スターウォーズ動画 エピソード6 無料視聴 字幕吹き替えあり!

SF映画の金字塔「スターウォーズ」シリーズ旧三部作の完結編となる『スターウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』

そんなエピソード6の動画をフルで無料視聴する方法をご紹介します。

あわせてオリジナル・トリロジー(旧三部作)全部、まとめて無料で視聴することもできちゃいますよ(*’▽’)

日本語字幕・吹き替えあわせて配信中!

 

 

※12/8 追記

最新作「スターウォーズ/最後のジェダイ」公開記念!

動画配信サービス【Hulu】で6週間限定「スターウォーズ」シリーズ、エピソード1~6見放題配信が開始されました。

12月15日から「フォースの覚醒」も1週間限定で配信開始!

 

今、みるならこちらがオススメです。

⇒【Hulu】2週間無料トライアルはこちらをクリック!!

 

「スターウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還」の動画を無料でみるなら…

ツタヤが運営する動画配信サービス【TSUTAYA TV】の無料おためしキャンペーンがおすすめ!

映画「スターウォーズ」シリーズが一挙配信中です。

⇒【ツタヤ】30日間無料トライアルはこちらをクリック!

 

【TSUTAYA TV】ではただいま無料お試しキャンペーンを実施中!

いま【TSUTAYA DISCAS/TSUTAYA TV】の無料お試しキャンペーンに登録すると、もれなく3つの特典がプレゼントされます。

その特典とは、

・30日間無料で動画が見放題!(新作などは対象外)
・新作・人気作が視聴可能な1,080円分の無料ポイント
・CD/DVDレンタルも無料!(最新作は対象外・8枚/月)

。。。というもの。

 

人気作品のスターウォーズシリーズは、動画配信をレンタルするのに324~432円(税込み)必要です。

しかし、

『エピソード4/新たなる希望』-432円~
『エピソード5/帝国の逆襲』-324円~
『エピソード6/ジェダイの帰還』-324円~

という価格設定になっていますので、合計は432円+324円+324円=1,080円

特典でプレゼントされる、1,080円の無料動画ポイントでぴったり。

「スターウォーズ」エピソード456も3作まとめて、実質無料で視聴できますね。

 

【TSUTAYA TV】ではその他「スターウォーズ」を一挙動画配信中!

-【TSUTAYA TV】で配信されている「スターウォーズ」シリーズ-

・『スターウォーズ:エピソード4/新たなる希望』(1977)
・『スターウォーズ:エピソード5/帝国の逆襲』(1980)
・『スターウォーズ:エピソード6/ジェダイの帰還』(1983)

・『スターウォーズ:エピソード1/ファントム・メナス』(1999)
・『スターウォーズ:エピソード2/クローンの攻撃』(2002)
・『スターウォーズ:エピソード3/シスの復讐』(2005)

・『スターウォーズ/フォースの覚醒』(2015)
・『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』(2016)
※日本語字幕・吹き替えともに配信中!!

また、スターウォーズシリーズの生みの親、ジョージ・ルーカス監督が原案・製作総指揮をつとめたCGアニメ「スターウォーズ:クローン・ウォーズ」や、エピソード3と4の間のストーリー「スター・ウォーズ:反逆者たち」も好評配信中です。

 

U-NEXTでも配信中!

動画配信サービス【U-NEXT】でも、「スターウォーズ」シリーズを一挙配信中です。

しかし、無料視聴できるのは1作品のみになります。

 

⇒【U-NEXT】31日間無料トライアルはこちらをクリック!!

 

【U-NEXT】でも、ただいま無料お試しキャンペーンを実施中!

いま【U-NEXT】の無料お試しキャンペーンに登録すると、もれなく2つの特典がプレゼントされます。

その特典とは、

特典1:31日間無料で見放題!(新作などは対象外)
特典2:新作などが視聴可能な600円分の無料ポイント

。。。というもの。

 

「スターウォーズ」シリーズは1作品につき\378~\432で配信中です。

 

 

以上、『スターウォーズ動画 エピソード6 無料視聴 字幕吹き替えあり!』。。。でした。

 

⇒【TSUTAYA TV】スターウォーズを無料視聴する

 

本ページの情報は2017年12月時点の情報となります。

最新の情報は、【TSUTAYA TV】【U-NEXT】の 本体サイトにてご確認下さい。

 

 

 

映画「スターウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還」の感想(ネタバレ注意)


映画「スターウォーズ/ジェダイの帰還」は、当初のシリーズ三部作における最終章ということでかなりの評判となりました。

1983年の公開と同時に人気が出た新キャラクター「イウォーク」や、森林におけるスピーダーでの戦闘シーンも話題を呼びました。

YAHOO!JAPAN映画では総合評価で4.26点(5点満点中)が付いています。

ep4でチラリと登場したジャバ・ザ・ハットでしたが今回は彼の宮殿における炭素冷凍されたハン・ソロ救出シーンがあり、レイア姫のサービス衣装、のちにコアな人気が出た殺し屋ボバ・フェットなど、映画の前半では前回ラストのシーンからの立ち直りに含めてたくさんの見どころシーンが描かれています。

「スターウォーズ/ジェダイの帰還」における最大の焦点は、ルークとダースベイダーの親子愛だと評価する人が多いです。

フォースのバランスが宇宙にもたらす影響の大きさと、その力を持つためにダークサイドとの間で揺れ動く壮大な親子愛の物語となっています。

前作までの愉しさや興奮、驚きも良かったけれど、切なさも加味された本作では、ラストでホロリとさせられたりします。

愉しさも初っ端から始まる惑星タトゥイーンでのジャバ・ザ・ハット宮殿、惑星ダゴバ、森の惑星エンドアでの作戦にいたるまでノンストップ。

またC-3POとR2-D2のほかにも、エンドアの民イウォークといった萌えキャラも登場しそのコミカルさ、たのもしさにイチコロになってしまいました。


エピソード6となるスターウォーズ/ジェダイの帰還は、スターウォーズ6シリーズの中でも1、2を争う人気を誇ります。

以下、ネタバレとなりますのでご注意下さい。

人気の理由はなんと言っても、スターウォーズ作品の中でも最も人気のキャラクターと言っても過言ではないダース・ベイダーが死ぬシーンが盛り込まれているということでしょう。

ラストシーンでダース・ベイダーは、今まで散々敵対しててきた息子のルーク・スカイウォーカーが皇帝に殺されてしまいそうになったときに助けるのです。

皇帝を倒すことに成功するのですが、ダース・ベイダーも瀕死の状態になってしまいます。

ダース・ベイダーは死ぬ前に息子の顔を見たいとマスクを外します。

スターウォーズシリーズの中で、初めてダース・ベイダーの素顔が現れるシーンです。

そしてダース・ベイダーは息を引き取ります。

スターウォーズシリーズを見てきた人にとって、このダース・ベイダーのラストシーンは家族愛溢れるとても感動するシーンです。

今まで悪を貫いてきたキャラクターが、初めて見せる愛情に感動しない人はいないのではないでしょうか。

サブタイトルが公開当時は「ジェダイの復讐」というタイトルでしたが、いつの間にか「ジェダイの帰還」に変わっていました。

エピソード4から6年ほど経っているということで、ルーク(マーク・ハミル)はちょっと老けたような…ハン・ソロ(ハリソン・フォード)はあいかわらずカッコいい。

そして、あの少女だったレイア姫(キャリー・フィッシャー)はお色気ムンムンのセクシーな女性に。

エピソード5のときにはそれほどではなかったのに、今作の彼女には胸がキュンとなりました。


「スターウォーズⅥ/ジェダイの帰還」は初期三部作の完結編であり、鮮烈な印象を映画史に刻んでいます。

とくに森の中を駆け抜ける追跡戦は圧巻でラストシーンと並ぶ劇中の見どころです。

日本の配給収入だけで37億円を突破し、1983年の外国映画としては際立った成果を残しました。

その後特別編が1997年に劇場公開されるなど時代を超えた評判を得ています。

受賞歴も「スターウォーズⅥ/ジェダイの帰還」は見事の一言です。

第56回アカデミー賞において特別業績賞を取得した他、4部門にもノミネートされています。

SFやファンタジー映画に送られる著名な賞では5部門受賞するという活躍ぶりです。

なお日本の場合、元々の副題は本来のものとは異なっていました。
しかしファンの粘り強い後押しがあり2004年のDVDBOXの発売時に修正されています。

こうした地道な運動が成り立ったことも、今作が愛されている証拠に他なりませんね。

わたしは後発組でしたので、Ⅰから連続で鑑賞していったのですが、旧三部作は面白いけれど、新三部作のようなクリーチャーやエイリアンがあまり出てきていなくて、「なんか世界観がつながっていない」っておもっていましたが、

今作の出だし、ジャバ・ザ・ハットのシーンからたくさん登場するようになって楽しくなってきました。

旧三部作だけをみるとルークの成長物語なのですが、新三部作と続けてみるとダースベイダーの人生を描いた物語にとたんにかわってしまうのがスゴイと思いました。


旧3部作の完結編としての最終話である「スターウォーズ エピソードⅥ/ジェダイの帰還」は、物語の冒頭からストーリーに引き込まれる演出で、感動を誘うラストシーンまでがよどみなく描かれます。
前作や前前作に比べると物語のしりすぼみ感は否めないところですが、多くのファンが待ち望んだ作品だけあって高評価も増えています。

長期のシリーズ物というと誰もが予期せぬラストシーンを期待するものですが、この人気シリーズにおいては、ある種の予定調和的なラストシーンが今まで見たかった多くのファンを熱狂させたのでしょう、作品自体の評価はこれまで以上に高くなっています。

タイトルのつけ方が今一つ二番煎じ的な感は拭えませんが、逆にこのタイトルがあってこその今回のエピソードなのかもしれません。
テーマは一貫していながらラストにふさわしい戦闘シーンの数々がさらに物語に夢中にさせ、かつてない盛り上がりはさらに新しいファン層の獲得にも成功した名作となります。

そんなこんなでオリジナル・トリロジー(旧三部作)も結構あっさりと終わってしまいました。

見方によっては勧善懲悪でよかったような気もしますが、ここで終わってしまうと理解できない部分も多いです。

そのための新シリーズというところでしょうかね。

ちなみにジョージ・ルーカス本人は、4→5→6→1→2→3の順でみてもらいたいと言っているらしいです。

どの順番でみるのかは自由ですが、製作者の意図として上記の順番のようです。

 

⇒【TSUTAYA TV】スターウォーズを無料視聴する

 

 

 

この記事と関連する記事