督だったジョン・ファブローが監督を降りて、前半はちょっと出すぎじゃないかと心配になりましたが、結末には満足。

変わった監督シェーン・ブラックはもともと優秀な脚本家だけあって、2作目よりはストーリーがしっかりしていました。

でもストーリーは「1」が飛び抜けていると思います。

3部作で「アイアンマン」が終わってしまったのですが、この先一気にスターダムにのし上がったマーベル1のヒーローがどうなっていくのか心配です。

きっと「アベンジャーズ」シリーズで復活しますよね。


とにかくお金がかかっていて見ごたえがあります^^

アイアンマン三部作の最後の作品ということですが、その後もアイアンマンって意外と色んな所に顔を出してきますよね。

アベンジャーズきっての人気者で、中心的人物なので仕方ないですが、逆になぜ4作目をやらないのか疑問が残ります。

しかしアベンジャーズが作られてから、アイアンマンはちょっと肩身が狭いのかなぁ…宇宙人やマイティ・ソーみたいな神話の神様みたいなのが合流することなるとは、当初は思ってもみなかっただろうし。

逆に今までで出し切ったアイアンマン単体の物語を上手く着地させたとおもいます。

2作目では悩みに悩んでいたトニー・スタークが、今度は精神的にやられてしまっているというのもこのシリーズらしくって面白いです。

ガイ・ピアースやベン・キングスレー、レベッカ・ホールといった敵や脇役も魅力的でした。

まぁ、いろいろ考えながら見るより、何も考えず楽しむのが1番よい作品だとおもいます。

 

⇒映画「アイアンマン」シリーズを無料でみる!