ハリーポッターと炎のゴブレット 動画を無料視聴 吹き替えあり!

映画「ハリーポッター」シリーズの第4作目『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』

フル動画をキレイな画質でみたいとおもいませんか?

。。。できれば、無料で^^

そんな時にオススメなのが動画配信サービスのお試しキャンペーン

キレイな画質で、スムーズに、映画をパソコンやスマートフォンから視聴できることができます。

 

また、登録するだけでもれなく最新作品や人気作も視聴することができる、無料ポイントもプレゼントされます

ということで、このページでは映画『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』の動画をフルで無料視聴する方法をご紹介します。

 

 

 

 

映画「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」を無料でみるなら…

映画「ハリーポッター」シリーズ全8作品をまとめて配信しているのは、動画配信サービスの【TSUTAYA TV】

 

⇒【ツタヤ】30日間無料トライアルはこちらをクリック!

 

DVDやCDのレンタルで有名なツタヤが運営する【TSUTAYA TV】ではただいま無料お試しキャンペーンを実施中!

いま【TSUTAYA DISCAS/TSUTAYA TV】の無料お試しキャンペーンに登録すると、もれなく3つの特典がプレゼントされます。

その特典とは、

・30日間無料で動画が見放題!(新作などは対象外)
・新作・人気作が視聴可能な1,080円分の無料ポイント
・CD/DVDレンタルも無料!(最新作は対象外・8枚/月)

。。。というもの。

 

人気作品の「ハリー・ポッター」シリーズは1作品につき324円(税込み)のレンタル料金が必要ですが、1,080円分の無料ポイントを利用することでシリーズ作品3本は実質無料で視聴することできます。

無料トライアルを利用すれば『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』も実質無料で視聴できますね。

 

 

-【TSUTAYA TV】で配信されている「ハリーポッター」シリーズ-

『ハリー・ポッターと賢者の石』(2001年)
『ハリー・ポッターと秘密の部屋』(2002年)
『ハリー・ポッターとアズカバンの囚人』(2004年)
『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』(2005年)
『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』(2007年)
『ハリー・ポッターと謎のプリンス』(2008年)
『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1』(2010年)
『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2』(2011年)
※日本語字幕・吹き替えともに配信中。

「ハリーポッター」シリーズの続編として、2016年に公開された「ファンタスティックビーストと魔法使いの旅」も配信中です。

この機会に「ハリーポッター」シリーズを一気に視聴するなんていうのもいいですね^^

 

⇒「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」を無料でみる

 

U-NEXTでも配信中!

動画配信サービス【U-NEXT】でも、「ハリーポッター」シリーズが一挙配信されています。

 

⇒【U-NEXT】31日間無料トライアルはこちらをクリック!!

 

【U-NEXT】でも、ただいま無料お試しキャンペーンを実施中!

いま【U-NEXT】の無料お試しキャンペーンに登録すると、もれなく2つの特典がプレゼントされます。

その特典とは、

特典1:31日間無料で見放題!(新作などは対象外)
特典2:新作などが視聴可能な600円分の無料ポイント

。。。というもの。

 

2つの特典をあわせて利用することで映画「ハリー・ポッター」シリーズ(各\432)も1作品ですが実質無料で視聴できますね。

 

 

以上、「ハリーポッターと炎のゴブレット 動画を無料視聴 吹き替えあり!」。。。でした。

 

⇒【TSUTAYA TV】「炎のゴブレット」を無料視聴する

 

本ページの情報は2017年11月時点の情報となります。
最新の情報は各本体サイトにてご確認下さい。

 

 

 

映画「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」の感想(ネタバレ注意)


ハリーポッターシリーズの4作目となるのが「ハリーポッターと炎のゴブレット」です。

ホグワーツを含めた他の魔法学校との対抗試合をメインに描いた作品で、対象となる学年でもないのになぜかその選手に選ばれてしまったハリーが、不本意にもその試合に参加して様々な試練に立ち向かうというストーリーなのですが、他校の生徒が登場することからそれぞれの恋愛模様を垣間見ることができて「学生らしい」と思った作品でした。

もちろん様々なお題が出される対抗試合をどのように乗り越えていくのかと奮闘するハリーの姿も見ていて面白かったですし、最後にはヴォルデモート郷の登場もあったので今後の展開が気になる終わり方になっていたと思います。


「ハリーポッターと炎のゴブレット」はホグワーツ魔法魔術学校で開催された三大魔法学校対抗試合をメインに描かれた作品です。

三大魔法学校対抗試合の中でも一番の見所となったのは一回戦のドラゴンの戦いでした。

ハリーポッターがホグワーツ校内を飛び出してドラゴンと戦うシーンは迫力満点で、CGとは思えないほどリアルに描かれていました。

また、今作の感想として最も多いと思われるのが前3作とは違って暗さを感じるということです。

特に今作で開催された三大魔法学校対抗試合にはヴォルデモートの復活のための罠が仕組まれており、ハリーポッターを含めた大会参加者に多くの危険が迫ります。

その結果、ハリーポッターと共に優勝を果たしたセドリックが殺され、ヴォルデモートが復活してしまったのです。

このヴォルデモート復活がいかに恐ろしいことであるかを今作の暗さが見事に表現していると思います。


映画「ハリーポッターと炎のゴブレット」の感想です。

この作品は同シリーズ第4作目となりますが、中でも1,2を争うくらい好きです。

それは本で読んだときよりも映画として観たときに、より強く感じました。

というのも、ハリーポッターシリーズを通して描かれている魔法の世界が、前3作を踏まえたこの4作目でより広がったと感じるからです。

今まで魔法魔術学校はホグワーツしか描かれていなかったのが、この作品では別の学校の生徒及びそのカラーが色濃く打ち出されています。

各校のビジュアルや主義などを目にするたび、ハリーポッターの世界が現実味を増していくようでした。

また、ヴォルデモートとの直接対決がついに描かれており、お腹いっぱいという感じで見ごたえを感じました。

更に付け加えるならば、ロンの子どもっぽいところが年頃の男の子という感じで好きなので、今作で嫉妬したりしているシーンが良かったです。


シリーズものは最初のストーリーは印象に残っているものの、徐々にストーリーを忘れがちになってしまう傾向にある私にとって、ハリーポッターも同様でした。

全作見ているもののどの作品がどのような内容で、登場人物も主要人物以外は分からなくなってしまいます。

そんな中で炎のゴブレットは魔法学校同士の対抗試合の話だったので、ストーリーのつながりを重要視することなく楽しんでみることができました。

ヴォルデモート郷が復活するか否かというきわどい時期のストーリーでしたが、学生らしいシーンもたくさんあって見やすかったというのが私のレビューです。

物語の終盤ではヴォルデモート郷の復活シーンも見られたので、次回作ではどういったストーリーになるのか楽しみにさせる終わり方で良かったと思います。

 

⇒【TSUTAYA TV】でハリーポッターを無料視聴する

 

 

この記事と関連する記事