バットマンvsスーパーマン 動画をフルで無料視聴 吹き替えあり!

2017年8月25日(金)から日本公開となる『ワンダーウーマン』

予告やポスターをみているだけでも、ガル・ガドットが演じるワンダーウーマン、めちゃくちゃカッコいいですね。

映画館でも彼女のポスターの前で、女性たちが「カッコいい、カッコいい」と連呼していたのを目にしたので、女性人気もすごそうです

公開が楽しみですね。

公開を前にして、ガル・ガドットを一躍人気者に押し上げたワンダーウーマンが初登場した作品DC映画シリーズ「バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生」(2016年)の動画を探している方も多いようです

。。。ということで、今回は映画「バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生」の動画をフルで無料視聴できるサービスをご紹介します。

もちろん、日本語字幕・吹き替えどちらもそろってますよ^^

 

 

 

いま「「バットマン vs スーパーマン」をみるなら…

動画配信サービス【U-NEXT】の無料お試しキャンペーンがおすすめです。

 

⇒【U-NEXT】31日間無料トライアルはこちらをクリック!!

 

いま【U-NEXT】では、無料お試しキャンペーンを実施中

登録するだけでもれなくプレゼントされる2つの特典を利用すれば、「バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生」(432円)も実質無料で視聴できます。

特典1:31日間無料で見放題!(新作などは対象外)
特典2:新作などが視聴可能な600円分の無料ポイント

 

また、「バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生」の一つ前のお話となる、スーパーマンのリブート作品「マン・オブ・スティール」(2013)も期間限定(8月31日まで)で見放題配信されていますので、まだの方はお得にチェックできますよ。

 

【U-NEXT】で配信されているDCエクステンディッド・ユニバース作品

・「マン・オブ・スティール」(8月31日まで見放題)
・「バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生」(432円)
・「スーサイド・スクワッド」(540円)

 

 

また主演のガル・ガドットが気になった方には、彼女がセクシーでタフな敏腕スパイ役を好演している、

・「Mr. & Mrs.スパイ」(2016年)

もおすすめです。

「ハングオーバー」シリーズのザック・ガリフィナーキスも共演しています^^

 

⇒【U-NEXT】で無料視聴する

 

 

以上、『バットマンvsスーパーマン 動画をフルで無料視聴 吹き替えあり!』。。。でした!

 

 

 

 

 

「バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生」の感想・評判


スーパーマンのリブート作品「マン・オブ・スティール」の続編ということで、楽しみにしていました。

今回はヘンリー・カビル演じるクラーク・ケント=スーパーマン対ベン・アフレック演じるブルース・ウェイン=バットマン。

ヒーロー物なのに、かなりシリアスな展開で、苦味のある大人の作品に仕上がっていたのにビックリしました。

題材は本当に子供向け案件なのに…

マッチョで暗めのスーパーマンに、卑怯めのアイテム満載のバットマン。

国民的ヒーローで遊びすぎですね。そうゆう時代なのかなぁ。

「マン・オブ・スティール」に引きつづき監督をつとめたザック・スナイダーのオリジナリティ溢れる映像美は、あいかわらずお見事というより他はないです。

ただストーリー的には、もう少しスーパーマンやバットマンの内面をえがいても良かったのでは?とおもいましたが、そんなことしてたら、余裕で3時間超えてしまいますね^^;


マーベルと差別化ということで、ちょっとダークな感じなDC映画シリーズ。

ただ、アメコミヒーローはもうちょっと脳天気な方がいいかも。

マーベルで当てはめてみると、バットマンはアイアンマン的存在。

スーパーマンは、マイティ・ソー。

しかし、このシリーズには隠された真打ちが。。。そう、この作品で華々しくデビューを飾ったガル・ガドット版ワンダーウーマン。

もう主役でいいですよ、存在感といい、強さといい。

タイトルになっている2人がかすむほどのインパクトを残して、登場してきました。

ズッとスクリーンに釘付けになりましたよ。圧倒的にです。

と思っていたら、やはり「ワンダーウーマン」単体での映画も製作されると聞いて、嬉しかったです。

そうなると、こちらの「バットマン vs スーパーマン」も絶対に見逃せないブリッジ作品になります。

「ワンダーウーマン」の華で、DCシリーズを盛り上げていってほしいです。


「ストーリーがわかりづらい。途中で寝ちゃった。」などと、さんざん悪評をきいていたのですが、鑑賞してみたら意外なほど楽しめました。

若干暗めの演出ですが、細かいことを気にしなければ十分楽しめるハリウッド娯楽作品だとおもいます。

「なぜこのキャラクターはこういう行動をとるの?」など深く考えず、「まぁこうなるよね、人間だもの。」と温かい眼差しで登場人物をみていると愛着がもてます。
(登場人物は、かなりの割合で人間ではないですが…)

わたしも所々、意味がわからないシーンなどあったので調べてみたのですが、原作コミックを読んでいるとわかる点などが、映画に詰め込まれているということが理解できました。

そう考えるとマニアック向けな作品ですので、一般的には受け入れがたいところが多いですね。

ただそんなところは、あまり気にしないで通り過ぎてしまえば、深入りしないでも楽しめます。

広い心で観るべきもの作品なんだとおもいます。


DCコミック版のアベンジャーズであり、「マン・オブ・スティール」の続編として思えばまあまあだと思うのですが、あまり対決は期待しないほうがいいです。

しかし、子供の頃好きだったワンダーウーマンがでていてびっくり。

さらにワンダーウーマンのカッコいい登場シーンにはびっくり。

最新のワンダーウーマンはすごく洗練されていてカッコいいですね。

どっかで観たことあると思ったら、ワイルドスピードのシリーズにジゼル役で出ていた女性ですね。

バイクに乗る姿もかっこよかったー。

なんと2015年の「世界で最も美しい顔」の2位まで獲得している、イスラエル出身のモデルさんだとか。。。

いやいや自分とかけ離れすぎてきて、神々しさすら感じます。

。。。と話を「バットマン vs スーパーマン」に戻すと、なんだかとっちらかっているあらすじだし、大味な展開ではあるものの、前半は繊細に作られているし、後半はワンダーウーマンに圧倒されるしで、けっこう楽しめました。

なにより「ワンダーウーマン」への前フリになるので、観ておいて損はありません^^

 

賛否ある作品なのは間違いないですが、管理人個人的には好きな作品。

ちょっとお硬いイメージはありますが、かなり無理がある設定を神話調で淡々と積み上げていってからの…

ぜひチェックしてみて下さい。

 

 

「ワンダーウーマン」はどうなる?

ワンピースでいうところの、ボア・ハンコックという感じの設定のワンダーウーマンことダイアナですが、アクションシーンが本当にきれいですね

「バットマン vs スーパーマン」のなかでも、主役の2人を圧倒するかのような存在感でした。

クリス・パインとの戦争恋愛もの要素も取り入れられ、全米でも大ヒットしています。

 

パティ・ジェキンス監督がメガホンをとった今作ですが、女性監督の作品としては、歴代ナンバーワンを樹立。話題性も十分です。

コレは絶対に見逃せませんね。

 

⇒無料で「バットマン vs スーパーマン」をみる

 

この記事と関連する記事