美女と野獣 実写映画 動画をフルで無料視聴 字幕吹き替えあり!

ディズニーアニメの歴史的名作の実写化で話題をよんだエマ・ワトソン主演の「美女と野獣」


 

 

動画をお探しならこちらの無料おためしキャンペーンがおすすめです。
↓↓↓
⇒【ツタヤ】30日間無料トライアルはこちらをクリック!

 

 

 

実写版「美女と野獣」をみるなら【TSUTAYA】がおすすめ

ディズニー作品の動画を豊富に配信しているのは、ツタヤの動画配信サービス【TSUTAYA TV】

エマ・ワトソン主演実写版「美女と野獣」も【TSUTAYA TV】で配信されています。

もちろん日本語字幕・吹き替えともに配信中です!

 

いま【TSUTAYA DISCAS/TSUTAYA TV】の無料お試しキャンペーンに登録すると、もれなく3つの特典がプレゼントされます。
その特典とは、
・30日間無料で動画が見放題!(新作などは対象外)
・新作・人気作が視聴可能な1,080円分の無料ポイント
・CD/DVDレンタルも無料!(最新作は対象外・8枚/月)
。。。というもの。

 

エマ・ワトソン「美女と野獣」は人気作品ですので、視聴するのに432円(税込み)のレンタル料金が必要となります。

しかし特典の無料ポイントを利用することで実質無料で「美女と野獣」を視聴することができます。

 

また「美女と野獣」といえば、ディズニーアニメ版「美女と野獣」(324円)や、2014年にフランスでヴィルヌーブ夫人版の物語をもとに実写化されたレア・セドゥ版「美女と野獣」(540円)も動画配信されています。

のこったポイントや無料で利用できるDVDレンタルで、こちらもあわせて見くらべてみるのもいいですね^^

 

ちなみにキャンペーン後の【TSUTAYA DISCAS/TSUTAYA TV】の月額料金ですが。。。

 

【TSUTAYA DISCAS/TSUTAYA TV】は他の動画配信サービスと比べて 月額2,417円(税抜)とちょっと高め。

ただし、これは「動画見放題 & 定額レンタル8」コースの値段です。

 

月額DVDレンタルを使わなければ、動画配信サービスのみに切り替えることで月額933円(税抜)にすることができます。

 

新作や人気作品は月額とは別に追加料金がかかりますが、実質レンタルビデオとの価格差はほとんどなく、最新作をすぐに見たい時にいつでもすぐ見れますので、 レンタルショップに行って借りるより早くて便利

 

また、月毎に最新作にも使える1,080円分の無料ポイントが付与されます。

たくさん動画を見る方なら、サービス利用料はタダとも考えられますね。

 

もちろん必要ないと思えば解約も全然OK。簡単に解約できます。そのためのお試しキャンペーンですので、遠慮はいりません。

 

「ツタヤにあるほぼ全作品」といわれる豊富なラインナップをご自宅で視聴することができるオンラインサービス。

まだの方はこの機会にお試ししてみてはいかがですか?

 

⇒【TSUTAYA TV】「美女と野獣」を無料視聴する

 

以上、『美女と野獣 実写映画 動画をフルで無料視聴 字幕吹き替えあり!』。。。でした。

 

本ページの情報は2017年11月時点の情報となります。
最新の情報は【TSUTAYA DISCAS/TSUTAYA TV】 本体サイトにてご確認下さい。

 

 

実写版映画「美女と野獣(2017)」の感想(ネタバレ注意)


世界的名作の実写版とあってストーリーはすでに知っていたのですが、アニメ版を忠実に再現しつつもオリジナルな要素も多々あり、なおかつ映像が綺麗でとても感動しました。

ベル役のエマ・ワトソンが可愛いから綺麗に変わっていたのにも感激。

美しさは去ることながら、歌声、演技もすばらしいと思いました。
また、作曲家のアラン・メンケン氏がこの実写版でも音楽監修、楽曲提供をつとめているとのことで、期待をしていたのですが、期待を裏切られるほど良かった。

アニメ版では描ききれていなかった登場人物たちのバックボーンも丁寧に描かれて新鮮でした。

アニメ版のファンでも満足できるのでは。。。


子供の頃からアニメや絵本で知っていて、今回ベル役がエマ・ワトソンの実写だと聞いて見に行ってみました。

始まった瞬間からワクワクして一緒に歌いたくなりました。

ディズニーアニメとして知っている内容だけど、やっぱり映像も綺麗で、実際本人たちのが歌っているのでステキです。

9割方ストーリーがアニメと一緒でビックリ。

ガストン(ルーク・エヴァンス)がイケメンで、父親モーリス(ケヴィン・クライン)がなかなかスタイリッシュだったのには違和感ありましたが、映像全体が淡いゴールドで覆われた感じで綺麗です。

燭台に変えられれた給仕長、ルミエールさんがユアン・マクレガーだったとあとで気づきました。


アニメ版を観たことがなかった。

リア充向けのデートムービーだと思っていたら大間違い。

これは普段まわりから変わりもの扱いされ、孤独な思いをしているオタクのための映画じゃないですか!

変わり者がついに自分の居場所を見つける物語。

どんな人にもおすすめできる優しい映画ですが、とくにひとりで孤独に趣味や仕事に打ち込んでいる人たちにこそ観てほしい名作だとおもいます。

なぜベルと野獣が恋に落ちたのか、オタクの私にもすごくわかります。

人によって元の作品との比較によっていろいろな意見はあると思いますが、ディズニーだけにしっかりと力をこめてつくられていて、とてもステキに仕上がっています。


アニメとしてははじめてアカデミー作品賞にノミネートされたディズニーアニメの金字塔である「美女と野獣」に、「ハリー・ポッター」シリーズのハーマイオニー役で、老若男女に人気のエマ・ワトソン。

最高に話題性のあるGW映画として、楽しみにしていました。

ミュージカル映画初挑戦とは思えないエマ・ワトソンを中心に、野獣を演じたのは「ダウントン・アビー」のマシュー役で人気のダン・スティーヴンス。

ダン・スティーヴンスは、当然ほとんど野獣の姿をしているのですが、やっぱり素敵ですね。

脇役も燭台に変えられれた城の給仕頭にユアン・マクレガー、ポット夫人がエマ・トンプソンなど豪華なメンバーでした。

アニメ版公開から25年たっているので、新しい「美女と野獣」が見ることができて感激です。


「ドリームガールズ」のビル・コンドン監督が目指した女の子が好きそうな世界観、美しい音楽と映像、間違いのない名作ストーリー。

そして今がまさに美しさの絶頂ってかんじのエマ・ワトソン。

最高のデート映画ですね。ちょっと長いけど。。。

ガストンの野蛮でいやらしい雰囲気がよく表現されていて、演じたルーク・エヴァンスはハマっていました。

以前、フランス版の実写も観たけれど世界観がかなり対照的で、ディズニーが制作するとここまで明るくファンタジーに、そして豪華に仕上がるのがやなりスゴイと思いました。

原作の持つへんなエグ味は消え、それでいて物語のもつ悲哀も伝わってきます。


フランスの古典文学をもとに、ディズニーがアニメ化しディズニーアニメの黄金期を築き上げた傑作「美女と野獣」。

もう誰もが知っているであろう物語なので、新鮮さはないけれどそんなことを吹き飛ばす程の豪華絢爛な映像美とスピーディな物語進行でエンタメ作品として十分たのしめました^^

「真実の美しさは内面に宿る」という本作品のテーマはベル役のエマ・ワトソンという知的で自立性のあるヒロインを迎え、新しい挑戦すらも感じました。

野獣の見た目は、はじめ見たときは少し迫力に欠け、アニメのほうがいいなと思っていたのですが、何度も見返してみると、元の人間の姿を残している感じがまたいいなと思えるようになってきました。

音楽も、最初の街の雰囲気も最高です。


エマ・ワトソンちゃんが可愛すぎて、こんな名作でもエマ・ワトソンの存在のほうが終始勝っている感じがした。

オープニングの曲が感動をおぼえるほどの完成度で、何度でも観たくなります。

セットの世界観も素晴らしく、ディズニーらしいかわいらしさが所々に残っていて、無理なく観ていられました。

ただ、ちょっとストーリーがちょっと唐突だなと思いました。

構成に難ありという感じ。

ご都合主義ともいえますが、エマが可愛いからすべて許せます^^

実写版の童話作品としては1番好きです。

映画館で観たらとても良かっただろう作品だけに、観れずに残念。

観に行けばよかった。。。


きらびやかで豪華な映像、ユーモアが引き立つ演出、文句なくすばらしい楽曲。

とてもディズニーらしくて嬉しかった。

とくにルミエールが食事の支度をするシーンが大好きです。

ディズニーランドのアトラクションなどでも作ってほしいなぁ。

古時計やティーカップの親子もとてもかわいかったし、羽ぼうきに変えられてしまったルミエールの恋人ブリュメットも素敵でした。

アニメ版が好きすぎる私でも、この実写版はコレはコレで別物として大切にできると思える作品になっていました。


⇒実写版「美女と野獣(2017)」を無料視聴する

 

 

 

 

この記事と関連する記事