闇金ウシジマくん映画1234動画をフルで無料視聴 ザファイナルも

昨年の9月・10月には、映画「闇金ウシジマくん」シリーズが2ヶ月連続で公開され注目されましたね。

私もTVシリーズからの大ファンでしたので、劇場で鑑賞しましたが、すごく楽しめました。

超面白すぎて、もう一回みたい!

とずっと思っていたんですが、ついに2017年10月1日から見放題配信が始まりました。

 

しかも無料お試しキャンペーン中ですので、初回の方は映画シリーズ『闇金ウシジマくんPart3』・『闇金ウシジマくん ザ・ファイナル』の動画をどちらも無料で楽しめます。

というか、映画シリーズ全4作、TVドラマシリーズ シーズン1~3+オリジナルドラマ(全8話)もあわせて無料でフル視聴できます。

まだの方は、ぜひこのチャンスに実写版「闇金ウシジマくん」をいっきに楽しんじゃってください。

 

「闇金ウシジマくん」映画・TVドラマシリーズの動画を無料でみるなら…

NTTドコモが運営する動画配信サービス【dTV】がおすすめです。

ドコモユーザーでなくても、登録するだけで日本でも最大級といわれる数のコンテンツがPC、スマホ、タブレットなどで楽しむことができます。

しかも、いまなら初回31日間無料お試しキャンペーン中ですので、「闇金ウシジマくん」シリーズも1ヶ月無料で見放題になります。


⇒【dTV】31日間無料トライアルはこちらから!!

 

【dTV】で配信中の「闇金ウシジマくん」シリーズ
-映画-
・「闇金ウシジマくんPart1」(2012年)
・「闇金ウシジマくんPart2」(2014年)
・「闇金ウシジマくんPart3」(2016年)
・「闇金ウシジマくんthe Final」(2016年)

-TVドラマ-
・「Season1」
・「Season2」
・「Season3」
・「dTVオリジナルドラマ(全8話)」

 

TVドラマ「闇金ウシジマくん Season3」は、過激すぎて地上波では放送されなかったシーンを完全収録したノーカット完全版になります。。。小さなお子様といっしょにはみないでください。。。^^;

さらに【dTV】オリジナルドラマは、ロバート秋山竜次さんが変態タクシーを怪演する、原作マンガでも人気のエピソード「スーパータクシー編」のドラマ化です。

【dTV】でしか見ることができない作品となりますが、ほかのシリーズ作品とくらべても遜色ない面白さでした。

 

実写版「闇金ウシジマくん」シリーズをみるなら、【dTV】がお得です。

 

 

以上、『闇金ウシジマくん映画1234動画をフルで無料視聴 ザファイナルも』。。。でした。

 

⇒【dTV】で「ウシジマくん」をまとめてみる!

 

 

「闇金ウシジマくんPart3」の感想



毎回「闇金ウシジマくん」を見ると、とてもお金に対して考えさせられることが多い。

しかし、それでもエンターテイメント作品としてしっかりまとまっているいるので、とても楽しんでみています。

今回は、フリーターからネット長者に駆け上がることを夢見る青年のお話がお話が面白かったです。

本郷奏多の演技も良かったし、乃木坂46の白石麻衣ちゃんがとてもキレイで可愛かった♪

いつものウシジマくんどおり、お金や欲に振り回される側の人間を浮き彫りにしているストーリーですが、珍しく希望のもてるエンディングは含みをもたせながらもとてもすがすがしく、2人にぴったりなエピソードだと思いました。

逆に共感できなかった登場人物である、女性にだらしなく、お金に汚い会社員のお話も、最後は納得言ったし、エピソードの混ぜ方もコミック原作作品には珍しく観ていて違和感ありません。

強いて言えば、最上もがちゃんがやっている役の存在意義が薄いのが、逆に興味が湧いていくるアタリが気になりました。

続編に期待と言うところでしょうか?


原作は読んでいないのですが、前作などを観ていても、かなり取材をした上でのストーリーなんだと感じます。

ただ映画用に用意されたような「いらないのでは?」と感じるキャラクターが多い気がする。

豪華といえば豪華ですが、お話を理解するのにちょっと混乱します。

ただ、 白石麻衣、筧美和子、最上もがといったスタイルの良いお姉さんがたくさん登場しますので、それはそれでアリですね。

ネットビジネス業界を舞台にした天生翔のエピソードは笑えました。

過剰なのですが、世の中を風刺したような作風がとてもおもしろく、ドラマ版も観たくなりした。


1作目・2作目に続き、今回も良かった^^

丑嶋役の山田孝之さんのキャラがたっていて、本当に面白いこのシリーズ。

今回はちょっと出番が少ないのですが、逆にドラマより短い時間に、ドラマ並みに登場人物数を詰め込んでいて、豪華な作品に仕上がっています。

今作品は、インターネット・マルチ・ビジネスに関わってしまうことになる青年と、キャバクラで女にお金を貢ぐ会社員のストーリーを中心になっています。

とくにオリエンタルランドの藤森さんが演じた、キャバクラ嬢にお金を貢いでしまう会社員がジェットスターのように落ちていくさまは、行きすぎている感はありますが、ある意味溜飲がさがって納得のいく結末に思わず笑ってしまいます。

闇金の世界が恐ろしすぎて、絶対に近づきたくなくなる反面教師てきな作品です。

「ザ・ファイナル」も楽しみです。

 

 

「闇金ウシジマくんthe Final」の感想



原作漫画の実写化作品のなかでは、もともと再現度が高いシリーズ。

そのなかでも、極めてその度合が高い作品に仕上がっています。

おなじみの丑嶋役の山田孝之さんはもちろん、子供時代の配役や、脇役などにいたるまで、本当によくハマっていてすごく感心しました。

今回は「ザ・ファイナル」ということもあり、ウシジマたちの現在と中学時代が交錯しながら、なぜウシジマが闇金の世界に入ることになったのかを映画いています。

泣きあり、笑いあり(?)、残虐ありという本当に珍しい作品ですが、今回は本当にしんみりさせられます。

逆に、八嶋智人演じる悪徳弁護士と美のカリスマ(真飛聖)の方のエピソードはあまり頭に入ってきませんでした^^

しかし本当に鰐戸三兄弟の貧困ビジネスのエピソードが悲惨だったので仕方ないですね。

本当に好きなシリーズだっただけに、終わってしまうのは残念ですが、キレイな終わり方だったので良しとします。


今作は、一連のウシジマくんシリーズの中では異色の登場人物がお客として登場します。

彼は自分の欲望のためにお金を借りに来るというのではなく、他人を助けるためにお金を借りに来ます。

金もなく仕事もない、力もないくせに立派なことばかりいうくせになにも出来なくて甘ったれています。

社会の最下層のなかで暮らすものの、そんな中ででも心を腐らすことがなく生きていくことは可能なのか突きつけてくるこのキャラクター。

シリーズの「ファイナル」にあたってかなり重め(このシリーズ自体毎回重めですが)のストーリーとなっています。

それにしても最下層といわれる生活の壮絶さをここまで描き出している作品はほかにありません。

観ていると本当に怖くなってきます。

今回は前回ちょっと出番が少なめだった主人公の丑嶋馨(山田孝之)はじめ、柄崎(やべきょうすけ)、高田(崎本大海)、戌亥(綾野剛)といったおなじみのカウカウファイナンスのメンバーもキチンと活躍しています。

さらに丑嶋の子供時代のストーリーもかなりふんだんに描かれていてまさにファイナルに相応しい作品だとおもいます。

竹本役の永山絢斗さんの不思議な存在感もすごかった^^


シリーズの最後「the Final」ですが、今回はウシジマの中学時代にさかのぼり、因縁のガクト3兄弟や、茜、そして同級生の竹本の話が中心。

闇金をカモにする弁護士や、美容業界のカリスマ女社長、最下層を餌食にする貧困ビジネスなど今回もさまざまな社会問題を、ユーモラスを加えて皮肉に描き出しています。

今作品では、主人公の丑嶋と同級生の竹本、2人の価値観の違いを観ている観客に問うてくるような作りになっていて、いままで続けてきたこのシリーズへのひとつの解答になっている気もします。

どちらの価値観に自分が共感することができるのか?

それにより、作品への評価もかわってくるのかもしれませんね。

絶対にこのシリーズのすべての作品を見た後に、視聴してもらいたい作品。

おそろくこれ1本見ただけでは、何がなんだかわからないと思います。

自分も「返せないお金は借りないようにしよう」となんどもおもう作品であり、シリーズでした。

 

 

⇒「闇金ウシジマくん」シリーズを無料視聴する!

 

 

 

この記事と関連する記事