マイティソー ダークワールド 動画をフルで無料視聴 吹き替えあり

「アベンジャーズ」シリーズでも大人気、アスガルドの王子兄弟ソーとロキ。

そんな2人が大活躍する「マイティ・ソー」の第2弾「マイティ・ソー/ダーク・ワールド」

マーベル映画の中でもとくにスケールの大きなシリーズですよね。

 

まだまだ注目の集まるMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)

 

しかし、関連作品がこれほど多くなってくると、気づいたら「マイティ・ソー/ダークワールド」見逃してた、とか新作を前にもう一度チェックしておきたい。。。という方も多いのではないでしょうか?

 

しかも、できれば無料で(´ヘ`;)

 

ということで今回は、映画「マイティ・ソー/ダーク・ワールド」の動画をフルで無料視聴する方法をご紹介します。

「マイティ・ソー」1作目や、そのほかマーベル・シネマティック・ユニバース関連作品もあわせて視聴できますので、とてもおすすめの方法です。

 

日本語字幕・吹き替えともにそろっていますよ^^!


 

 

映画「マイティ・ソー/ダーク・ワールド」の動画を無料でみるなら…

映画「マイティ・ソー/ダーク・ワールド」やマーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)の作品をまとめて動画配信しているのは、

あのツタヤさんが運営している動画配信サービス【TSUTAYA TV】

【TSUTAYA TV】ではただいま、無料お試しキャンペーンを実施中!

 

⇒【ツタヤ】30日間無料トライアルはこちらをクリック!

 

いま【TSUTAYA DISCAS/TSUTAYA TV】の無料お試しキャンペーンに登録すると、もれなく3つの特典がプレゼントされます。

その特典とは、

・30日間無料で動画が見放題!(新作などは対象外)
・新作・人気作が視聴可能な1,080円分の無料ポイント
・CD/DVDレンタルも無料!(最新作は対象外・8枚/月)

。。。というもの。

 

映画「マイティ・ソー/ダーク・ワールド」は人気作品ですので、視聴するには324~(税込み)のレンタル料金が必要です。

しかし、特典でもらえる1,080円分の無料ポイントを利用することで、「マイティ・ソー/ダーク・ワールド」も実質無料で視聴できます。

 

さらに【TSUTAYA TV】では。。。

・「アイアンマン」(2008)
・「インクレディブル・ハルク」(2008)
・「アイアンマン2」(2010)
・「マイティ・ソー」(2011)
・「キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー」(2011)
・「アベンジャーズ」(2012)
・「アイアンマン3」(2013)
・「マイティ・ソー/ダーク・ワールド」(2013)
・「キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー」(2014)
・「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」(2014)
・「アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン」(2015)
・「アントマン」(2015)
・「キャプテン・アメリカ/シビルウォー」(2016)
・「ドクター・ストレンジ」(2016)
・「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス」(2016)
・「スパイダーマン/ホームカミング」(2017)
・「マイティ・ソー/バトルロイヤル」(2017)
といったMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の作品も一挙ラインナップ。

残ったポイントや、無料で利用できるDVD宅配レンタル(8枚まで)を利用して、MCU作品をイッキ見することも可能ですね^^

 

ちなみにキャンペーン後の【TSUTAYA DISCAS/TSUTAYA TV】の月額料金ですが。。。

 

【TSUTAYA DISCAS/TSUTAYA TV】は他の動画配信サービスと比べて 月額2,417円(税抜)とちょっと高め。

ただし、これは「動画見放題 & 定額レンタル8」コースの値段です。

 

月額DVDレンタルを使わなければ、動画配信サービスのみに切り替えることで月額933円(税抜)にすることができます。

 

新作や人気作品は月額とは別に追加料金がかかりますが、実質レンタルビデオとの価格差はほとんどなく、最新作をすぐに見たい時にいつでもすぐ見れますので、 レンタルショップに行って借りるより早くて便利

 

また、月毎に最新作にも使える1,080円分の無料ポイントが付与されます。

たくさん動画を見る方なら、サービス利用料はタダとも考えられますね。

 

もちろん必要ないと思えば解約も全然OK。簡単に解約できます。そのためのお試しキャンペーンですので、遠慮はいりません。

 

「ツタヤにあるほぼ全作品」といわれる豊富なラインナップをご自宅でみることができるオンラインサービス。

まだの方はこの機会にお試ししてみてはいかがですか?

 

U-NEXTでも配信中!

大手動画配信サービス【U-NEXT】でも、MCU作品を一挙配信中です。

 

⇒【U-NEXT】31日間無料トライアルはこちらをクリック!!

 

そんな【U-NEXT】では、只今無料お試しキャンペーン実施中!

いま【U-NEXT】の無料お試しキャンペーンに登録すると、もれなく2つの特典がプレゼントされます。

 

その特典とは、

特典1:31日間無料で見放題!(新作などは対象外)
特典2:新作などが視聴可能な600円分の無料ポイント

。。。というもの。

映画「マイティ・ソー/ダーク・ワールド」は324円(税込み)で視聴できます^^

 

以上、「マイティソー ダークワールド 動画をフルで無料視聴 吹き替えあり」。。。でした。

 

 

⇒「マイティ・ソー/ダーク・ワールド」を視聴する

 

 

本ページの情報は2018年5月時点のものとなります。

最新の情報は【TSUTAYA DISCAS/TSUTAYA TV】【U-NEXT】 サイトにてご確認下さい。

 

 

「マイティ・ソー/ダーク・ワールド」の感想


前作の「マイティ・ソー」1作目と比べると断然今作のほうが魅力度が高まっているという印象があります。

前作まではあまり存在感が無かったキャラがダーク・ワールドでは大きな役割を持っており、今後のストーリーを展開していく上でも重要性が高まりました。

そのため、ほかの方のレビューなどにおいてもロキ(トム・ヒドルストン)がスクリーンに登場した瞬間から一気に物語のテンポが高まっていくという感想が多く見られます。

また、かつての1作目に比べると重厚感が高まっているので、スリリングなシーンも増加しており思わず見入ってしまいハラハラする場面もあります。

しかも、単にアクションが繰り返されるというわけではなく、アクションシーンとシリアスなシーンのバランスが良いのでメリハリが強調されています。

「マイティ・ソー」ファンの私にとっても満足な1本です。

というか、「アベンジャーズ」でももう少しソー存在感がましてほしいという願望が。。。

またアスガルドの雷神ソー(クリス・ヘムズワース)と、地球人の天文物理学者ジェーン・フォスター(ナタリー・ポートマン)のラブロマンス要素は、ひねりがないものの、全くブレがなくて観ていてうっとりします。

ダーシーとその助手とのラストとふくめて、今回の「マイティ・ソー」は恋愛要素が気持ちよかった。

恋人同士でみても満足できる作品に仕上がっていると思います。

ただ敵役マレキス(クリストファー・エクルストン)の設定が淡白で深みがなかったので、ソーとロキの兄弟にかなうわけないわなと安心してみれてしまったのが残念。

前回のラウフェイのほうがまだ解りやすかったと思いました。


映画「マイティ・ソー/ダーク・ワールド」は、2011年公開の、北欧神話をベースにした、マーベル・コミックの人気ヒーローを映画化した、マイティ・ソーの続編となります。

日本では2014年に公開された映画で、監督はアラン・テイラー、主演はクリス・ヘムズワースです。

イギリスの首都・ロンドンを舞台に、地球滅亡の危機に、主人公のソーが立ち向かっていくストーリーです。

北欧神話世界をフューチャーしたダイナミックな世界観や、スケールの大きさが同系統のアメコミ・ヒーローものの中でも際立っています。

マイティー・ソーやアベンジャーズのファンにとっては、大興奮な作品に仕上がっていて、宇宙空間のバトルファンタジーを味わえますね。

大規模な戦闘アクションが魅力的で、若い男性を中心に多くの映画ファンが楽しめる作品になっているとおもいますよ。

また前作からほとんどメディアに登場していなかった「レディ・シフ&ウォリアーズ・スリー」もちゃんと登場して安心しました。

シフがソー父であるオーディンのお気に入りで、婚姻をすすめられるくだりに妙に納得。

ほかのウォリアーズ・スリーに比べ、浅野忠信さんが演じるローガンの活躍シーンが少ないというのはショックでした。

密かにフォンドラル役がザッカリー・リーヴァイに変わっていたというのは気づきませんでしたが^^

あとオーディン役のアンソニー・ホプキンスたまにしか観ないけど、年取っちゃたな~。

また原作者のスタン・リーがチョイ役で出ていたのには笑えました。

といった細かい部分も楽しめる作品で私には合っていました。

マイティ・ソー/ダーク・ワールドは、マーベル映画シリーズの前作にあたる映画『アヴェンジャーズ』の戦いから一年後の話です。

あらすじはというと、ヒロインのジェーン(ナタリー・ポートマン)がロンドンの廃ビルにて、別の次元へ通じる穴を見つけてしまいます。

グランドクロス―惑星直列の影響で、世界の境界線が揺ぎ欠けている隙にその穴を穿ったのは、ダーク・エルフの一派。

ジェーンはダークエルフの力である、エーテルを身に宿す事となるのですが、長時間宿していると死の危険性もある物でした。

アスガルドに逗留するジェーンをダークエルフが狙うなか、ソー(クリス・ヘムズワース)は、弟のロキ(トム・ヒドルストン)と共に立ち上がり、ダーク・エルフを率いるマレキスと対決します。

対決はソー一行の勝利に終わりますが、弟のロキは死に、再びアスガルドとミッドガルドは分かたれ、エンディングとなります。

ただ、マーベルの映画にはエンディングの後にもおまけがあるので、最後までしっかりみてくださいね^^

個人的に好きだったのが、剣型の戦闘機。

そのフォルムや戦闘機としての機能がすごくカッコいいとおもいました。

叩き壊すことを前提に設計された戦闘機ってなかなか観たことないなぁと思い新鮮でした。

また門番のようなアスガルドの守護者ヘイムダル(イドリス・エルバ)や、ウォリアーズ・スリー(ヴォルスタッグ・ファンドラル・ホーガン)、シフ(ジェイミー・アレクサンダー)やフリッガ(レネ・ルッソ)など、前作のキャラクターも、ソーやロキに花をそえていて嬉しかった。

ソーはマーベル・ヒーローズのなかでは、少し出番が少ないけれどメインシリーズでこれだけばっちりやってくれてよかったと思いました。

もしかしたらアベンジャーズと一緒というのは、相性良くないのかなと思いました。

マイティ・ソー/ダーク・ワールドは、マイティ・ソーシリーズとしては2作目。

ソーが登場する作品としては、3作目になりますね。

弟であるロキとの兄弟喧嘩という、実は小さな物語を、世界観を神話的なレベルにまで広げることで壮大なスケールに拡大させる原作コミックとハリウッドの力に圧倒される第1作。

続く2作目では、新たな宇宙の根源的悪とでもいうべきダークエルフの支配者マレキスとその腹心アルグリム(カース)を相手にソーの戦いが描かれます。

前作以上に派手なVFXの素晴らしさと、人間的な魅力を備えつつあるソーとその仲間たちとの交流、そして愛憎相半ばするロキとの関係と見どころ盛りだくさん。

前作共々、人気を得るのも当たり前とも言えるところです。

神々とダークエルフの戦いが、この地球上で繰り広げられるというとんでもない話でしたが、前作以上に面白かったです。

ソーとロキの関係性がメインのシリーズとなっていますが、わたしをはじめ観客のほとんどはソー派だと思いますが、ロキの心情などをおもうと同情してしまいます。

しかし今作品は全体的に観て、ロキのための作品になっているといってもいいと思います。

ストーリーを構築していく序盤はすこし退屈な感じがしていたのですが、ロキが登場して活躍しだすとあっという間。

彼の魅力が溢れ出します。

いつもおどけているようにみせているけれど、じつは熱い男。

素直になれないロキに萌えます。

そして、この戦いはさらに次へと続きます。

シネマテッィク・ユニバースの面白さは、この先も継続的に楽しめると期待し信じたい。


 

⇒「マイティ・ソー/ダーク・ワールド」を視聴する