スターウォーズ動画 エピソード4を無料視聴 吹き替えあり!

歴史的SF作品「スターウォーズ」のシリーズのはじまり。。。『スターウォーズ エピソード4/新たなる希望』の動画をフルで無料視聴する方法をご紹介します。

というかオリジナル・トリロジー(旧三部作)まとめて無料で見れちゃいますよ(^^)/

日本語字幕・吹き替えどちらも配信中!
 

 

※12/8 追記

最新作「スターウォーズ/最後のジェダイ」公開記念!

動画配信サービス【Hulu】で6週間限定「スターウォーズ」シリーズ、エピソード1~6見放題配信が開始されました。

12月15日から「フォースの覚醒」も1週間限定で配信開始!

 

今、みるならこちらがオススメです。

⇒【Hulu】2週間無料トライアルはこちらをクリック!!

 

「スターウォーズ エピソード4/新たなる希望」の動画を無料でみるなら…

ツタヤが運営する動画配信サービス【TSUTAYA TV】の無料おためしキャンペーンがおすすめ!

映画「スターウォーズ」シリーズが一挙配信中です。

 

⇒【ツタヤ】30日間無料トライアルはこちらをクリック!

 

【TSUTAYA TV】ではただいま無料お試しキャンペーンを実施中!

いま【TSUTAYA DISCAS/TSUTAYA TV】の無料お試しキャンペーンに登録すると、もれなく3つの特典がプレゼントされます。

その特典とは、

・30日間無料で動画が見放題!(新作などは対象外)
・新作・人気作が視聴可能な1,080円分の無料ポイント
・CD/DVDレンタルも無料!(最新作は対象外・8枚/月)

。。。というもの。

 

人気作品のスターウォーズシリーズは、動画配信をレンタルするのに324~432円(税込み)必要です。

しかし、

『エピソード4/新たなる希望』-432円~
『エピソード5/帝国の逆襲』-324円~
『エピソード6/ジェダイの帰還』-324円~

という価格設定になっていますので、合計は432円+324円+324円=1,080円

特典でプレゼントされる、1,080円の無料動画ポイントでぴったり。

「スターウォーズ」エピソード456も3作まとめて、実質無料で視聴できますね。

 

【TSUTAYA TV】ではその他「スターウォーズ」も一挙動画配信中!

-【TSUTAYA TV】で配信されている「スターウォーズ」シリーズ-

・『スターウォーズ:エピソード4/新たなる希望』(1977)
・『スターウォーズ:エピソード5/帝国の逆襲』(1980)
・『スターウォーズ:エピソード6/ジェダイの帰還』(1983)

・『スターウォーズ:エピソード1/ファントム・メナス』(1999)
・『スターウォーズ:エピソード2/クローンの攻撃』(2002)
・『スターウォーズ:エピソード3/シスの復讐』(2005)

・『スターウォーズ/フォースの覚醒』(2015)
・『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』(2016)
※日本語字幕・吹き替えともに配信中!!

また、スターウォーズシリーズの生みの親、ジョージ・ルーカス監督が原案・製作総指揮をつとめたCGアニメ「スターウォーズ:クローン・ウォーズ」や、エピソード3と4の間のストーリー「スター・ウォーズ:反逆者たち」も好評配信中です。

 

U-NEXTでも配信中!

動画配信サービス【U-NEXT】でもおなじく「スターウォーズ」シリーズを一挙配信中です。

しかし、無料視聴できるのは1作品のみになります。

 

⇒【U-NEXT】31日間無料トライアルはこちらをクリック!!

 

【U-NEXT】でも、ただいま無料お試しキャンペーンを実施中!

いま【U-NEXT】の無料お試しキャンペーンに登録すると、もれなく2つの特典がプレゼントされます。

その特典とは、

特典1:31日間無料で見放題!(新作などは対象外)
特典2:新作などが視聴可能な600円分の無料ポイント

。。。というもの。

 

「スターウォーズ」シリーズは1作品につき\378~\432で配信中です。

 

 

以上、『スターウォーズ動画 エピソード4を無料視聴 吹き替えあり!』。。。でした。

 

⇒【TSUTAYA TV】スターウォーズを無料視聴する

 

本ページの情報は2017年12月時点の情報となります。

最新の情報は、【TSUTAYA TV】【U-NEXT】の 本体サイトにてご確認下さい。

 

 

 

映画「スターウォーズ エピソード4/新たなる希望」の感想(ネタバレ注意)


「スターウォーズ エピソードⅣ/新たなる希望」は1977年に公開されたSF映画の金字塔スターウォーズシリーズの実質的な第1作目になります。

公開当時のタイトルは単純に「スター・ウォーズ(Star Wars)」であり、1999年に「スターウォーズ エピソードⅠ/ファントム・メナス」が公開された際に現在のタイトルへと変更されました。

スターウォーズシリーズは全9部により構成される、大河ストーリーとして構想されました。

その中でエピソード4が第1作目に選ばれたのは、シンプルでわかりやすいストーリーや、ルーク・スカイウォーカーやダース・ベイダーなどの魅力的なキャラクターの影響が大きいのではないでしょうか。

スター・ウォーズは公開直後から大ヒットを記録し、後のシリーズ展開の礎になりました。

「スター・ウォーズ(Star Wars)」のオリジナル版は1970年代に製作されたものであるため、特撮技術などに若干古さを感じるかもしれません。

1997年に公開された特別篇からは最新のCG技術による大幅な修正が施されていますので、オリジナル版と比較してみるのもオススメです。

低予算ながらこれだけの完成度の作品を作り出せたのは、やはりジョージ・ルーカスの手腕があってこそだと思います。

個人的に、当時オファーされたといわれるオビ=ワンの役を三船敏郎氏に引き受けて貰いたかったなぁ~。

当時無名だったハリソン・フォードをトップスターにのしあげた作品。

フォースのような何かしら見えない力が秘められている作品だと思います。


名作スターウォーズシリーズの中に有って異彩を放つ作品「スターウォーズ エピソード4/新たなる希望」です。

タイトルにあるように希望を与えてくれる作品で、見る人をワクワクさせてくれます。

今後どのような展開になっていくのかハラハラ・ドキドキ。

私の評価は星3つ以上を与えてもおかしくない作品ですし、多くの方の評価は高評価です。

評判も評価も高い理由は作品の出来が良いからでしょうね。

ストリー展開やバトルシーンも今までにない斬新が評価されました。

さすがアカデミー賞を受賞し、公開されて年月も経っていますが、今まだに色あせない、今見てもとても良い作品です。

40年前の作品とはとても思えません。

映像はもちろん古いですが現代の若い世代の人が見ても、とても良い作品だということが伝わるだろうと感じます。

登場人物のキャラに個性があって、キャラ設定がしっかりしているため非常に魅力的ですし、続編を視聴したあとで、その前後の人間関係をしってから見たところしみじみと感じ入りました。

物語も舞台背景が壮大で、結果を知っていたとしても「これからどうなるのか」と期待をよせることのできる終わり方にはワクワクします。

そう考えると最初にこの世界観を作り出してくれたジョージ・ルーカスがすごいという結論に行き着きます^^

内容的にもほとんど勧善懲悪でとてもわかりやすく、視聴後もスッキリできるので、やはりエンターテイメント作品としておすすめできます。


「スターウォーズ4/新たなる希望」は、流石にスターウォーズシリーズで最も古い作品なので、映像やCGなどの表現方法などの多少のレトロ感は出てますが、ストーリーや世界観がしっかりしているので今見ても十分楽しめます。

この作品のの評価される見どころは、圧倒的な兵力を持ったダースベイダー率いる帝国軍と弱小レジスタンスである同盟軍の戦い。

色褪せないSFチックな世界観とテンポの良さと、主人公とその宿敵である父親の戦う宿命の悲劇にあると思います。

ここからは簡単なあらすじ-ネタバレがありますので、未見の方は飛ばして頂きたいのですが。。。

始まりは、劣勢の同盟軍が帝国の新兵器の情報を辺境の惑星にいる伝説の騎士に託す所から始まります。

主人公は父譲り好奇心に抗えない性格で、伝説の騎士と一緒に旅立ちます。

そこに、後のストーリーで関わるキャラが加わって、一波乱二波乱と波乱万丈な旅を経て一緒に旅した伝説の騎士を父親に殺され、自分も片腕を父親に切られて、帝国の新兵器の設計図を同盟軍の要塞に届けます。

届けた設計図で、主人公は戦闘機に乗って巨大新兵器を仲間の同盟軍のパイロットを偽性にしながらも、フォースの力によって排気口に魚雷を打ち込むという神業で破壊します。

文字面以上にシンプルなストーリーですし、ダイナミックな展開ですので、現代の若い方にも感覚的に楽しんでいただける歴史的娯楽作だと思います。

ジェダイの騎士がライトセイバーを持って戦う姿を只々みて楽しむという見かたでも良いとおもいます。


スターウォーズシリーズは本編映画以外にも様々なスピンオフ映画、ドラマ、小説、コミック、アニメなど多くの作品がありますが、特に熱心なマニアに支持されているのがこのエピソード4と言えましょう。

それはこのエピソード4の前日譚を描いたスピンオフ映画、ローグワンの評価が高いことからも分かります。

いわばスターウォーズシリーズ原体験が本編映画第一作目である「スターウォーズ4/新たなる希望」である、という世代があって、その方々に篤い支持を受けていることがその要因とも申せます。

ルーク、ソロ、レイアという主要キャスト以外にもチューバッカ、R2-D2、C-3POといった人気キャラクターの登場作でもあり、何より全米公開から一年も経ってからの日本上映でしたので情報ばかりが先行し、本編を見たいという飢餓感により公開時爆発的な人気を得たこともその後押しとなっていると言えます。

スターウォーズを語るにはまずエピソード4を踏まえておくべきとも申せるほど評価の高い作品と言えましょう。

私自身このシリーズをなんどもくり返し鑑賞しました。

なんど見ても面白いと思えるし、その都度夢中になってしまうSF映画の最高傑作シリーズだと思います。

エピソード3(シリーズ6作目)で完結してしまって残念に思っていましたが、新シリーズが始まって幸せにございます。

若き日のルーク(マーク・ハミル)はじめ、ハン・ソロ(ハリソン・フォード)、レイア姫(キャリー・フィッシャー)などが、フレッシュでベン・ケノービ(アレック・ギネス)の元気な姿をみると涙が溢れてきます。

 

⇒【TSUTAYA TV】スターウォーズを無料視聴する

 

 

 

この記事と関連する記事