スターウォーズ ローグワン動画をフルで無料視聴 字幕吹き替え

なんだかんだで、今年もまたまた12月は「スターウォーズ」が話題を呼びそうですね。

2017年12月15日(金)から「スターウォーズ/フォースの覚醒」の続編となるエピソード8『スターウォーズ/最後のジェダイ』が公開になります。

「最後のジェダイ」のまえに、昨年公開されたスターウォーズシリーズのスピンオフ作品「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」のフル動画を探している方もおおいのではないでしょうか?

ということで、今回は映画「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」の動画をフルで無料視聴できるサービスをご紹介。。。というか、スターウォーズ全部そろってます。

もちろん日本語字幕・吹き替えともに視聴できますよ^^

 

 

「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」を無料でみるなら…

【TSUTAYA TV】の無料お試しキャンペーンがおすすめ!

【TSUTAYA TV】とは、DVDレンタルなどで有名なツタヤさんが運営する動画配信サービスです。

 

⇒【ツタヤ】30日間無料トライアルはこちらをクリック!

 

いま【TSUTAYA DISCAS/TSUTAYA TV】では、3つのお得な特典がもれなくプレゼントされる、無料お試しキャンペーンを実施中です。

 

その特典とは、

・30日間無料で動画が見放題!(新作などは対象外)
・新作・人気作が視聴可能な1,080円分の無料ポイント
・CD/DVDレンタルも無料!(最新作は対象外・8枚/月)

というもの。

 

登録特典としてプレゼントされる1080円分の無料ポイントを利用することにより、「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」も実質無料で視聴できます。

さらに【TSUTAYA TV】では、「ローグワン」だけでなく、映画「スターウォーズ」の関連作品を一挙配信中です。

【TSUTAYA TV】で配信中の「スターウォーズ」映画シリーズ

・「スターウォーズ:EP4/新たなる希望」(1977年)
・「スターウォーズ:EP5/帝国の逆襲」(1980年)
・「スターウォーズ:EP6/ジェダイの帰還」(1983年)

・「スターウォーズ:EP1/ファントム・メナス」(1999年)
・「スターウォーズ:EP2/クローンの攻撃」(2002年)
・「スターウォーズ:EP3/シスの復讐」(2005年)

・「スターウォーズ/フォースの覚醒」(2015年)
・「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」(2016年)

※日本語字幕・吹き替えともに配信中!!
動画レンタル料金は、1作品につき300-400円(税抜)からとなります。(2017年9月現在)

またジョージ・ルーカス原案・製作総指揮のCGアニメシリーズ「スター・ウォーズ:クローン・ウォーズ」や、エピソード3と4をつなぐ3DCGアニメシリーズ「スター・ウォーズ:反乱者たち」も配信中です。

 

残りのポイントや、特典の宅配DVDレンタル(8枚まで)を併用することで、映画「スターウォーズ」を一気に観ることだって可能になりますね。

 

ちなみにキャンペーン後の【TSUTAYA DISCAS/TSUTAYA TV】の月額料金ですが。。。

 

【TSUTAYA DISCAS/TSUTAYA TV】は他の動画配信サービスと比べて 月額2,417円(税抜)とちょっと高め。

ただし、これは「動画見放題 & 定額レンタル8」コースの値段です。

 

月額DVDレンタルを使わなければ、動画配信サービスのみに切り替えることで月額933円(税抜)にすることができます。

 

新作や人気作品は月額とは別に追加料金がかかりますが、実質レンタルビデオとの価格差はほとんどなく、最新作をすぐに見たい時にいつでもすぐ見れますので、 レンタルショップに行って借りるより早くて便利

 

また、月毎に最新作にも使える1,080円分の無料ポイントが付与されます。

たくさん動画を見る方なら、サービス利用料はタダとも考えられますね。

 

もちろん必要ないと思えば解約も全然OK。簡単に解約できます。そのためのお試しキャンペーンですので、遠慮はいりません。

 

「ツタヤにあるほぼ全作品」といわれる豊富なラインナップをご自宅でみることができるオンラインサービス。

まだの方はこの機会にお試ししてみてはいかがですか?

⇒無料で「スターウォーズ」シリーズをみる

 

 

以上、『スターウォーズ ローグワン動画をフルで無料視聴 字幕吹き替え』。。。でした。

 

 

本ページの情報は2017年12月時点の情報となります。

最新の情報は、【TSUTAYA TV】の 本体サイトにてご確認下さい。

 

 

 

「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」の感想や評判


ローグ・ワンは、シリーズの起点となるエピソード4「新たなる希望」へとつながる話です。

デス・スターの設計者であるゲイレンを父に持つ主人公のジン(フェリシティ・ジョーンズ)が、家族を奪った帝国軍に立ち向かうために、デス・スターの設計図を反乱軍へと送ろうと奮闘します。

その道中で、故郷を帝国軍に奪われた者たちや、ゲイレンと古くからの仲間であった元帝国軍パイロット、そして、反乱軍の中でも汚れ仕事をしてきた者たちを仲間にします。

今作のポイントとなるのは、「なぜレイア姫がデス・スターの設計図を持っていたのか」ということと、「帝国軍の化学力で作られた完全無欠の兵器が、ルークの攻撃(エピソード4)によって、あんなにもあっさり破壊できてしまったのか」ということ。

この2点の秘密が明かされるのがこの作品です。

ローグ・ワンは、スター・ウォーズのメインエピソードにおけるキャラクターたちの栄光を支えた、名前もない英雄たちの物語です。



スターウォーズの「エピソード3 シスの復讐」と「エピソード4 新たなる希望」をつなぐストーリーとして、スピンオフで制作された『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』。

超たのしめました。

とくに個性的な登場人物。

女戦士、ジン・アーソ(フェリシティ・ジョーンズ)は、キレイでカッコよく。

反乱軍のスパイ、キャシアン・アンドー(ディエゴ・ルナ)はメキシコ系のイケメン。

盲目の武道家チアルート(ドニー・イェン)は鳥肌モノのカンフーアクションを披露してくれるし。

チアルートをささえるベイズ・マルバス(チアン・ウェン)もいい味出しています。

あと無骨なドロイドのK2-SOの男気に涙しました^^

元レイア姫、キャリー・フィッシャーさんがこの映画公開直後に亡くなられてとても残念です。


本編スターウォーズのスピンオフである本作「ローグ・ワン」ですが、ファンからの評価は非常に高いようですね。

特に、旧3部作であるエピソード4~6が好きな方からはかなりの好評で、「スター・ウォーズのシリーズで最高傑作ではないか」という声もあります。

本編シリーズの流れがよく分からないという視聴者からは、「序盤の展開についていけないまま、流れるように終わった」という評価もあります。

しかし、歴代シリーズのファンは「終盤の展開、ラストシーンで涙が止まらなかった」という感想がかなりありますね。

本編は大人から子供まで楽しめるエンターテインメント作品ですが、本作はその本編を愛した人向けの作品。

設定やストーリー展開、アクションシーンだけでなく、ロケーションなどに対しても全体的に高評価が多く、「販売されているディスクではなく劇場で観れば良かった!」という評判も多い作品になっていますよ。


スター・ウォーズはナンバリングされた、いわゆる正当のシリーズの他にも、様々なエピソードがあるのが特徴で、小説やアニメ作品など多くのメディア展開がなされています。

ローグ・ワンはそうしたいわゆるスピンオフ作品ですが、特にシリーズのオープニングを飾ったスター・ウォーズエピソード4の前日譚ですので、とりわけ1977年の本国公開、1978年の日本公開で初めてスター・ウォーズの世界に触れたオールドファンの評価が高い作品と申せましょう。

スター・ウォーズシリーズの主たる登場人物はほとんど登場しませんが、ローグ・ワンを観てからエピソード4を見直すとよりスター・ウォーズの世界を楽しむことができるとおもいますよ。


ローグ・ワンは、スターウォーズシリーズのスピンオフ映画として作られました。

しかし、スピンオフの域を超えて、ひとつのスターウォーズの遺伝子を引き継ぐ映画としてとても高い評価を得ています。

その理由は、スターウォーズのようにフォースが登場しなくて新鮮であること、そして各キャラクターが丁寧に描かれているという点ではないかとおもいます。

命懸けで作戦に挑む部隊を主役とし、そのキャラクターだけを見ていると、実はエピソード4に繋がるストーリーで、ラストにスターウォーズファンなら見覚えのあるキャラクターが複数登場し、スターウォーズファンを大いに沸かせました。

スピンオフ映画の枠をこえ、しっかりと本編に繋がるストーリー構成は素晴らしいですよ。


pi.4直前、レイア姫のもとに究極兵器デス・スターの設計図とウィークポイントの情報が届くまでのお話。

つまり最初の「スターウォーズ」の開始10分前につながるというワクワクが止まらない映画ですが、期待以上の面白さでした。

はぐれ者たちの決死隊・ローグワンの壮絶な活躍は、これまでのSWシリーズにはないドキドキ感。

正直、この続きの知っているので結果はわかりきっているのですが、ここまでされるといやが上にも盛り上がります。

あと終盤の現役バリバリのダースベイダーはがやばいほど強い。。。オールドファンのわたしは感涙にむせびました^^

 

 

 

 

 

⇒無料で「ローグワン」を視聴する

 

 

 

この記事と関連する記事