ハリーポッターと死の秘宝 動画を無料視聴 吹き替えあり!

大人気シリーズ「ハリーポッター」の映画シリーズの最終章、『ハリー・ポッターと死の秘宝』をフルで無料視聴する方法をご紹介します。

『ハリー・ポッターと死の秘宝』「PART1」・「PART2」あわせて無料でみる方法。。。あなたは知りたいと思いませんか・・・-O-;

 

などと、もったいつけてしまいましたが、映画「ハリーポッター」シリーズがどれでも3本無料で視聴できるサービスをご紹介します。

もちろん日本語字幕・吹き替えどちらも利用できますよ。

 

 

「ハリーポッター」シリーズの動画が3本無料で視聴できるのは。。。

TSUTAYAが運営する動画配信サービスの【TSUTAYA TV】

 

⇒【ツタヤ】30日間無料トライアルはこちらをクリック!

 

【TSUTAYA TV】ではただいま無料お試しキャンペーンを実施中!

いま【TSUTAYA DISCAS/TSUTAYA TV】の無料お試しキャンペーンに登録すると、もれなく3つの特典がプレゼントされます。

その特典とは、

・30日間無料で動画が見放題!(新作などは対象外)
・新作・人気作が視聴可能な1,080円分の無料ポイント
・CD/DVDレンタルも無料!(最新作は対象外・8枚/月)

。。。というもの。

 

人気作品の「ハリー・ポッター」シリーズは1作品につき324円(税込み)のレンタル料金が必要ですが、1,080円分の無料ポイントを利用することでシリーズ作品3本は実質無料で視聴することできます。

無料トライアルを利用すれば『ハリー・ポッターと死の秘宝』「PART1」・「PART2」あわせても実質無料で視聴できますね。

 

-【TSUTAYA TV】で配信されている「ハリーポッター」シリーズ-

『ハリー・ポッターと賢者の石』(2001年)
『ハリー・ポッターと秘密の部屋』(2002年)
『ハリー・ポッターとアズカバンの囚人』(2004年)
『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』(2005年)
『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』(2007年)
『ハリー・ポッターと謎のプリンス』(2008年)
『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1』(2010年)
『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2』(2011年)
※日本語字幕・吹き替えともに配信中。

もちろん続編となる「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」も配信中です。

この機会に「ハリーポッター」シリーズを、全部みるなんて言うのもいいですね^^

 

⇒映画「ハリーポッターと死の秘宝」を無料でみる

 

 

U-NEXTでも配信中!

動画配信サービスの【U-NEXT】でも、映画「ハリーポッター」シリーズを一挙配信中です。

【U-NEXT】でも、ただいま無料お試しキャンペーンを実施中!

 

⇒【U-NEXT】31日間無料トライアルはこちらをクリック!!

 

いま【U-NEXT】の無料お試しキャンペーンに登録すると、もれなく2つの特典がプレゼントされます。

その特典とは、

特典1:31日間無料で見放題!(新作などは対象外)
特典2:新作などが視聴可能な600円分の無料ポイント

。。。というもの。

 

2つの特典をあわせて利用することで映画「ハリー・ポッター」シリーズ(各\432)も1作品ですが実質無料で視聴できますね。

 

 

以上、『ハリーポッターと死の秘宝 動画を無料視聴 吹き替えあり!』。。。でした。

 

⇒【TSUTAYA TV】「死の秘宝」を無料でみる

 

本ページの情報は2017年11月時点の情報となります。
最新の情報は各本体サイトにてご確認下さい。

 

 

 

映画「ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1」の感想(ネタバレ注意)


死の秘宝PART1はハリーポッターシリーズ最終章で、2部構成となっています。

PART1ではダンブルドアが亡くなってからヴォルデモート卿の闇の勢力が増していって、ハリーポッターや仲間たちにとって安全な場所は無い状況の中で、ヴォルデモートを倒す唯一の方法、分霊箱を探して破壊するためにハリーポッターとハーマイオニー、ロンは旅に出ます。

そのうちに伝説の秘宝である死の秘宝のことをルーナを通じて知ることになります。

死の秘宝がヴォルデモートのもとに入ったら全てが暗黒の世界になるため、ヴォルデモートよりも先に手に入れようとしますが、ダンブルドアの墓に埋葬されていた3つの秘宝のうちの一つ、ニワトコの杖をヴォルデモートは先に手に入れてしまいます。


前作の「謎のプリンス」の流れから、ヴォルデモートを滅ぼすために唯一の方法となる分霊箱の破壊をダンブルドアから命じられて、それに対してハリーとハーマイオニー、ロンが出発するというのはかなりドキドキとしたし、今までのハリーポッターの出だしとは違いシリアスな雰囲気が伝わってきて、作品全体が深刻な雰囲気の作品なんだろうなと感じ取ることができました。

仲間割れをしてしまったりと、友情も試される内容になっていて今まで見たハリーポッターのようにドキドキワクワクするだけではなく、色々と考えさせられる内容でした。

レビューとしてはかなり高評価をつけても良いなと思うことができる出だしだし、最後までハラハラドキドキすることができました。


映画ハリーポッターと死の秘宝PART1のレビューは、クライマックス前夜の独特の緊張感が漂っている映画という印象を受けました。
ハリーとハーマイオニーのキスシーンがあるなど、登場するキャラクターの成長を見ることが出来て嬉しい部分がありました。

映画の雰囲気はダークなものです。

死の秘宝というタイトルが付けられているくらですから、雰囲気が明るすぎてもいけないのかと納得しました。

まさにダークファンタジーといった様相です。

それに映像が綺麗です。

暗い画面になりがちでも、しっかりとキャラクターの輪郭は映し出しています。ですから、カメラワークが良いのだと思いました。

ストーリー性も高いことから脚本の完成度も高いのだという印象を受けました。


「ハリーポッターと死の秘宝PART1」は、シリーズ7作目。最終章である「死の秘宝」のPART1。

物語の終盤にさしかかり、伏線が回収されないまま絶望的な状況でPART2につながるストーリーなので、PART1だけでは消化不良なのは仕方なく、重要なキャラクターも死んでしまうため、続きを見ないわけにはいかないと思わせる展開でした。

感想としては、魔法の描写は少なめなところが寂しかったですが、今までの謎とモヤモヤが少しずつ解明されてゆき、登場人物たちの葛藤や成長が描かれているところは魅力的。

全般的に重苦しいダークな展開で、好きだった登場人物が死んでしまったり悲しい場面もありましたが、迫力ある映像と美しい演出で概ね満足できた映画です。

 

 

映画「ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2」の感想(ネタバレ注意)



復活を遂げたヴォルデモート郷を再び倒すためには彼の力を分散させた分霊箱を壊さなければならないということから、ハリーたちは旅に出ます。

その最中で仲間割れをしたり、ハリーの母とスネイプの間にあった過去を知ったりと様々な展開を見せます。

死の秘宝PART2はシリーズ最後の作品ということもあって様々な謎が解き明かされるような内容だったと思います。

終盤ではホグワーツに押しかけてくる闇の勢力に全員の力を終結させて戦う姿が描かれており、ハラハラドキドキしながら見ることができました。

果たしてハリーたちホグワーツ側はヴォルデモート郷が束ねる闇の勢力に勝つことができるのか、どういった結末が待っているのかが分かります。


「死の秘宝PART2のレビューとしましては、上手に纏めあげられているなという印象です。

物語が進むにつれて複雑になっていきましたので、どのような終着点を迎えるのかと予想が出来なかったのですが、しっかりと全編を通じておかれた伏線を見事に回収できています。

ですから、物語が破綻していません。

スネイプの行動の理由、分霊箱の意味、ヴォルデモートとの決戦など、しっかりと描写されていますからスムーズに映画の世界へ入ることが出来ました。

映画のストーリーに見入ってしまって、時間を忘れてしまうくらいの完成度です。

ハリーポッターシリーズの中でも、この映画は最終章を飾るに相応しい映画と言えると思います。


映画「ハリーポッターと死の秘宝PART2」の鑑賞者レビューがとても良かったのですが、当時劇場公開時、なかなか映画館に行けなくて結局DVDで見ました。

「ハリーポッターと死の秘宝PART1」に引き続きヴォルデモートとの激しい戦い、ダンブルドア校長の死など終始暗い雰囲気の中、話が進んでいくので、明るい「賢者の石」「秘密の部屋」から順番に見ていくとその違いに驚きました。

スネイプ先生の正体など、明らかにされる謎もあり面白く感じました。

またハリーたちの19年後も描かれ、子どもたちがホグワーツ魔法魔術学校に向かうために列車に乗ろうとしているシーンもあり、まだまだハリーの魔法の世界は終わらないんだなと感じました。


PART2は、物語の完結編。

全ての伏線が回収され、様々な謎が明らかになります。

印象的だったのは、やはりスネイプ先生です。

物語の前半から登場して憎まれ役を演じながらも、実がハリーの母親と深いつながりがあった過去が描かれ、謎だった行動の理由が分かりせつなくなりました。

この物語の、もう1人の主人公だったのではという感想です。

7作見続けてきた登場人物たちの成長と葛藤は感慨深く、ネビルの活躍が印象深かったです。

最終戦だけあって、主要なキャラクターがかなり亡くなってしまったのは寂しかったですが、終盤のアクションシーンも見応えがあり、ヴォルデモートを倒し長い戦いが終わったときには、長かった物語もこれで終わりという寂しさがありました。

最後の後日譚はニヤリとさせられる部分もあり、微笑ましかったです。

 

⇒【TSUTAYA TV】ハリーポッターシリーズを無料でみる

 

 

 

この記事と関連する記事