スターウォーズ動画 エピソード2を無料視聴 字幕吹き替えあり!

名作SF映画「スターウォーズ」シリーズの第5作目、アナキン・スカイウォーカーの若かりし日を描く新三部作の第2章。

『スターウォーズ エピソード2/クローンの攻撃』の動画を無料でチェック!

ついでにエピソード1・2・3のプリクエル・トリロジー(新三部作)をまとめて無料でフル視聴もできる方法をご紹介します。

日本語字幕・吹き替えあわせて配信中!

 

 

※12/8 追記

最新作「スターウォーズ/最後のジェダイ」公開記念!

動画配信サービス【Hulu】で6週間限定「スターウォーズ」シリーズ、エピソード1~6見放題配信が開始されました。

12月15日から「フォースの覚醒」も1週間限定で配信開始!

 

今、みるならこちらがオススメです。

⇒【Hulu】2週間無料トライアルはこちらをクリック!!

 

「スターウォーズ エピソード2/クローンの攻撃」の動画を無料でみるなら…

ツタヤが運営する動画配信サービス【TSUTAYA TV】の無料おためしキャンペーンがおすすめ!

映画「スターウォーズ」シリーズが一挙配信中です。

 

⇒【ツタヤ】30日間無料トライアルはこちらをクリック!

 

【TSUTAYA TV】ではただいま無料お試しキャンペーンを実施中!

いま【TSUTAYA DISCAS/TSUTAYA TV】の無料お試しキャンペーンに登録すると、もれなく3つの特典がプレゼントされます。

その特典とは、

・30日間無料で動画が見放題!(新作などは対象外)
・新作・人気作が視聴可能な1,080円分の無料ポイント
・CD/DVDレンタルも無料!(最新作は対象外・8枚/月)

。。。というもの。

 

「スターウォーズ」シリーズは人気作品ですので、通常は1作品につき324~432円(税込み)からのレンタル料金が必要です。

しかし、特典としてもらえる1,080円分の無料ポイントを利用することで、エピソード123(各324円~)も3作まとめて実質無料で視聴できます。

 

【TSUTAYA TV】ではその他「スターウォーズ」を一挙動画配信中!

-【TSUTAYA TV】で配信されている「スターウォーズ」シリーズ-

・『スターウォーズ:エピソード4/新たなる希望』(1977)
・『スターウォーズ:エピソード5/帝国の逆襲』(1980)
・『スターウォーズ:エピソード6/ジェダイの帰還』(1983)

・『スターウォーズ:エピソード1/ファントム・メナス』(1999)
・『スターウォーズ:エピソード2/クローンの攻撃』(2002)
・『スターウォーズ:エピソード3/シスの復讐』(2005)

・『スターウォーズ/フォースの覚醒』(2015)
・『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』(2016)
※日本語字幕・吹き替えともに配信中!!

また、スターウォーズシリーズの生みの親、ジョージ・ルーカス監督が原案・製作総指揮をつとめたCGアニメ「スターウォーズ:クローン・ウォーズ」や、エピソード3と4の間のストーリー「スター・ウォーズ:反逆者たち」も好評配信中です。

 

 

U-NEXTでも配信中!

動画配信サービス【U-NEXT】でも、「スターウォーズ」シリーズを一挙配信中です。

しかし、無料視聴できるのは1作品のみになります。

 

⇒【U-NEXT】31日間無料トライアルはこちらをクリック!!

 

【U-NEXT】でも、ただいま無料お試しキャンペーンを実施中!

いま【U-NEXT】の無料お試しキャンペーンに登録すると、もれなく2つの特典がプレゼントされます。

その特典とは、

特典1:31日間無料で見放題!(新作などは対象外)
特典2:新作などが視聴可能な600円分の無料ポイント

。。。というもの。

 

「スターウォーズ」シリーズは1作品につき\378~\432で配信中です。

 

 

以上、『スターウォーズ動画 エピソード2を無料視聴 字幕吹き替えあり!』。。。でした。

 

⇒【TSUTAYA TV】でスターウォーズを無料視聴する!

 

本ページの情報は2017年12月時点の情報となります。

最新の情報は、【TSUTAYA TV】【U-NEXT】の 本体サイトにてご確認下さい。

 

 

 

映画「スターウォーズ エピソード2/クローンの攻撃」の感想(ネタバレ注意)


前三部作から引継ぎ、時代を遡ったエピソードⅠから始まる新たな三部作の2作目となる映画「スターウォーズ エピソードⅡ/クローンの攻撃」は、シリーズ通して唯一の恋愛映画とも言われています。

9歳からジェダイ騎士団へ入り、ジェダイのパダワンとしてオビ・ワン・ケノービのもとで修行を続ける19歳のアナキンの物語となっていて、のちにダークサイドへと堕ちてしまう伏線がたくさん散りばめられています。

内容満載の濃縮ストーリーにより、YAHOO!JAPAN映画では総合評価3.71点(5点満点中)を受けています。

前三部作では見ることができなかったマスターヨーダの伝説的強さやCGによるスピード感、最強と言われたマスターウィンドウなどジェダイの騎士の戦闘シーンがこれでもかというくらいの強烈さで展開される点も評判を呼んでいます。

ナブーの元女王アミダラ(パドメ)とジェダイの騎士アナキンとの許されぬ恋の行方に絡みついてくるダークサイトと、のちの殺し屋ボバ・フェットの出生の秘密がカギとなり、次回作への期待値が高まったようです。

感想としては終始高飛車なアナキンが、鼻について仕方がなかったんですが、よく考えたら結局はダースベイダーになる運命ですので、特別好感を持てるような存在にする必要がないというか、

今作品で、感情移入すべきなのはオビ=ワンの方なのだなと考えると納得できました。

かんがえるとアナキンとアミダラの美しい生活などが儚く悲しく映ります。


エピソード2の「スターウォーズ クローンの攻撃」は結構賛否両論ですね。

この作品はスターウォーズ作品の中でも重要なイベントであるクローン対戦の引き金となるシーンが描かれています。

その過程でヨーダの戦闘シーンが出てくるのですが、このシーンの評価が高いです。

今まで強いと分かっていたが、一度も描かれることのなかったヨーダの戦闘シーンに感動した人は多いですよね。

一方で悪い意見もあります。

エピソード2はラブストーリーが描かれているのですが、スターウォーズを見る人にそういったものを求めている人は少なかったようで、恋愛シーンは要らなかったと言う人も多くいます。

このラブストーリー自体もかなり雑で、展開が不自然な部分が多くありました。

アナキン・スカイウォーカーが人としてダメすぎるのに、何故パドメ・アミダラは見限らなかったのか。

この点に引っかかる人も多いようですね。

ラブストーリーの部分以外の評価は高く、特に戦闘シーンは満足されているとおもいます。

たしかに、ヘイデン・クリステンセンが演じるアナキン、ナタリー・ポートマンのパドメともにちょっと中途半端な年齢で、青年時代の恋愛物というほかに名作も多くある要素を本格的なSFに組み込もうと思うと障害も多いような気もします。

しかし、二人ともうっとりするほどの美形ですので、個人的にはどうしても嫌いになれません^^

また、シリーズすべて観終わった今となっては、この作品もかなり印象深いシーンが数多く観ないという選択肢はないと思います。


2002年公開の「スターウォーズ/クローンの攻撃」は、宇宙空間の戦闘シーンが大幅にカットされ主人公であるアナキン・スカイウォーカーやオビ=ワン・ケノービらジェダイの騎士とクローン達がライトセイバーを駆使した殺陣のシーンが多いのと、恋愛シーンが特徴です。

過去5作品の中でも最もCGが多用されており、ガラパゴス諸島を元にした風景は実物と見間違えるほどの美しさだと高い評価を得ています。

これまでのスターウォーズ作品では恋愛面の描写が少なかったのですが、今作はアナキンとパドメの恋愛模様が物語の鍵になっていることから女性ファンからの支持も高いです。

公開当初、ジョージ・ルーカス監督が語ったダース・ベイダーが誕生したきっかけも描かれているといわれたようにオビワンや銀河元老院の議員から苦言を呈されるたびにアナキンの目がオレンジ色に輝き、顔に闇が差す演出。

アナキンがダークサイドに落ちていく過程をあらわした細かい演出がある点は、スターウォーズを初めて見る人への配慮だと思うし、ファンにとってもわかりやすくていいですね。

映画館での鑑賞直後、ジョージ・ルーカスは恋愛を描くのが下手なんだなとと妙に納得した覚えがあったのですが、自身の年をかさねいろいろな経験をしてみると、アナキンに共感できるシーンなどがありハッとしました^^

そうかんがえると、鑑賞している人の立場によって大きく評価の変わる奥の深い作品なんだと思いました。


スターウォーズクローンの攻撃は、人気作品だけあって全体的に評判や評価が高くスターウォーズファンや、エピソード1が好きだった人には充分楽しめる内容です。

途中の主人公の恋愛シーンが長いのは好みが別れる点で、恋愛話に興味がないファン層からは不評ですが全体的には話がわかりやすく上手く纏っている作品です。

青年となった主人公が優秀なジェダイの騎士を目指して修行をするシーンは素直感情移入出来るシーンが多く、シリーズを通して見ている方が全体の内容がわかりやすいですが、この作品がシリーズ初見でもでもシンプルなストーリーなのでわかりやすいとおもいます。

スターウォーズは内容が難しい作品と勘違いしている人もいますが、子供が楽しみやすく作品なので、家族と一緒に見るのにもぴったりな良い映画で、世代を問わずに気軽に見やすいのが魅力です。

世界的に人気のある作品で評判が高い「スターウォーズ クローンの攻撃」は作風の好みがわかれますが私は切なくて好きです。

ファンタジーで明るいアクション映画と、ダークでも甘酸っぱいラブストーリーと作品があるいうのはシリーズの幅が広がるし、CGを駆使された映像はとても綺麗だからです。

またついに実現したヨーダの戦闘シーンや、クローンとドローンの戦いなど見どころも満載だとおもいます。

大好きなユアン・マクレガー(オビ=ワン・ケノービ)の活躍が少ないのがちょっと不満ではありますが、シリーズなかでも一味違うエピソード2。おすすめです。

まぁ、位置的にシリーズ視聴中なら飛ばさないとはおもいますが。。。

 

 

⇒【TSUTAYA TV】でスターウォーズを無料視聴する!

 

 

 

この記事と関連する記事